DiaryBooksCameraCarEventMiniature-carMotor SportsMusicN-gaugeOutdoorInfomation
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.10.31 Tue
先日来頑張って作っていた座間記念庫見学のレポートがようやく完成しました。
本家サイト「Garage 43」のサイドメニューで、
report → '06.10.24 AM-ML Off-Line Meetingを選択して下さい。
全部で7ページ、写真点数も結構多いので、ナローバンドの方はお気をつけ下さい。
スポンサーサイト
テーマ:日記 - ジャンル:日記
Infomation    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2006.10.30 Mon
座間記念庫見学レポ、一生懸命頑張ってるんですが、
現在4ページが終わった所です。
とりあえず使用する写真だけ並べてみた所、全部で7ページになる事が判明。

つまりまだ半分近く残ってる事になります。
今週も予定が結構あって、レポ制作に使用できるのは今日の夜と明日の夜だけ。
週末の連休は予定が入ってるのでちょっと無理。

一体いつになったら終わるんでしょう・・・(涙)。
テーマ:日記 - ジャンル:日記
Books    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2006.10.29 Sun
現在、座間記念庫見学レポを執筆中です。

で、そのレポートをアップする為に、本家サイトのサイドメニューに「report」という項目を追加したのですが、折角ボタンを追加したのに今回のレポートだけしかアップしないのでは寂しいと思い、過去にブログや他のサイトでアップしたイベント参加レポをこちらに移しました。
宜しければご覧下さい。
とは言っても、既出だし旬な話題ではないのでどうかと思いますが・・・。


さて、本命の座間記念庫見学レポは現在2ページまで進行。最終的には5、6ページになるのではないかと思ってますが、気長にお待ち下さい。
テーマ:日記 - ジャンル:日記
Infomation    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2006.10.27 Fri
「お子さんや奥さんがいらっしゃるのに、マメに更新されてますよね」と、先日の座間記念庫見学の際に褒めて頂いた本家サイトのGarage 43
でも実は現在、アップが滞っていたりするんです(汗)。

という訳で、とりあえず今後の予定として写真だけ公開。

'88 BMW M3 DTM ♯39
88bmw_m3-1.jpg


'06 BMW 320 si WTCC ♯4
06bmw320si-1.jpg


'76 PORSCHE 935 Le Mans ♯40
76porsche935-1.jpg


'84 TOYOTA CELICA TWINCAM TURBO SAFARI WINNER ♯5
84celica-3.jpg


'83 NISSAN 240RS MONTE CARLO RALLYE ♯12
83240rs-1.jpg


サイトへのアップは手に入れた順番通りに行うのを信条としているので、上に挙げた順番の通りにアップして行く予定ですが、その前に先日行った座間記念庫のレポートをアップしたいと思うので、これらのミニカーが一体いつ頃アップされるのかは、全く未定です(爆)。


さて、どうしましょう・・・(苦笑)。
テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク
Miniature-car    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2006.10.21 Sat
子供の体調が優れずどこにも出かけられないのをいい事に、ミニカーのアップです。

'96年のル・マンにエネアから参戦したフェラーリF40 GTE。
「日本一のフェラーリ遣い」の異名を取る太田哲也氏のドライブしたマシンです。

96f40-1.jpg


96f40-2.jpg




いつも通り、ウンチクは本家サイトのGarage 43から、トップのミニカーの写真をクリックして下さい。本家サイトのサイドメニュー「le mans → 1990 ~ 1999」からも飛べます。
テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク
Miniature-car    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2006.10.17 Tue
10/24実施の関東秋期オフミ、
座間記念庫見学会の申し込みを締め切らせて頂きました。

参加希望の方には、DMにて集合場所等をご連絡させて頂きましたので、
ご確認下さいますよう、お願い申し上げます。

なお、DMが届いていらっしゃらない方は、
誠に申し訳ありませんが、その旨を

silvia14@mac.com

までご連絡下さい。
テーマ:日記 - ジャンル:日記
Infomation    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2006.10.15 Sun
すっかり忘れていましたが、かみさんからバトンを貰っていたのでした。
ネタに困った時には良いですが、貰ったりあげたりってのがどうも苦手なので、
この手のものは好きではないのですが、
まぁ、折角かみさんが回してきたんだし、こっちに回すって事は彼女も苦労してるってことでしょうから、優しい夫としては助けてやろうかな?と。

そんな訳で、スタートです。

Q1 自分を漢字一文字に例えると?

