DiaryBooksCameraCarEventMiniature-carMotor SportsMusicN-gaugeOutdoorInfomation
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.05.31 Thu
久しぶりにCDを買いました。
昔は、好きなアーティストのCDは発売日の前日夕方には必ず手に入れていた僕ですが、
今では月に1度BURRN!を立ち読みして、その月に発売されるCDを頭の中に叩き込み、
それらの発売日とは全く無関係に、おもむろにショップに立ち寄って買い漁るという、
とても音楽好きとは思えないような買い方をしています。
どうやら人の情熱や興味ってのには限度があるようで、
昔音楽に注がれていた「想い」は、今やミニカーやモータースポーツへと注がれているわけです。
昔は、「俺は一生音楽の側にいる」とか思ってたんですけどねぇ・・・。
最近ではオーディオの電源を入れる回数もめっきり減って、
専ら購入してきたCDはMacのスピーカーから流れてくるだけです。
我ながらイヤになりますけどね・・・(苦笑)。

さて、今回購入したのは、CD5枚とDVD1枚。

<CD>
・Denim / 竹内まりや
・INFLUENCE / SHAW BLADES
・HOLE IN THE SUN / NIGHT RANGER
・UNIA / SONATA ARCTICA
・SECOND HAND LIFE / JOE LYNN TURNER

<DVD>
・UPRISING / DAMN YANKEES


竹内まりやのCDはかみさんのヤツで、残りが僕の。
たまたまなんでしょうが、購入したアイテムの内、
3つにジャック・ブレイズが絡んでます(笑)。
どれも新譜なんですが、全く新しさを感じません(爆)。
なんでしょう、この組み合わせは!?

昨日購入した後、帰宅してからダムヤンキースのDVDを観ましたが、
これは'92年のライブ映像をDVD化したもの。
'90年代アメリカン・ハード・ロックを絵に描いたようなライブで、
改めて、「あの頃は楽しかったなぁ・・・」と、懐かしくなりました。
スポンサーサイト
テーマ:日記 - ジャンル:日記
Music    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2007.05.29 Tue
今日から地元の市立運動公園内で、蛍の観賞会が始まりました。
蛍の寿命は短いので、開催期間も6/3までと、6日間しかありません。
昨年はこの短い開催期間をすっかり忘れてしまい、観ることができなかったので、
今年こそは蛍を見た事が無いというかみさんと子供達を連れて行ってあげようと、
以前から計画を練っていました。

土日は混むだろうし、水木は雨が降るって事だったので、
観賞に適してるのは今日か金曜日。
でも、水木の雨の量によっては、金曜日にあまり飛んでくれない可能性もあるので、
今日のうちに観に行こうという事になりました。

就職したばかりの頃、山奥に缶詰になってた時に、
信じられない数の蛍を観て感動した事があります。
ま、流石にあそこまでは無理だろうと思って行ってきたんですが、
想像以上に観難かったです。
蛍が逃げないように網で周囲を囲うというのはまぁ分かるんですが、
鑑賞者は、その網の周囲の遊歩道を歩くような形になってました。
黒っぽい網越しなので、折角の蛍の光が台無しです。
どうせなら、遊歩道もろとも全体を網で囲ってしまえば良かったのに。
なんか興ざめです。

遊歩道上には職員らしき人が所々に立って見張ってましたから、
例え網の中を鑑賞者が歩くようにしたって、流石に捕獲しようとする人はいないと思うんですよねぇ・・・。
どうでしょう、良いアイデアだと思うんですが、検討しません?
テーマ:日記 - ジャンル:日記
Diary    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2007.05.28 Mon
毎号購入しているわけではありませんが、
それでもやっぱり貯まっていく雑誌類。
我が家の場合、やっぱり車関係の雑誌が多くて、
特にAUTO SPORT誌とRacing onが致命的。
そこで、AUTO SPORT誌を整理する事にしました。

もともと「後々必要になるだろう」と思った号しか購入していないので、
我が家にあるのは捨てることができない号ばかり。
どうしたもんかと前々から悩んでたんですが、必要な記事だけ切り取って残す事にしました。
スクラップブックという程の物ではありませんが、
必要なページだけファイリングしてしまおうというわけです。
僕が必要だと思うのは、主にラリー、GT、DTM、LM。
この手の雑誌で一番紙面を賑わせるのはF1ですが、
幸いソッチ方面には興味が無いので、一気に破棄です。

