DiaryBooksCameraCarEventMiniature-carMotor SportsMusicN-gaugeOutdoorInfomation
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.06.30 Sat
7月のスカパーの録画スケジュールを立てる為、
月末恒例の「月刊SKYPerfecTV!」をチェック。

今月はル・マン24hのハイライト番組もあるから、モータースポーツ系は要チェックです。

で、早速モータースポーツ番組を纏めているページをチェック。
ありました、ありました!
ル・マン24hは、日テレG+で去年と同様90分番組の放映です。
番組の紹介文を眺めていたら、
「最大の見どころは、昨季史上初めてディーゼルエンジンを搭載して優勝を飾ったアウディの4連覇なるか。また、WRC王者のローブ、日本で開催されている「ル・マンチャレンジ」のマシンの検討も期待される」だって。

そっか、知らんかった・・・










今年って、ローブ出てたのか。




今年はポールポジションをルノーが獲ったりしたみたいだし、
今年ル・マンは、ニュルブルクリンク24hとは日程が重ならなかったけど、
どうやら僕の追っかけてたル・マンとは別のル・マンがどっかで開催されてたらしいです。
スポンサーサイト
2007.06.27 Wed
昨日のブログで、日産のハイブリッドに対する取り組みについて書きましたが、
僕は日産がハイブリッド車を販売する事を否定しているわけではありません。
ハイブリッド「車」を販売するのは構いませんが、
ハイブリッド「システム」を自社開発するのが無意味だと言いたいわけです。
システム自体は素晴らしい物をトヨタが構築しているわけですから、それを使えば良いのです。
ハイブリッド車を作るなら、システムは既存のものを導入し、それ以外の部分で日産らしさを出せば良いと思ってます。

こと「環境」と言う事で言うならば、僕はハイブリッドシステムよりも、
ディーゼルエンジンの開発に力を入れるべきだと思っています。
日本では、未だにディーゼルエンジンに対する悪いイメージを持った方がほとんどでしょうが、
国内でのそういうディーゼルに対するイメージを払拭できるような、クリーンディーゼルの開発と乗用車への搭載こそが、日産の進むべき道なのではないかと思います。現在ではボルボの子会社扱いとなっていますが、日産ディーゼルだってあるわけですから、それなりに(乗用車用)ディーゼルエンジンに対するノウハウも蓄積されてると思うんですよね。

そんな事を考えながら昨日はブログを書いてたわけですが、
今日、こんな記事を発見。


俺って凄いかも(笑)。
テーマ:つぶやき - ジャンル:車・バイク
Diary    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2007.06.26 Tue
ちょっと前の話になりますが、日産の株主総会がありましたよね。
ゴーン体制になってから初の、7年振りの減益って事で話題になりました。
その株主総会の際に、株主からの質問で『(ハイブリッド技術のトヨタからの導入を受けて)かつては「技術の日産」と呼ばれてたのに、何故ハイブリッド車を開発しないのか?技術力が落ちているのではないか?』的な発言がありました。ゴーン社長は兼ねてからハイブリッドを「ニッチ商品」としており、当面本格的に自社開発に力を入れない旨を発表していましたが、そういった諸々の背景を踏まえた上での質問のようです。



そんなに自分の首を絞めたいのでしょうか?


アメリカの有名人の間ではハイブリッド車に乗る事がステイタスになったりしているらしいですが、親会社のルノーがいるEUではディーゼルが主流でハイブリッド車なんかほとんど相手にされておらず、また孤軍奮闘状態の日本にしたって普及率はまだまだ。そんな現状を考えれば、会社の基礎固めがしっかりしていない日産がハイブリッドに力を入れないのは当たり前。むしろ、コストベネフィットの点からも、もし必要ならば、既にある程度確立しているトヨタの技術を使えるのであれば、使ってしまった方が良いに決まってます。
もし株主の言う通り日産がハイブリッドに力を入れるようになったら、おそらく日産の収益はさらに悪くなるでしょう。

僕としては、「技術の日産」はそんなところで示すんじゃなくて、もっとファンな車を作ってくれる事で示してくれればと思うんですがね。
昔の901運動みたいにさ。




そうそう、KONDO Racing、S-GTセパン戦での初優勝おめでとうございます。
まさに、タイヤが見事にマッチしたレースでしたね(爆)。
テーマ:ひとりごと - ジャンル:車・バイク
Diary    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2007.06.25 Mon
最近、車の雑誌を見ていると、通販のページとかにやたらと目にするアイテムがあります。

その名も・・・

















Ritz Pure Point



なんてシンプルなデザイン!
見ているだけでプラセボ効果が発揮されそうな怪しいダイヤル!
そのクセ異常に高いお値段!!