「趣」

結婚して子供も2人できて、完全に自由になる自分の時間が減少した為、泣く泣く切り捨てた趣味も多いですが、基本的に僕は「趣味人」だと思ってます。
一つの趣味も持てない人間にはなりたくないと思ってるので、まぁ、それを実戦してるって事でしょうか?


Q2 あなたの好きな漢字一文字は?

「一」

「あなたの好きなものを漢字1文字で表せ」ってんじゃなくて、
単純に「好きな漢字」っていうのなら、最も簡単に書ける漢数字の「一」でしょう。
間違えようがないしね。
だって、パソコン使うようになって、全然漢字書けなくなっちゃったんだもん。


Q3 今年を漢字一文字で表すと・・・?

「装」

もともと服には全く気を遣わない人間なので、必要最低限のもの(下着とか靴下とか)以外の服には全くと言っていい程金を使わなかった僕。
ところが、最近ちょっと考えを改めまして、結構色々と服を買うようになりました。


Q4 来年はどんな年にしたいですか?

「健」

「健康」の健です。
子供達に健やかに育って欲しいという意味がある訳ではありません。
「僕の身体」が健やかになって欲しいと・・・(涙)。
どうも最近病院通いが続いているもので・・・。

Q5 バトンをまわす人とその人たちのイメージを漢字1字であらわすと?

「無」

誰にも回すつもりがないので。


こちらからこのバトンを誰かに回す事はしません。
冒頭に記載した通り、そう言うのが嫌いなので。
そんな訳で、「やってみよっかな」という方はご自由にどうぞ。
テーマ:日記 - ジャンル:日記
Diary    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2006.10.14 Sat
先日作成した1DINサイズのアナログクロックとシガソケット。
やっつけ仕事でやったので、細かい所を見るとかなりいい加減に作ってたりするんですが、
それ以前に、シガソケットの所が何かちょっと寂しい。

RIMG0028.jpg




で、最初はこのシガソケットの部分に蓋でも作ろうかと思ったんです。
たまたまペットボトルのキャップがちょうど良い大きさなんで、
それを改造して作ってみたんですが、なぁんかイマイチなんですよ。
で、ふと思いついた商品がありました。

キルスイッチ(カットオフ・スイッチ)です。

もちろんホンモノのキルスイッチではなく、フェイク。
ニスモからキルスイッチ型のシガライターが発売してるんですよ。
そいつを取り付ければ結構カッコ良くなるのでは?と思った次第。
どうせエクステリアデザインからしてウチのキューブは冗談みたいな車なので、
そーゆーのもありかな?と・・・。
で、早速ニスモのキルスイッチ型シガライターの購入を試みたんですが、
何故か売ってない。
ふと思い立って、ニスモのカタログを見てみたら、
どうやらカタログ落ちしてるみたい。
で、「さて、どうしよう・・・」と思ったんですが、
やっぱり同じような商品が結構売ってるんですね。
結局ヤフオクで商品を見つけて落札。

本日早速取り付けてみました。

RIMG0045.jpg





意外とイケてる!?
テーマ:ドレスアップ - ジャンル:車・バイク
Diary    Comment(4)  TrackBack(0)   Top↑
2006.10.09 Mon
久しぶりにミニカーのアップです。
なんと一ヶ月振りだったりします(汗)。

'06年のWRC参戦車輛、スバル インプレッサ WRC 2006。
個人的に初のhpi Racing製になります。

06impreza-1.jpg



06impreza-2.jpg



いつも通り、ウンチクは本家サイトのGarage 43から、トップのミニカーの写真をクリックして下さい。本家サイトのサイドメニュー「rally → 2000 ~ 2009」からも飛べます。
テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク
Miniature-car    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2006.10.08 Sun
折角の3連休、天気も良いみたいだし、どっか行こうかと思い立ったのが昨日の夜。
ホントは手近な所で、千葉県こどもの国にでも行きたい所ですが、
あそこは先月末で一時閉鎖してしまいました。
あそこ、好きだったんですけどねぇ・・・。