現在作業中で、まだまだ先は長いですが、
それでも保管するのは大分少なくなる事が分かり、一安心です。
テーマ:日記 - ジャンル:日記
Books    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2007.05.27 Sun
KiNSMARTは出尽くしてしまいましたが、まだまだあります、本家に載らないモデル。
今回紹介するのも、クレーンゲームで100円で手に入れたアイテム。


HONGWELL VW T1 Pick Up 1/43

0705215.jpg



ホンウェルのモデルがクレーンゲームに!
もともとそんなに高価なモデルではありませんが、100円で獲れるなら充分お得。
適度なチープ感が車の素朴さに拍車をかけて、大変良い感じ。
手に入れたのは良いけど、何となく子供にあげるのが勿体なくなって、自分で保管しています(爆)。




さて、今週末はミニカーを1台アップできました。
手持ちの未アップはあと1台。
後日好評(ウソ)のシルエットクイズとして予告しますが、ちょっと古いモデルです。
テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク
Miniature-car    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2007.05.26 Sat
ミニカーをアップしました。

JLOCからS-GTにエントリーしているムルシエRG-1。
エブロから同時に発売された2台のマシンの内、GT300にエントリーしていた87号車の方です。


05murcie-1.jpg




05murcie-2.jpg



いつも通り、ウンチクは本家サイトのGarage 43から、トップのミニカーの写真をクリックして下さい。本家サイトのサイドメニュー「jgtc ~ super-gt → s-gt2005」からも飛べます。
テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク
Miniature-car    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2007.05.24 Thu
本日は手持ち最後のKiNSMARTです。
今までの3台とは明らかに気色が違い、ハッキリ言って僕の趣味ではありませんが、
自分の趣味で子供の興味の幅を狭めたくなかったので、
こんなのも獲ってみました。




KiNSMART HUMMER H2 SUT 1/40


0705214.jpg



ドアは4枚ありますが、開くのは前の2枚だけ。
1/40なのに、他のモデルと同程度のサイズってのが、流石ハマー(笑)。


そうそう、この時クレーンゲームのアイテムの中には、
今回紹介したモデルの他に、Z33やbBなんかもありましたが、
前者は他の方に獲られてしまい、後者は僕の趣味ではないので、獲りませんでした。
冒頭に「子供の興味の幅を・・・」とか書きましたが、
ま、僕の了見なんて、そんなもんです(爆)。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク
Miniature-car    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2007.05.23 Wed
昨日はダラダラと書きましたが、今日はシンプルに。
今回の番外編も、今までと同じKiNSMARTのモデル。
どうしてこんなにKiNSMARTのモデルが続くのかと言うと、
先日クレーンゲームでいっぱい手に入れたから(爆)。
しかも、すべて100円/台。異様に取れ易い台でした。


そんなわけで、本日はこちら。

KiNSMART FORD GT 1/36

0705213.jpg



'60年代、フェラーリの天下だったスポーツカーレース。
そのトップの座を手に入れようとしたフォードのボス、ヘンリー二世が、
フェラーリの買収を計画しますが、フェラーリがコレを断固拒否。
怒ったフォードが、自力でフェラーリを打ち負かそうとして作ったのが、
フォードGT40でした。

全高わずか40フィート(約103cm)だった為、GT40という名前が与えられたこの車は、
3度目のル・マン挑戦で遂にフェラーリを破り、ル・マンを制覇します。
詳しくは、こちらをどうぞ。

68gt40mk2-1.jpg



そのフォードの栄光のマシンGT40を、フォードの創立100周年を記念する事業として復刻させたのが、今回紹介するフォードGTでした。

現在はこのレーシングバージョンがS-GTのGT300クラスで走ってます。

そういえば、上に載せたル・マン優勝車輛の他に、
遂にイクソから'66年のル・マンに出てたGT40 Mk.IIが発売されますね。
ガルフカラーのGT40もカッコイイですが、GT40はやっぱりMk.IIの方が好きです。
特にあのリアセクションのインレットがたまりません。
今まで発売されていた1/43モデルは、正直「?」な感じでしたから、
今回の発売には大いに期待したい所です。
テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク
Miniature-car    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2007.05.22 Tue
スカイラインGT-Rというクルマ程、「悲しいクルマ」は無いのではないかと思う事があります。
ベース車輛がハコ車のセダンである為、常に「走り」と「居住性」の狭間で苦悩し続けるクルマ、それがGT-R。
「羊の皮を被った狼」と呼ばれた事もあるスカイライン、
スペック的に見れば世界のスーパーカー達と渡り合うことができるGT-Rですが、
何故それほどのスペックのクルマが、いつまでも羊の皮を被っているのか?
本当に強い狼ならば、羊の皮を被り他車を欺くなんていう姑息な手段は使わないでしょう。
GT-Rが、「スカイラインGT-R」である以上、それは一生ついて回る「皮」なのかもしれませんが、それこそがGT-Rの最大の欠点だと思うのです。

