DiaryBooksCameraCarEventMiniature-carMotor SportsMusicN-gaugeOutdoorInfomation
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.05.28 Sat
買いました。今更ですが。

11052802.jpeg


現在使っているデジイチのα200。
元々、銀塩をメインに使っていた中で、巷ではデジイチが主流になっていく中、
デジイチってどんなもん?と思い、お試しで買ったものです。
ゆくゆくはミドルクラスの機種に買い替えるつもりだったのに、
その後ソニーのデジイチはどうも迷走を続けている感が否めません。
このままだといわゆる「7系」のミドルクラスの機種が出たとしても、
こちらの希望通りの機種ではないような気がしてきまして、
遂にα200と心中する決意を固めました。
高感度が若干不得意だし、AFも遅いし、連写も遅いけど、
少なくともグリップを握った時の感触や、出来上がった「絵」は、
結構好きなんですよね。

縦位置グリップは、ホントはミドルクラスの機種に乗り換えた時に購入するつもりだったのですが、
そんな訳で、α200用のグリップを購入した次第。
当然新品ではないですが、程度の良い中古を手に入れることができました。
α200はバッテリーの持ちが良いので、縦位置グリップに2つも入れる必要はほとんど無いんですが、
縦位置で撮る事は意外と多いので、良い買い物だったかと。
スポンサーサイト
テーマ:日記 - ジャンル:日記
Camera    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2010.04.30 Fri
レンズ買いました。

コレ

なんだか最近室内撮影が多くなったので、ちょっと明るい標準ズームが欲しくて。
今まで使ってたのが、α200を買った時についてきた、SONY DT 18-70mm F3.5-5.6ですから、それと比較すると大分大きく、重くなりました。
α200につけると、ややアンバランスです。
でも、α200は最近出てるソニーのαシリーズよりもグリップが大きいので、まだ持ち易いハズ。
α200以降、トップモデルのα900を除いては、完全に女性を意識してるようで、グリップが小さくなってしまい、持ち難くてたまらない、最低なグリップになってしまいました。
元々α200は、「デジイチってどんなもんなの?」とお試しに買ったようなもんで、その内700系に乗り換える予定だったのに、今後出る予定のα700の後継機のグリップが同じように小さいと、僕自身、α200の後に買うモデルが無くなってしまいます。α700の後継では是非グリップを大きくして欲しい所です。


閑話休題。
このレンズ、OSなしでF値が4.5までだったのが、マイナーチェンジでOSが付いて、F値が4になったんですが、SONY用がちょうど2月末に発売されました。定価59,010円(税込み)ですが、買値は37,000円程。しかも意外と評判が宜しいときたら、買わない手はありません。
超音波モーターもレンズ内手ブレ補正も初めてですが、花型フードがじゃまで内蔵フラッシュが使えなくなってしまいましたし、OS効かせる時は、ボディ内手ブレ補正をOFFにしなきゃいけなかったり、なんだかメンドクサイですが、今までよりも少しはカチッとした写真が撮れる事を期待しましょう。
テーマ:日記 - ジャンル:日記
Camera    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2009.08.08 Sat
今まで、カメラの外付けフラッシュにはミノルタの5600HS(D)を使ってました。
ミノルタのα7を使っていた頃に、ミノルタのプログラムフラッシュ3200iから乗り換えたもので、将来的にデジイチを買った時にも使えるようにという事で、およそ2年半前にデジタル対応の(D)を中古で買いました。

当時のブログにも書いてありますが、子供が幼稚園に行ったり、小学校に入学したりした関係で、それ以来このフラッシュは大活躍しました。講堂や体育館等の室内イベントでの撮影では、とてもじゃないけど保護者席や、会場の後ろに用意されたカメラ席からでは、内蔵フラッシュが届かないですから。

ところが7月某日、長男の幼稚園のイベントのキャンプファイヤーの日、このフラッシュがお亡くなりになりました。
会場で試しに撮影してみても、フラッシュが光らないのです。
電池の容量不足だと思って、電池を交換したんですが、それでも光りません。
フラッシュ本体のディスプレイは機能してるし、設定も問題なく変更できます。ただし、電流をチャージする「ヒュイーン」という音が途中で止まってしまい、きちんとチャージできてないみたい。

仕方がないので、その日は内蔵フラッシュを使ったんですが、流石にガイドナンバー12では届かない・・・(GN12で、レンズのf値が5.6だとすると、フラッシュの届く距離は、ISO100でおよそ2.14mです。詳しくはこちらの計算機を)。
その後も屋内イベントで写真を撮る機会があったんですが、内蔵ストロボでは暗い上に、バウンスが使えないので、被写体の後ろに影が・・・(涙)。
で、かみさんと、「やっぱり外部フラッシュは無いとダメだねぇ」という事になりまして、
「あ、そういえばちょっと前にソニーが新しいフラッシュ発売したなぁ」と。

