DiaryBooksCameraCarEventMiniature-carMotor SportsMusicN-gaugeOutdoorInfomation
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.01.15 Thu
マックイーンは「75」じゃなくて「95」じゃんねぇ。
久しぶりに恥ずかしい思いをしました(汗)。


さて、間が空いてしまいましたが、再びオートサロンネタを。
今回は嬉しい誤算、東海大学が'08年のル・マンに送り込んだクラージュLC70です。


09011105.jpg

例によって、前後の写真を。

09111202.jpg


真後ろからは撮ってないので、ナナメ後ろから。


09111201.jpg

元々日産でグループCカーの開発を行っていたエンジン屋、林 義正氏が現在教授として席を置く東海大学。氏の研究室では、'01年からル・マンプロジェクトとして、エンジンとマシンの開発が行われていました。'05年には、ジャガーXJR-15をベースにしたスタディカーにYGKとの産学連携により生まれたYR40Tエンジンを搭載して走行。その後は搭載車輛をクラージュのLC70に変更し、各部をモディファイ。世界で初めて大学チームとしてル・マン24時間レースにエントリーしました。詳しくはこちらの動画をどうぞ。

クラージュのLC70自体、車名は一緒でもしょっちゅうデザインが変更されているのですが、東海大学が使ったのは比較的新しいヤツで、昨年、一昨年のオートサロンに展示されていた無限がJLMCで走らせてたLC70('08年のル・マンにテラモスとして走ったヤツ)と較べると、元々各部が異なります。

09111203.jpg


09111204.jpg


09111205.jpg


ちなみに、このマシンが展示してあったのは、ホイールブランドのTWSのブースです。
スポンサーサイト
テーマ:日記 - ジャンル:日記
Event    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2009.01.12 Mon
はい、オートサロンネタの続きです。

東海大学のLC70かと思いきや、前回のアクシオに続きトヨタ車です。
'08年5月22~25日に開催された偉大なる草レース、ニュルブルクリンク24hに出場した、LEXUS LF-Aです。

09111206.jpg


4.8リッター、V10エンジンを搭載し、最大出力500ps、最高速度320km/hと言われているLF-Aを、開発の一環としてのニュル24hに参戦させるという事で注目を浴びました。
基本的に保安部品のみを追加してのエントリーで、ドライバーは清水和夫、中谷明彦、木下隆之、飯田章の4名。
参加台数222台の内、予選27位(クラス5位)、決勝120位という結果でした。

という訳で、まずは前後の写真を。

09111207.jpg


09111208.jpg

マフラーが3本出しというのは面白いですねぇ。
V10なのに3本出しって、どういう分け方なんでしょう?

基本的に形状は変更してないと思われるので、全体的に空力関係は大人しめ。
フロントバンパー角のカナード翼の枚数が凄いですが・・・。
V10エンジンをフロントに搭載しているので、相当フロントヘビーだと思いますが、ブレーキ冷却を兼ねるだろうタイヤハウス内のエア抜きはかなり小さめ。

09111211.jpg


09111210.jpg

こちらは後ろ側。
リアクォーターウィンドウ部分にあるのは給油口。
ピラー部分にドライバーの名前がズラッと書いてありますが、5名分記載されています。
4名は上述の方々なんですが、もうお一方(ちょうど右端で切れちゃってますが)は豊田 章男氏。この春トヨタの社長に就任される事になった方のお名前です。
昨年11月末に富士スピードウェイで開催されたTMSF(トヨタ・モータースポーツ・フェスティバル)では、氏がこの車をドライブしたらしいので、名前が書かれているのはその関係でしょうか?

09111209.jpg

LF-Aと言えば、真っ先に思い浮かぶのはこの特徴的なリアビュー。
ラジエターが後ろにあるんだそうで、レーススタート時は後ろから追突されないように気を遣ったとの事。
そんなもろもろの話は、以下の動画をどうぞ。



では、今日はコレまで。
2009.01.11 Sun
昨日は疲れてバタンキュー(死後)だったので、翌朝アップです。

毎年年始の恒例行事、幕張メッセでのオートサロンに今年も行ってきました。
インポートオートサロンとの併催で展示車輛はそれなりに確保されているものの、
正直な所、全体的に縮小傾向で、それを如何にそう見せないかという所に苦慮しているように思えました。
現在の僕は昔と違ってアフターパーツやチューニングカーには全く興味がないので、ソッチの方はほとんど素通りで、メーカー系を中心に廻り、例によって写真撮影は競技車輛中心です。
家族連れで出かけており、その後の予定も詰まっていたので、実際の所かなり駆け足で見ているので、見逃している車輛も多いと思いますが、それでも今年のオートサロン、競技車輛の展示台数もかなり少なかったのではないでしょうか?
そんな中での最大の話題は、MR-Sの後継車種としてaprが開発していたカローラアクシオのGT300仕様の展示と行った所でしょうか?


09011106.jpg


スバルのブースにはインプのWRカーが展示されていましたが、

09011104.jpg


例年他のモータースポーツに先駆けて年明けスグに開催される(パリダカは除く)WRCの参戦車輛が、今までと違って「モック」じゃなかったのは、スバルがWRCから撤退したからだという事を思えば、なんとも悲しい限りです。
スズキのブースに至っては、SX4 WRCの展示も無かったと思います。

嬉しい誤算は、東海大学のル・マン参戦車輛、クラージュ-オレカのLC70が展示されていた事。


09011105.jpg


今回、このLC70と、カローラアクシオに関しては色々と写真を撮ってきたので、後で改めてアップします。

という訳で、今朝のアップはこれまで。
これから再びお出かけです。
子供2人が揃って進学するので、今年の冬は大忙しです。
2008.10.16 Thu
そっか、ディズニートミカ出してるもんね。
トミカならディズニーものもOKなんだ。

08101601.jpg

という訳で、MSJでの一コマ。
2008.10.09 Thu
ちょっとタイトルを変えてみた(笑)。

MSJで撮影してきた写真を小出しにする第3弾。

本日はこちら。

08100901.jpg


今年の7月20~21日に開催された、第15回十勝24時間レースのIP-4クラスに出場した現行型GT-R。夏に発売予定だったGT-R用ニスモ製オプションや、MOTULと共同開発しているコンペティションオイルのレースフィールドにおける性能、耐久性の確認を目的としたテスト参戦でした。
結果は、2度のドラシャ交換や各種パーツ、タイヤの交換を頻繁に繰り返しながらも、メカニカルトラブルは一切発生せず、総合21位でゴールしました。
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。