そんな訳で、どこにしようか悩んだ挙げ句、横浜青葉ICそばのこどもの国へ行く事に。


タップリ遊んだ後に、今月24日に行く予定の座間記念庫の位置を確認する為に、カレスト座間へ。
座間記念庫は日産の旧座間工場内にあるので、その跡地に立てられたカレスト座間の近くになります。
ところが、カレスト座間から周囲を見渡しても良く分からなかったので、
スタッフに場所を訊いてみました。
ところが、それなりに高齢(つまりそれなりの地位に着いていそうな)のスタッフ数名に訊いても、「分からない」のです。それどころか、記念庫の存在自体を知らない人ばかり。
どうやら同じ座間工場跡地にあるとは言え、カレスト座間と座間記念庫では全く繋がりがないらしい。結局4、5名のスタッフに訊いた後、マネージャーという方を読んで頂き、場所を教えて頂くことができました。
その後、車で座間記念庫まで移動して、入り口に詰めている守衛さんに確認。
見学当日の動きも何となく把握することができました。

なんせ見学会を立案したにも関わらず、肝心の会場の場所を知りませんでしたからねぇ(爆)。
でも、これで一安心。後は当日を楽しみに待ちましょう。
テーマ:日記 - ジャンル:日記
Diary    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2006.10.07 Sat
近々車内で使う電装系アイテム(っていうより電化製品)が手元に届く予定です。
それを快適に使うには、シガソケットが最低でも2カ所必要なんです。
でも僕は昔から、カー用品店で売られているシガソケットのタコ足を使うのが大嫌い。
理由は簡単、カッコ悪いから。
どうもあぁいう「後付け感」たっぷりのアイテムが好きになれないんです。
そんな訳で、どうせならシガソケットを増設しちゃおうと考えました。
どこにつけようか色々と考えたんですが、キューブにはセンターコンソールに3DIN分のスペースがあって、ちょうど真ん中の一つが小物入れとして空いてる状態だったので、そこにつけようと考えました。
シガソケットを増設するにあたり、他の配線から電力を分配したくなかったので、今回増設する分は、バッテリーから直で配線を引っ張ってくる事に。
で、どうせ直で引っ張るんなら、1、2年前に買っておきながらほったらかしにしていたAUTOMETER社製のアナログクロック(52φ)もそこにつけちゃおうと、遂に重い腰を上げました。
で、色々と手配した結果、廃車予定の車から1DINサイズの目蔵蓋とシガソケットを入手。
昨日一通りの材料が揃ったので、帰宅後にセコセコと配線を作ってました。

で、本日昼から取り付け作業開始。

シルビア(S14)の時はエンジンルームから車内に配線を引き込むのは結構簡単だったんですが、キューブの場合は助手席側のグローブボックス下を全て取っ払わないといけなかったので、結構面倒でした。


で、途中何故か時計が動かなくてアタフタしたものの、無事に取り付け終了。


RIMG0028.jpg



目蔵蓋はカーボン調のカッティングシートでデコレートしました(笑)。


実は、今回の時計の取り付けで一番悩んだのは、電源の接続方法。
説明書(英語)には、「12Vのイグニッションあるいは自分の好きな所から電源をとって下さい」と書かれています。「常流電源を使用しないと止まってしまう」のか、はたまた「充電機能が備わっているのでACC電源だけでも時計が動く」のかが分からないのです。
説明書には一切そんな事は書かれていません。
当初は常流の為にバッ直(バッテリー直接)にしようと思ったんですが、「<12Vのイグニッション>ってことは、もしかしてACCでも大丈夫なのでは!?」と思い、シガソケット用と一束にしてACCにリレーを噛まして取り付けました。