「ハコなのに速い!」ではなく、
「ハコじゃなきゃ、もっと速い!」です。

あれほどのスペックを持つクルマで、あんなに大きく、重く、背の高いクルマは
世界的に見てもほとんどないのではないかと思います。
本当に走りを追求するならば、スカイラインをベースとするのではなく、
完全に独立したマシンとして、一から開発すべきだと思います。
たぶん、その方が開発していて楽しいだろうし、自由度も高く、
今よりももっと良いマシンができるハズ。

様々な機能を併せ持つ製品は、充分に評価することができますが、
それでも本当に機能を1つに絞って開発された製品が持つ機能美には敵わないでしょう。
電話、カメラ、音楽プレイヤー、テレビと多機能なケータイが流行ってますが、
アレを見る度に、どれをとっても中途半端な機能で使う気が全く起きません。
スカイラインGT-Rという車は、そういう点で凄くケータイ的。
スポーツカーとしての「走り」と、ハコ車としての「快適性(居住性)」を両立させようとした挙げ句、どちらも中途半端になっただけ。

それこそが「GT-R」だと言う人もいるでしょう。
僕は、将来、GT-Rという車が「スカイライン」という呪縛から逃れて、
「よりコンパクトに」「より軽く」「より低く」、そして「シンプル」になる事を期待しますが、
そんな人にとって、それは「GT-R」ではなくなってしまうのかもしれません。
GT-RがGT-Rである以上、冒頭に述べた狭間の中で、ずっともがき苦しむ事になるのでしょう。
GT-Rを見ていると、悲しい気持ちになります。



と、まぁ、前置きが随分長くなりましたが、
昨日のRX-7に引き続き、本家サイトにはアップされないモデルの紹介です。


KiNSMART SKYLINE GT-R(R34) 1/36


0705212.jpg




モデルの全長は昨日紹介したRX-7と同じ12cm程ですが、
スケールはRX-7の1/34に対して、GT-Rは1/36となっています。
元のマシンの大きさの違いがこんな所に出てるんですね。
テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク
Miniature-car    Comment(4)  TrackBack(0)   Top↑
2007.05.21 Mon
このブログは、僕が収集している1/43のミニカーを紹介するサイト、
Garage 43(通称:本家サイト)」内で展開しているものです。
そんなわけで、ここに出てくるミニカーは、昨日のポルシェ934のように、
本家サイトでウンチクがアップされた事を知らせる為に紹介されます。

本家サイトでは、基本的に1/43のレーシングカーしか紹介しません(デルプラドは除く)ので、
それ以外のミニカーがこのブログに出てくる事はあまりありません。
が、これでも2児の父親なので、家には子供のおもちゃのミニカーがそれなりに存在します。
そこで、ネタが無い時(あるいは、あるけど書くのに気が乗らない時)は、
「本家に載らないモデル」として、ちょっとずつ紹介していこうと思います。


という訳で、第一弾はこちら。

KiNSMART 1/34 MAZDA RX-7

0705211.jpg



KiNSMARTは、よくファミレスのレジ近くのおもちゃ売り場(?)に置いてある、
プルバックのミニカーです。
クルマによって縮尺が異なる、いわゆる「フリースケール」のモデルです。
RX-7は元のクルマが小さいので、1/34という縮尺。
これで全長がおよそ12cmになります。
ドアの開閉が可能で、内装もきちんと再現されています。
定価は525円ですが、これはクレーンゲームで獲得したので、100円です(笑)。
でも、値段の割にこのシリーズはとってもデキが良いので、お薦めです。
テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク
Miniature-car    Comment(2)  TrackBack(0)   Top↑
2007.05.20 Sun
ミニカーをアップしました。

先日シルエットクイズとして予告しておいた、ポルシェ934。
'76年のDRM第1戦で優勝した、イエガーマイスターのオレンジが映えるポルシェ934の12号車です。

76porsche934-1.jpg





76porsche934-2.jpg



いつも通り、ウンチクは本家サイトのGarage 43から、トップのミニカーの写真をクリックして下さい。本家サイトのサイドメニュー「others → 1970~1979」からも飛べます。
テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク
Miniature-car    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2007.05.19 Sat
っていうか、今後のアップ予定っていうか、
単なるブログの穴埋め企画(笑)。


