DiaryBooksCameraCarEventMiniature-carMotor SportsMusicN-gaugeOutdoorInfomation
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.10.09 Sun
ちょっと前に自宅で使ってたiPod用のスピーカーが壊れました。
使ってたのは、BOSEのSoundDock。発売(2004年)して間もない時に購入したから、7年使った事になります。
主にかみさんが使ってたんですが、途中、スピーカーとDockクレードル部分との境界部分で配線の接触不良が起きて、ハンダ付けしなおした事がありましたが、それ以外は特に不具合もなく今まで使って来れました。
ところが、突然スピーカーがお亡くなりになり、音が割れちゃってどうしようもない(涙)。

もともと僕はBOSEのスピーカーに対する考え方はあまり好きではなくて、「サラウンド効果を利用して何処にいても同じように音楽が聴こえる」というのは、店舗で使うなら良いですが、「自宅でサラウンド?いやいや、音楽はスピーカーと正対して聞くもんだ」と思ってるのです。まぁ、要は偏屈なだけですが。
しかし、購入当時iPod用のスピーカーとしてマトモなものはほとんど売ってなくて、「ま、しかたないか・・・」と、半ば妥協して買ったものだったのです。
オーディオマニアの方からしてみれば、「そもそもiPodで高音質を期待するのが悪い・・・」となるわけですが、持ち運び便利ですからねぇ、iPod。「どの部屋でも好きな音楽を聞ける環境」を作るには手っ取り早いし。
で、購入したSoundDock、実際当時発売されていたiPod用スピーカーとしては、その音質は圧倒的でした。
当時はBOSE博士を見直したもんです(エラそうに)。まぁ、値段も圧倒的でしたが(苦笑)。

SoundDockが壊れた後、1週間程スピーカーが無い生活が続いたのですが、かみさんが「我慢できないから新しいスピーカー買ってくれ!」と。
しかたがないので買いましたよ。SoundDock Series II digital music system
他のスピーカー選んでる時間ないので、何も考えずに新しいヤツ。
ちょうど500台限定で「limited-edition Red」が発売された所だったので、そいつをお買い上げ。

11100901.jpg


ステレオミニプラグの入力端子がついて、リモコンに機能が増えたり、LEDが付いてたりと、部分的に改良されてますね。音も良くなってるのかもしれませんが、僕はまだ使ってないので不明。
ガッカリしたのは、限定で発売した赤が、妙に安っぽくて、プラスチッキーな事。
アルミ調とかチタン調等のいわゆる「なんちゃって」な塗装処理が大嫌いな僕としては、ホントにガックリ。
これなら普通に白とか黒にすれば良かった。

ま、僕はほとんど使いませんので、良いんですけどね。
スポンサーサイト
テーマ:日記 - ジャンル:日記
Music    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2010.05.18 Tue
仕事中、かつての同僚からメールが入る。


ロニー・ジェイムス・ディオ死去の知らせ


昨年末に胃癌を煩っている事を公表し、以後闘病生活を送っていたディオでしたが、
遂に虹の彼方へと行ってしまいました。

ご冥福をお祈り致します。


テーマ:日記 - ジャンル:日記
Music    Comment(2)  TrackBack(0)   Top↑
2009.03.03 Tue
先日、寝る時に湯たんぽを使いました。

朝起きて着替える時、靴下を履いたらどうも足がヒリヒリするなぁ・・・と思い見てみたら・・・



09030301.jpg



くるぶしに見事な水泡ができてました(涙)。
ちょうど親指の爪位の大きさで、完璧な低温火傷です。
何か別の物体がくっついているみたいに見えますが・・・。

穴を開けて水を抜きたい衝動に駆られながら、
雑菌が入るのが嫌なので毎日ガーゼでガードしてます。

いつみても飴玉にしか見えない・・・。



本日は週日営業所で会議。
毎月この日は真っ直ぐに帰らずに、淀橋さんちや山野さんちに寄っていきます。
本日はまず淀橋さんちによって、三脚を物色。
定価11~12万円のものがおよそ半額で売られています。ネットでもっと安い所はチェックしていたので、別に値段を調べにいった訳ではなく、商品を触りにいってきた訳ですが・・・やっぱ頑丈な三脚は良いなぁ。


次は山野さんちでCDの物色です。
先日解散を発表したHANOI ROCKSのレアトラック集がそろそろ発売だったような・・・とうろ覚えの状態で売り場をウロついてたら、見事に発見しました。あいまいな記憶でしたが、良かったです。
で、かみさんのCDや子供のCDを物色した後、なんかDVD出てないかなぁ・・・とDVDコーナーを物色してたら、CHEAP TRICKのDVDを発見。
日本武道館の名前を世界中に知らしめた'78年のライブ盤、at BUDOKANの映像が商品化されてるんですね。という訳で早速お買い上げ。


実は数日前には通販で購入したブートレグのDVDが3枚届いています。
いやぁ、ブートも安くなりましたねぇ。
その昔はブートのCDなんていったら、モノによっては1枚10,000円したのに、今じゃあDVDが2,000円そこそこで買えてしまいます。CD-RやDVD-Rの普及のお陰ですが、いやぁ、素晴らしい世の中になりました。