が、





エンジンを切ると時計が止まってしまいます(涙)。



どうやら充電機能なんてものは備わっていないらしい。





まぁ、リレーの前から分岐させてバッ直で引っ張ってくれば良いので、改良自体は直ぐに終わるものなんですが、バッ直でどれくらい電力を消費するものなのかが微妙なので、ひとまずこのままの状態にしておいて、車に乗る度に時計を合わせようと思います。
それが面倒臭くなったら、直ぐに配線弄り直すかもしれませんが・・・(苦笑)。
2006.10.02 Mon
モータースポーツジャパンのレポートも一段落。
ついでに年に一回の社内試験も本日終わり、
ようやく平和な日常が訪れようとしています。

ところで、モータースポーツジャパン。
ここに登場していた日産車のほとんどは、普段、日産の座間工場の跡地にある座間記念庫に保管されています。現在、座間工場の跡地にはカレスト座間という新車、中古車、カー用品販売施設がありますが、その施設の裏手にその記念庫はあります。

プリンス時代も含めて新旧の市販車、レーシングカー、そしてモーターショー等に出展されたコンセプトカー等が200台以上保管されている倉庫です。
カー雑誌等で稀に中の様子が紹介される事がありますので、
ご存知の方も多いかもしれませんが、基本的に博物館ではないので、一般に公開されるものではありません。
実はちょっとしたルートで、その座間記念庫を管理している会社の連絡先を知ってるんです。



そう、見学できるんです。


管理会社の都合上、見学は平日に限られている為、
その連絡先を入手してから2年程行動に移せずにいたんですが、
遂に今月、その座間記念庫に見学に行く事にしました。
いくら見学する事が可能とは言っても、個人での見学は流石にNGなので、
以前から登録しているAM-ML(雑誌オートメカニックのメーリングリスト)のオフミという形で見学会を行う事にしました。

日時:10月24日(火)13:30 ~

流石に平日だけあって都合つく方が少ないので、
おそらく10名程での見学になると思います。



そこで、




折角の機会ですので、このブログでも見学者を募集したいと思います。




見学に際して条件は2つ。


1.社会通念上のマナーを心得ていらっしゃる方。

2.本名を教えて頂くことができる方。

3. AM-MLのメンバーとして参加して頂く事ができる方。


1.は、まぁご理解頂けるかと思います。本来でしたら一般見学は不可能な施設を特別に見学させて頂く為、先方にご迷惑をかけるような事はできません。歴史的に価値のある名車も多く展示されている為、ご理解頂きたいと思います。

2.は、見学の手続きとして、見学人数と見学者氏名を事前に申請しなければいけない為です。

3.につきましては、「AM-MLオフミ」として先方に打診している為、参加者はAM-MLメンバー(名目上)として参加して頂きます。



以上の点をご理解頂いた上で、当日参加を希望される方は、

silvia14@mac.com

までご連絡下さい。
なお、ある程度の人数が集まった時点で募集を締め切る事もありますので、ご了承下さい。
テーマ:国産車・外国車 - ジャンル:車・バイク
Event    Comment(3)  TrackBack(0)   Top↑
2006.10.01 Sun
長々と続いたモータースポーツジャパン レポも今回でおしまいです。

イベント会場内には、特設ステージがありまして、
ここでトークショーが行われていたりしたんですが、
これが「常になんかやってる」って感じで、好感が持てました。
写真に撮ってきたのは、まずこちら荒、本山、増岡の3名の現役ドライバーと、国さんをゲストに迎えたトークショー。進行しているのはモータージャーナリストの熊倉重春氏(右端)
単にミーハーを狙うなら、脇坂とか土屋圭一とか(織戸学もか?)を呼べば客は喜ぶんでしょうが、そうしない辺りが素晴らしい。

RIMG0063.jpg


こちらはF1関係のトークショーという事で、今年SAF1を立ち上げた亜久里さんと、
ホンダF1のシニア・テクニカル・ディレクターである中本修平氏。
氏が就任してすぐにホンダが優勝したって事もあって、今回は結構サイン攻めにあってましたね。

RIMG0080.jpg


その他、会場内には色んなブースがありましたが、ミニカーを売る店も結構出てました。
コジマとかM-コレクション辺りだったと思いますが、結構客が覗いてましたね。
今回僕がかったのは、こちら。