今後の予定は、先日発売されたオレンジ色のコレ


0705192.gif





と、先週発売されたコレ。
僕は黒い方を買いました。


0705191.gif




どちらもとっても素敵。
あと、近々もう1台手元に届く予定。
テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク
Miniature-car    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2007.05.16 Wed
ミニカーをアップしました。

最近ル・マンのマシンが多かったので、突然ガラッと感じが変わりましたが、
'87年のWTC、バサースト1,000kmに参戦したフォード・シエラRS500です。


87texaco_sierra-1.jpg




87texaco_sierra-2.jpg




グループAを代表するマシンですが、このバサースト1,000kmでは、
1位でゴールした後、リアフェンダーアーチ形状がレギュレーションに抵触するとして、失格になってしまいました。
台座にミニカーの台座に「1st Place」って書いてあるので、優勝したと思ってる方が多いようですが、その後ろにはちゃんと「disq」と書いてあります。


いつも通り、ウンチクは本家サイトのGarage 43から、トップのミニカーの写真をクリックして下さい。本家サイトのサイドメニュー「others → 1980~1989」からも飛べます。
テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク
Miniature-car    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2007.05.15 Tue
ちょっと前に、このブログにリンクを貼らせて頂きました、kayuponさんの、「kayuponのお気楽blog」。
そこに、<緊急告知<耐久レースしませんか?>という記事がありました。

リンク先を覗いてみると、「DHG Challenge Cup」なるレンタルカートによる耐久レースのイベントでした。
主催者のDHGと言えば、FポンやS-GTにも参戦しているチーム。そこが、モータースポーツの底辺を広げるという目的で、レンタルカートによるレースイベントを企画したのでした。
開催場所は御殿場にあるオートパラダイス御殿場で、2時間の練習走行と、3時間の耐久レースというイベントです。
1台のカートに付き、エントリーが80,000円。それに加えて一人当たりのエントリーフィーが1,500円で、昼食のケータリングサービス付き。1チームにつき1~10名の参加申し込みが可能という事で、長袖、長ズボン、スニーカーというスタイルで参戦OK。レンタルカートによる気軽さがしっかりと反映されてます。
今年4回開催されるこのイベント、5月24日のレースでは、トムスの関谷さんやトイストーリーMR-Sで活躍している大嶋センシュも来るみたいで、練習走行中にはプロのドライバーのアドバイスが頂けると言う、滅多に無いチャンス付き。

社内のレンタルカートクラブのリーダーである僕としては、ほっとけないイベントです。
そこで、今では20名にまで膨れ上がったメンバーの内、数名に打診した所、流石に5/24のイベントでは急過ぎるけど、それ以降なら「是非出ましょう!」という事になり、早速DHGに連絡を取った所、枠が空いているという事だったので、7/1のイベントにエントリー。

本日、DHGの担当者から連絡が入り、無事に受理されたという事でした。

クラブ発足当時は、いつもお世話になっているサーキット主催のレースに出てたりしましたが、
クラブ員の増加に伴い、出場メンバーが限られるこの手のイベントには参戦しなくなってしまい、最近では専らコースを貸し切ってのクラブ内での耐久レースをやるくらいで、対外試合というのは、ホントに久しぶり。
今回は、クラブのメンバーから厳選した10名1チームでの参戦で、
全員で参戦できないのが残念ですが、今からすっごく楽しみです。



その前に















ダイエットだ!!
2007.05.13 Sun
今まで、旧DTMに関する映像と言えば、古いVHSを購入するしかなかったんですが、
この度リンドバーグが、ドイツからDVDを輸入してくれる事になりました。
ドイツのDVDという事は当然PAL方式なので、国内のプレイヤーでは見ることができませんが、
リンドバーグでは対応プレイヤーも比較的手頃な値段で売っているし、
どうやらPCでも見ることができるようなので、その辺は大丈夫。

今回のDVDは年間ダイジェストになっていて、
'88年~'94年までのレースが各1枚に纏まっています。
つまり、今までVHSで発売されていた物の、DVD版という事なんだと思いますが、
ドイツ語なんですよねぇ・・・。
英語のナレーションなら、まだ多少は分かるのですが、
ドイツ語になるとちょっとキツいですよねぇ・・・。

