DiaryBooksCameraCarEventMiniature-carMotor SportsMusicN-gaugeOutdoorInfomation
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.04.21 Wed
明日から学会参加。
家出るの、4時半です・・・起きられるだろうか・・・。


突然ですが、パーコレーターという物がありまして。
キャンプなんかでコーヒーを入れる時に使う道具なんですな。
詳しくはこの辺を見て頂けると分かり易いかと思うのですが、
この道具、コーヒー入れるのがホントに難しいんです。

1. 煮沸された湯が上に上がる

2. 上に上がった湯が粗挽きの豆を通過して下に落ちる

3. 再び煮沸されて上に上がる


を繰り返して、段々濃いコーヒーが出来上がっていくのですが、
豆を細かく惹いてしまうと、ドリップした時に豆が一緒に落ちてしまうので、基本的に豆は粗挽き。
でも、粗挽きだとなかなか抽出されないので、時間をかけて何度も循環させなきゃいけない。
何度も循環させるって事は、長時間沸騰させ続けるという事なので、結果コーヒーが煮詰まります。
味も香りも飛び易く、濁りもあって、なかなか使いこなすのが難しいアイテムです。

結局、我が家では本来は使わないフィルターを噛まして、比較的細かく惹いた豆を使う事で、
なんとか飲めるコーヒーを作っていた訳なんですが、
紅茶党の僕はともかく、コーヒー党のかみさんにはどうにも我慢できなかったようで、
キャンプ時の「要改善」事項の1つでした。

で、今シーズン、コールマンからこんなアイテムが発売されまして。
早速、GWのキャンプに向けてアウトドアショップで買ってきました。
ところが、買った後に気がついたのですが、これだと一杯一杯入れなきゃいけない上、
どうも使った方の評価では穴が大き過ぎる為に、ドリップの時間が短く、
一度落としたコーヒーを再び落とし直したりする必要がある様子。
これじゃあ、意味ないなぁ・・・と、返品決定。

で、何か良いもんは無いかと、物色した結果辿り着いたのが、
カリタのニューカントリー102
使い方ははこの辺が詳しいのかな?

ネットでポチッとしたのが本日届きまして、
早速使ってみたのですが、良いですな、コレ。
お湯を一気に注いでも全く問題なく、ゆっくり時間をかけてドリップしてくれます。
そんななので、当然味の方も問題なし。
一度に3~4人分入れられるし、ステンレス製なので、残ったコーヒーを後ほど火にかける事も可能だし(取説にはガス台とかに載せちゃダメって書いてあります。多分オールステンレス製で、取っ手が熱くなるのが問題かと。あくまでも自己責任で)。
流石、コーヒー機器メーカーのアイテムだけあります。
良い買い物をしました。GWが楽しみです。



そうそう、本日はコレも手元に届きました。

10042101.jpg

例によって2冊購入。
読書用と保存用。
だって、何度も読んでるとページが取れちゃうんだもん。
スポンサーサイト
テーマ:日記 - ジャンル:日記
Outdoor    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2009.08.16 Sun
夏休み最終日です。

結局、8日(土)から今日まで夏休みが取れまして、それなりに遊んでいました。
ホントは10日から西丹沢へキャンプに行く予定だったんですが、
ご存知の通り大荒れの天気になってしまったので、幸い予約していたキャンプ場を1日ずらすことができたので、予定を1日延ずらして11日から出かける事に。
で、11日早朝に地震が・・・。
当初は7時頃に出発しようと思ってたんですが、テレビのニュースで東名道が通行止めの知らせ・・・(涙)。
出発時刻を1時間ずらして、取り敢えず8時頃に出発。
取り敢えずノンビリ京葉道と首都高を走り西を目指すものの、東名道開通の案内がないので、仕方なく三軒茶屋で3号線を下りて、R246へ。
渋滞の中、「ま、厚木辺りで(東名道に)乗れれば良いなぁ」と思いながら、溝ノ口辺りでネットでJARTICのサイトをチェックすると、用賀~大井松田間が開通してるじゃないですか!!
そんな訳で、急遽R246から外れて裏道を北上し、東名川崎ICから無事に東名道に乗れました。
東名道はまだ開通したばかりだったようでほとんど交通量が無く、順調に大井松田ICへ。
ICで下りて、西丹沢を目指します。
前日までの雨の所為で、近くを流れる酒匂川が濁り、増水してるのが見えて、「こりゃあ、上流でもダメか?」と思いましたが、増水してるのは丹沢湖の所の三保ダムが放流してる所為でした。
そんな訳で、今回のキャンプ地「ウェルキャンプ西丹沢」は、丹沢湖よりもかなり上流にあるので、水の量は確かにやや多いものの、濁りも無く、ロケーションとしては問題ありませんでした。

09081601.jpg


子供達は川で泳いだし、焚き火やったりして遊びましたが、いざ花火をやろうと思ったら雨が降ってきて、結局その日は終了。
翌日は朝4:30前に起床して、焚き火に当たりながらコーヒー飲んで、本読んでと、マッタリとした朝を過ごし、その後撤収作業。かみさんにキャンプ場のチェックアウトをやってもらってる間、再び子供達と川で遊んで、その後は小淵沢で待つかみさん方の親戚と合流して2泊。子供達と外で遊んだり、夜はバーベキューしたり、ダッチオーブンで鳥の丸焼き作ったり。良いコミュニケーションが取れたんじゃないでしょうか?

14日の朝に小淵沢を出て、帰宅途中にサマーランドで夜まで子供達とプールで遊んで、22時前に帰宅。この土日は、のんびりとキャンプ用品の片付けをしておりました。

ホントは、ミニカーを1台アップしようとも思ってたんですがね。
またやってくれましたな、エブロわ(怒)。
造形はともかく、カラーリングが酷くてねぇ、なんとなく撮影する気にならんのですわ。
折角待望のモデル化だったんですけどねぇ・・・。他の方の意見が知りたくて、チラっとネットをチェックしてみましたが、皆さん、あんまり文句書いてませんね。皆何とも思わないのかな?



09081602.jpg

実車はボンネット上の赤、緑ライトがあんなに強い発色じゃないですし、

09081603.jpg

ボディカラーがあんなに濃い紺色じゃなかったと思いますし、ボディサイドの白部分もあんなに多くありません(avexのロゴサークル上端よりも下ですよ)。
全体的に、グラデーションの再現性が低過ぎです(怒)。

'97NSXの18号車は、言ってみればカラーリングが最大のポイントだと思ってたので、
これにはホントにガックリです。
という訳で、'97 avex 童夢 無限 NSXのウンチクは、文句タラタラになると思われます(笑)。
テーマ:日記 - ジャンル:日記
Outdoor    Comment(2)  TrackBack(0)   Top↑
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。