96f40-1.jpg


太田哲也氏が'96年のル・マンに参戦した時のF40。
レッドライン製なので、通常価格は16,000円程になるんですが、
右ライトレンズに不具合があるってんで、5,000円で売ってました。
帰宅後にレンズカバーを外し、早速修正。大変良い買い物をしました。



この辺で、一通り見たって事でmizuさんと別れて帰宅する事になったのですが、
子供達が腹を減らしてるって事で、会場の隣のビーナス・フォートへ遅めの昼食をしに。
で、昼食を食べ終わった後、館内をウロついていたら、ここはトヨタのメガウェブと隣接している関係で、ヒストリーガレージに繋がってるんですね。
中にあるレストア室では何故かロータス・エランがレストア中で、「!?」って感じでしたが、
ここでは、ちょうど「私が好きだったセリカ展」を開催中で、中には新旧のセリカと共に、競技車輛が展示してありました。

こちらはTA64セリカ、いわゆるグループB車輛で'86年のサファリ優勝車です。

RIMG0130.jpg


で、こちらはST205セリカですね。
場内が暗くて、まともに写真が撮れません。
雰囲気出すのは良いけど、折角の展示車輛がまともに見れないくらい場内を暗くするのはどうかと・・・。

RIMG0132.jpg


で、明るい場外にでると、そこはメガウェブの試乗コースの折り返し地点。
ここには、TS020とST185が飾られてました。
TS020の方は、'98年の初期型。いわゆる霜降りカラーです。
この日モータースポーツジャパンとのコラボレーションで、こちらの試乗コースでも何台かのトヨタ系レーシングカーがデモランを行ったようですが、そちらでは'99年仕様が走った様子。

RIMG0111.jpg


そしてこちらは'93年のオーストラリアラリー優勝車のST185
Aピラーを這うように取り付けられた吸気ダクトが時代を感じさせます。
最近はサファリ(EAS)とか走ってもこんなに大きな吸気ダクトつけませんからね。

RIMG0117.jpg


で、この2台を写真に収めてたら、突然このヘアピンコーナーに飛び込んできたのが、
トヨタ2000GT。
'66年のスピードトライアル仕様にレストアされたもの。

RIMG0124.jpg



さて、こんな感じでモータースポーツジャパンは終わった訳ですが、
今回思ったのは、「トヨタが余計な事してるな・・・」って事。
まぁ、会場の近くにメガウェブを持ってる強みなんでしょうが、
折角日本で初めて、メーカーの垣根を越えたイベントをやるってのに、
自分の所で走らせるってのはどうかと思いますよ。
大トヨタのやることじゃないでしょう。

2日目にはモータースポーツジャパンの会場の方に移ってたらしいので、まだ良かったんでしょうが、土曜日に行った身としては、「なんで離れた所に観に行かなきゃなんないんだ!」って感じです。
それが嫌だったから結局メガウェブの方には行かなかったですけどね。


それから、盛り上がってたデモランについて。
普段レースを観に行く事の無いような方達にしてみれば、デモランやったりするのはありなんでしょうが、あんな狭い敷地内をグルグル回るのはどうかと思いました。
昔から「お台場でGTレース開催」ってのは自民党のモータースポーツ振興議員連盟でも謳われてたはずだし、その前段階として、お台場の道路を封鎖してデモランすることだって出来るような気がするんですが・・・。
っていうか、仮にもグッドウッドを目指すってなら、それくらいやるべきだと思うんですけどね。
まぁ、グッドウッドは個人の敷地ですが・・・。

2日間で11万人もの人が来ってんだから、それなりの成果はあったと思いますが、
じゃあ、どれだけ話題になったかと言われれば、おそらく一般的にはほとんど話題になってないでしょう。だって会社の同僚は、誰もそんなイベントがある事知りませんでしたよ。

最後に、「好きな人が見に来るイベント」じゃなく、「興味ない人を巻き込むイベント」にまで成長しないと、国内のモータースポーツは盛り上がらないと思います。
モータースポーツジャパン1年目、まだまだやらなければいけない事は多そうです。
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。