どうしようかなぁ・・・。
2007.05.12 Sat
ちょっと前から、今年のS-GTのエブロ製ミニカーの予約が始まりました。

基本的に1車種1カラーリングを購入する事にしているので、
GT500のマシンは、SC430、Z、NSXをそれぞれ1台ずつ購入する事になります。
が、今年はちょっと困ったことになってます。
NSXは今年はタカタを購入予定で、Zはnismoワークスやカルソニックカラーは飽きたので、
ハセミさんあるいはコンドーレーシングにしようと思ってます。
問題はSC。
今年のSCのカラーリングの話題と言えば、
「復活したデンソーカラー」と、


0705121.jpg






「ガンプラで有名なカトキハジメ氏デザインのバンダイ」の2つ。

0705122.jpg





でも、どちらも'06仕様のアップデートマシンなんですよねぇ・・・。
DTMマシンもそうですが、基本的にミニカーを購入するのは最新仕様と決めているのです。
トヨタのSC430は全部で6台エントリーしていますが、
そのうちホントの'07仕様と呼べるのは、
宝山、フォーラムEng.、ZENTの3台だけ。
宝山はGT300のZでも走ってたりして、正直新鮮みが無いし、フォーラムEng.は、昨年のモービル1のデザインを踏襲しているので、昨年モービル1を勝った僕としては、やはり新鮮みが無くて×。
そうするとZENTしか残ってないんですが、ZENTのあのカラーリングが問題です。


0705123.jpg




ボディの左サイドはミラー処理、右サイドはブラックというカッコいい仕様だと言う事は認めますが、問題はミニカーにした時の事。
左サイドのミラー処理した部分は、おそらくアルミステッカーで仕上げられるのでしょう。
ですが、最近エブロが手を出したこのミラーステッカー、貼るのが難しいのでシワになり易く、昨年発売されたモービル1Cの試作品では非常に評判が悪く、正規版では採用が見送られました。
レイブリックNSXでもボディ下端はミラーステッカーで処理されていて、あちらは結構上手くできていると思うのですが、今年のZENTのようにあれだけ大きく曲がりの多い部分をミラーステッカーで処理しようとすると、出来上がりに相当個体差がありそうです。



すっごい不安。




どうする俺・・・。
テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク
Miniature-car    Comment(4)  TrackBack(0)   Top↑
2007.05.08 Tue
先日富士スピードウェイで行われたS-GTの第3戦。
ゴールデンウィークの富士と言えば、毎年500kmの長丁場。
およそ3時間に渡るレースは、常に波乱に富んだ展開になります。
レースディスタンスが長いという事は、
それだけ観戦ポイントを変えることができるということも意味しています。

僕の場合、旧レイアウト時代から富士での観戦の仕方はあまり変わっていなくて、
スタートからしばらくは1コーナー進入アウト側。
その後、1コーナーのイン側に行って、コカコーラコーナーへ。
その後100Rを歩いてヘアピンへ。
最後の20分程はグランドスタンドでモニターを見ながら観戦というのが定番メニュー。

今回もそんなメニューで観戦していたのですが、
100Rで観戦していた時、ハプニングが発生しました。
ちょうどEPSON NSXの炎上で赤旗中断していたレースが再開してしばらくした後、
目の前で煙を吐きながらウェッズスポーツセリカがストップ。
どうやら車内が炎上しているらしく、ドライバーの関口センシュが慌てて出てきて、
コース脇の消化器で消火活動を開始しました。
ホントに真っ正面で起こった出来事に、ちょっと興奮。


帰宅後に録画しておいたスカパーをチェックすると・・・



0705081.jpg




一生懸命消火活動している関口センシュを前に、群がる観客達。
そんな中、カメラを構える不届きものが一人。




















不届きものが一人・・・(爆)