壊れたフラッシュを修理に出しても、それなりに値段取られそうだし、だったらいっその事新しいの買っちゃうか、となりまして。
HVL-F58AMは、正直α200にはオーバースペックと言えなくもないのですが、一度大きいGNの物を使ってしまうと、とてもじゃないけど小さいGNは我慢できませんし、バウンス等の機能に関しても同様です。
そんな訳で、たまたま楽天のポイントが結構貯まっていたので、そいつを吐き出してお安く購入。
本日、商品が届きました。


09080801.jpg



なんか、韓国製品の輸入モノだったけど(爆)。
取説が中国語、韓国語、アラビア語と英語です(涙)。
まぁ、日本語版はネットから拾えるけど・・・。
テーマ:日記 - ジャンル:日記
Camera    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2009.02.14 Sat
本家サイトでは、ミニカーのバックには、カーボン調のカッティングシートを使用しています。本来、白や黒をバックにすると、折角のモデルが溶け込んだり、沈んだりしてしまうので、あんまり芳しくありません。
それでも、その辺は承知の上で、カッコ良さ重視でカーボン調のシートを使用しています。
台座の上にカーボン調のカッティングシートを貼った塩ビ板をおいて、三脚を使って撮影という、非常にお手軽な撮影方法で、モデルのカラーリングによってはPhotoshopで補正をかけたりして対応しています。

こんな感じ(↓)

09021402.jpg



今回、ミニカーマガジンの原稿の為に撮影するミニカーの写真は、普段本家サイトで使っているカーボン調のシートをバックにするのではなく、グレーにして欲しいという依頼がありました。ミニカー本来の色を見せる為には重要な事ですので、「あぁ、やっぱりそうか」と思いつつ、グレーのカッティングシートを探して、しばらく前からホームセンターをハシゴしたんですが・・・


意外と無いんですね、グレーのカッティングシートって。



替わりに塩ビやPPの板も探したんですが、ソッチの方も分厚いのばかりで、手頃なのがありません。
さて、どうしたもんだろうと悩んだ挙げ句、結局ブツ撮り用の簡易スタジオを購入する事にしました。
簡易スタジオのシートはたいていブルーバックかグレーバックなので、安いのを買えば良いだろうと(笑)。実は過去にも簡易スタジオの購入を試みた事があったんですが、シートの色がブルーだったりグレーだったりで、「いかにも」な感じが嫌で購入を控えていたんです。多少綺麗に撮れなくても、もうちょっとカッコ良く撮影したいなぁ・・・と。
で、安くて小さいのを探した結果、ヨドバシでエツミのドームスタジオSが1,980円でワゴンの中に放り込まれているのを発見。
ドームスタジオに付属のシートはブルーとグリーンなんですが、別売りでグレーと白のリバーシブルシートが1,100円程で売られているのも発見したので、併せて購入。多分普通の簡易スタジオの半分以下の値段だと思います。

どうせドームスタジオを買ったのなら、カーボン調のカッティングシートもドームスタジオで使えるようにしちゃえと、新たにカッティングシートと0.2mmの塩ビ板を買ってきて工作。

この状態で何度か撮影をしてみたんですが、明るさが足りないのは如何ともし難く、やっぱり蛍光灯のスタンドも必要だろうと、さらに物色開始。撮影用のなんて高くて買えないので、家電量販店で探してたんですが、ある程度の高さと、角度の自由度が必要なので、普通のスタンドじゃなくて、テーブルや机の端にクランプで止める、腕の長いタイプが必要だったのです。でも、アレ以外と高いんだよねぇ・・・。
で、一時は「今月末に届く長女の学習机の蛍光灯を使えば良いのでは?」と思ってたんですが、ミニカーの撮影の為に学習机を貸してもらうのも如何なものかと・・・撮影は大抵子供が寝静まった夜ですし。
さて、どうしたもんかと悩んでいたら、仕事中に某家電量販店が展開しているアウトレット店を発見。試しに入ってみたら、3,000円で良さげなのを発見。

で、早速撮影してみたんですが、やっぱり光の回り方が不十分だったので、余っている白い塩ビ板でレフ板っぽいのを作成。



09021403.jpg




夜中に色々とカメラの設定を変えて、何とかそれなりに満足のできる状態になりました。
なんだか今までと大分カーボンシートの明るさが違いますが・・・(汗)。


09021401.jpg


という訳で、今週末にコレをアップできれば良いなぁと思ってるんですが、
さて、どうなることやら・・・。



それにしても、最近新しい三脚が欲しくてたまりません。
最近、幼稚園での撮影をする時は、三脚+レリーズなんですが、外での撮影が多いので、結構風にやられるんですね。現在使ってる三脚は自分としては3本目で、ベルボンのCX444なんですが、もっと太い足で、雲台の自由度が高くて、しっかりしたヤツが欲しいです。あ、そうそう、一時はカメラのシューに取り付ける水準器の導入も考えていたのですが、どうもαシリーズのシューにはアレ付けられないようなので、できれば水準器の付いてる三脚が・・・。

でもねぇ、やっぱり高いよねぇ・・・。
テーマ:日記 - ジャンル:日記
Camera    Comment(4)  TrackBack(0)   Top↑
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。