ちなみに購入したのは、1枚目が、これまたHANOI ROCKSの'83年のマーキーでのライブ映像。普通にCD化されてるし、その昔はVHSでも販売されていましたが、その後廃盤。実は最近ブラジル版が再販されたんですが、今回購入したブートは、その映像に特典映像を加えたもの。

2つ目はALCATRAZZの'84年の来日時のライブ映像。ギターがイングヴェイじゃなくて、スティーブ・ヴァイになってからのヤツです。実はヴァイが嫌いな僕は、ホントはイングヴェイの時のを買ったつもりだったのに、観てみたらヴァイだったのでガックリ。年代を間違えて覚えていたのでした(涙)。(少なくとも昔は)イングヴェイの方がエモーショナルなギターを奏でていたので、上手いけど機械的なヴァイは好きになれなかったんですよねぇ・・・。でも、楽曲は良いので、◎。

そして3つ目。実は今回のブート購入の最大の目的はこの映像でした。
92年2月5に収録されたMTV『アンプラグド』のライヴ・テイクです。一昔前、アンプラグドライブというのが流行しました。アンプラグド・・・つまりエレクトリック楽器を使わないライブですが、その火付け役となったのがアメリカのMTVでした。メジャーなアーティストを呼んでスタジオライブを実施し、それをMTVで放映するというスタイルで、エリック・クラプトンやマライア・キャリーのライブ音源はCD化されて話題になりました。
そんなMTVのアンプラグドライブの中で、僕が最も好きなのがロッド・スチュアートのライブです。ゲストにロン・ウッドを迎えてのライブで、CDでも非常似た和気あいあいと演奏しています。
是非、映像を観てみたいと昔から思っていたのですが、今までオフィシャル映像販売化される事も無く、もう15年以上が経過してしまいました。
そんな時に見つけたのが今回のブート。テレビ放映したものを録画して、それをDVD-Rに編集したようで、CMがカットしきれてなかったりしてますが、画像の方は概ね良好。スタジオライブの雰囲気もとても良いものです。


という訳で、音楽三昧の今日この頃。
これから、CHEAP TRICKの映像を楽しみます。
テーマ:日記 - ジャンル:日記
Music    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2008.09.30 Tue
今、テレビでギャル曽根がhitomiの「LOVE 2000」という歌をモノマネで歌ってたんですが、

<hitomi>




流れてきたイントロが、DEEP PURPLEの「SPEED KING」でした。

<DEEP PURPLE>


サビの部分ね。


たまに更新したと思ったら。こんなんでごめんなさい。
完全復活まで今しばらくお待ち下さい。
テーマ:日記 - ジャンル:日記
Music    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2008.09.20 Sat
いつか書こうと思っていたのですが、良い機会なので。

自分がギターを弾いて、バンドを長年やっていたという経験がある為か、音楽を聴く時、僕の頭の中では、それぞれのパートが分解されて、主にベースライン(ベースとドラム)の音が認識されています。
これは、バンドで演奏する時は、ベースラインに合わせてギターを弾くからです。

バンドで最も重要なパートが、ステージ映えするボーカルやギターではなく、比較的地味なドラムやベースだと言われるのはこの為で、この2つのパートがヘタクソなバンドは、聴くに堪えません。
ドラムやベースは、文字通り「土台」な訳です。


現在ではバンドをやっていない僕ですが、そんな訳で音楽を聴く時、ボーカルやキーボード(シンセ)のメロディラインってのは、僕の頭の中ではほとんど認識されません。ボーカルは声(音質)だけ認識してますが、歌詞なんてほとんど頭に入ってきません。


ウチのかみさんは、気に入った歌ならば数度聴いただけで曲に合わせて歌える程、歌詞を覚えるのが得意で、そんなかみさんを見る度に、「良く歌詞覚えられるねぇ」と感心するのですが、一方で、ボーカルの声を聴いただけで、誰が歌っているかを認識するのは苦手なようです。
僕の場合、歌詞を覚えるのは苦手ですが、ボーカルは楽器としての「声質」として認識するので、一度でもその「声質=歌手名」が一致すれば、例えそれが自分の全く興味がない邦楽だろうが、初めて聴く曲でも、歌手名が分かります。

閑話休題。

そういうちょっと変わった聴こえ方をしているので、
ELTみたいに、IN THE FUTURE TO COMEのイントロにシンセでメロディラインを被せても、それはほとんど聴こえてこないんです。
だから、初めて聴いた時にEUROPEのIN THE FUTURE TO COMEが流れてきたと思たんですね。


以前、友人にこの2曲を聴かせたら、「どこが一緒なの?」と言われました。その方は、素直にメロディラインを拾って聴いているので、ELTの方はシンセのメロディを耳で捉えてるだけで、ベースはほとんど認識していなかった訳です。
でも、多分それが普通の聴こえ方ですよね。


さてさて、何でこんなどうでも良い事をダラダラと書いているかというと、
次にアップする予定のこのミニカー


08nismo_gt-r-1.jpg


ハッキリ言って嫌いなので、筆が進まないんですよ(苦笑)。


こういう時は気分転換に、先日撮影してきたS-GTの写真を使って壁紙でも作りたいんですが、「作ってくれ!」という声は聴こえてきても、肝心のディスプレイの解像度を教えてくれないので、全く作ることができません。
どうすりゃいいの?
テーマ:日記 - ジャンル:日記
Music    Comment(6)  TrackBack(0)   Top↑
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。