0705082.jpg

2007.05.06 Sun
GW最後の日。
天気も悪いし、何だか凄くかったるいので、
先日のGT選手権で撮影してきた写真を加工。

まずはZENT CERUMO SC430 #38

zent.jpg




それからGT500クラスのマシンの混合。
バックが白のバージョンと

gt500white.jpg




黒のバージョン

gt500black.jpg




そしてGT300の白と黒

gt300white.jpg




gt300black.jpg




サムネイルをクリックすると、1024×768ピクセルのJPEG画像になります。



1280×800仕様はこちら。

zent1280.jpg




gt500wihte1280.jpg




gt500black1280.jpg




gt300white1280.jpg




gt300black1280.jpg



ちなみにファイル容量はそれぞれ500KB程です。


で、GT500の1280×800をちょっと直したのがこちら。
TAKATAのNSXがデカくなってます。

gt5001280wkai.jpg



gt5001280bkai.jpg

2007.05.05 Sat
かみさんの実家に行った帰り道、久しぶりに恵比寿のMr.クラフトへ。
知らない間に1階が着物店に変わってました(汗)。

しかし、品揃えの方は相変わらずですな。
「メジャーな車種の超人気仕様(ゼッケン)」は、ほとんどソールドアウトで、
余ってるのはどちらかと言うと、「メジャーな車種のそこそこ人気仕様(ゼッケン)」ばかり。
個人的には、その辺の仕様には興味が無いので、
「押さえるべき(欲しい)超人気仕様」と、「マイナー車の代表的な仕様」が狙い目。
前者はまぁそれなりに手に入ってるので、問題は後者なんですが、
その辺のモデルは今やショップで狙うよりも、ネットを使った方が確実ですね。
もちろんネットで購入する事のリスク(モデルの個体差を確認できない)は認識しておく必要がありますが、幸いほとんど「ハズレ」を引いた事がありません。

今日は改めて、インターネットって凄いなぁと思ったのでした。
テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク
Miniature-car    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2007.05.03 Thu
常日頃から、クルマやモータースポーツの啓蒙活動にいそしんでる僕です(うそ)が、
この度、世のチビッコ達をクルマ好きにする為の洗脳活動を行う事にしました。


我が家の長女がこの春から通うようになった私立幼稚園。
ちなみに、我が市には「市立」の幼稚園が存在しないので、
「私立」だからと言って、名門って訳ではありません(笑)。
で、そこは僕が卒園した所でもあるんですが、
子供達の情操教育の一環として、人形や民芸品、木の実、貝殻等が廊下のディスプレイケースに展示されています。この中にミニカーもあるんですね。
ですが、そのミニカーがすっごくボロボロ。おそらく僕が在籍していた頃とあまり変わってないと思うのですが、そこに展示してあるミニカーは、そもそも展示するクオリティのものではなく、さんざん遊び倒してボロボロになった物を展示しているのです。
入園の為の面接や体験入園等で何度か幼稚園を訪問して、そんな状態のミニカーを見ているうちに、ある考えが浮かびました。



「ウチのデルプラドを一部寄付するか・・・?」



本家サイトで紹介している通り、僕は基本的に1/43のレーシングカーしか収集していません。市販車に関しては分冊百科の「デルプラド・カー・コレクション」で済ませてしまいました。
レーシングカーに関しては、ちゃんとコレクションボードに展示しているものの、デルプラドの方は完全に冷遇されていて、埃だらけになりながら放っておかれている状態。
そんな邪魔(?)なデルプラドを幼稚園に寄付して、体よく手放してしまおう、チビッコ達に夢を与えてあげようという素敵な計画です。


そんな計画をかみさんに伝えた所、先日の家庭訪問時に担任の先生に提案してくれたようで、
その先生は早速園長先生に打診。翌日にかみさんが幼稚園の送迎に行った際には、園長先生から直々に「宜しくお願いします」という事になりました。

という訳で、本日はデルプラドの中から、幼稚園に寄付するミニカーの選定作業です。
具体的に何台を寄付するか全く決めていなかったので、まぁ、自分のいらないミニカーをあげれば良いか・・・と思ってたんですが、選んでいるうちに、
「メーカーが偏らないように」とか、
「年代が偏らないように」とか、
「ジャンルが偏らないように」とか、
「このクルマは歴史的にも是非知っておくべきだ!」とか、
とにかくまぁ、クルマ好きのプライドに懸けて、イロイロと考える事が一杯でとんでもなく時間がかかってしまいました(苦笑)。
が、それでも何とか30台を選ぶことができまして、


0705031.jpg




段ボールに梱包完了。
あとは連休明けに幼稚園に届けるだけ。
これで少しはクルマ好きの子供が増えますように(祈)。
テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク
Miniature-car    Comment(2)  TrackBack(0)   Top↑
2007.05.02 Wed
ミニカーをアップしたナリ。

ちょっと前にシルエットクイズとしてブログで紹介したナリが、
'90年のル・マンで優勝したジャガーXJR-12の3号車、
いわゆるシルクカット・ジャガーナリよ。


90jaguar_xjr12-1.jpg





90jaguar_xjr12-2.jpg




いつも通り、ウンチクは本家サイトのGarage 43から、トップのミニカーの写真をクリックするナリ。本家サイトのサイドメニュー「le mans → 1990~1999」からも飛べるナリよ。
テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク
Miniature-car    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。