このアイテムの原理をメーカーに言わせると、こういうことらしい。

「自動車の車体には、わずかに電気が滞留する。この車体に滞留する電気は、鋼板の継ぎ目が障害となって不特定の方向に向かう“迷走電流”となり、振動やノイズの原因となる。「リッツピュアポイント」は、カーボンと金属の組み合わせによる電流除去の作用を利用して車体の迷走電流を除去、車室内の音の伝わりを改善する。 これにより車室内音響機器の再生性能を向上出来る。そのほか迷走電流を除去することで振動を抑制し、緩衝機器類の振動を低減することで滑らかな走行が可能となる。」


具体的な効果は、

・素直な発進、滑らかな走行
・よく動く足回りと制動感の向上
・ロードノイズ、アイドリング振動の減少
・排ガスの清浄化、燃費効率の向上
・オーディオの音質向上
・騒音による閉塞感、圧迫感の減少
・会話がしやすい車内空間
・ノイズの軽減で上質なドライビングフィールの向上










ま、効果の方は使った事ないので、とやかく言う事はしませんが、
ちょっとした疑問が・・・



なぜドアポケットにつけるの?もっと効果が出そうな所いっぱいあるのに・・・。
それと、「感性工学を追求した・・・」ってのは、やっぱり値段の事かねぇ?
「こんだけ高けりゃ、効果あるんだろう」みたいなプラセボ効果には充分な金額設定だと思うよ(爆)。
テーマ:パーツ - ジャンル:車・バイク
Diary    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2007.06.24 Sun
この週末はただひたすらMacの前に座ってました(溜息)。

昨日は先日行われたカートの耐久レース時のムービーの編集。
今回は耐久レースの他に、1人ずつコースインしてのタイムアタックも実施してるので、
編集するムービーが倍になってます。
結局、この2種類のムービーを昨日の朝から編集し出して、
終わったのが日付が変わった夜中の1時。
iMovieの機能をこれほどフル活用している人もそういないのではないかと、
最近思ったりします。
最近ではiMovieではこちらの要求するエフェクトについて来れない事もあるので、グレードアップしてFinal Cut Expressでも買った方が良いのではないかと思ったりしない事もないのですが、
買ったら買ったで泥沼化しそうな気もするので、なるべくこれ以上深く関わらないようにしたいと思ってます。

今日は、編集したタイムアタックのムービーを個人毎にバラして、
それぞれQT形式にしてカートの方のサイトにアップしました。
関係者の方はご覧下さい。
ただし、こちらは結構手抜きです(笑)。
テーマ:日記 - ジャンル:日記
Diary    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2007.06.22 Fri
仕事柄、手土産と称して菓子折りを持参する事が結構あります。
折角持って行くものですから、やっぱり喜んでもらえるものをと思っています。
デパ地下に入ってるようなメジャーな店のメジャーな菓子でも良いのですが、
それではあまりにも芸がないので、あまり知られていないような、知る人ぞ知る名品を持って行く事も多いです。そんな時、次回の訪問時に「美味しかった」とか「どこのお店なの?」とか訊かれると、ホントに嬉しくなります。
そんなわけで、お菓子については結構アンテナを張ってます。
相手に持参する前には、必ず自分で購入して味見をします。
どんな店なのか、どんな菓子なのか、それなりにウンチクも調べておきます。
結構、勉強熱心なのです(笑)。
この手の知識は、仕事以外(かみさんの実家に行く時とかね)でも充分に使えるので、進んで吸収するようにしています。


先日、仕事中に聞いていたラジオ番組(NHK FM)に、県内の行徳、妙典に店舗を持っている「菓匠 京山」の店主がインタビューを受けていました。
何でも常時10人以上のお弟子さんを抱える方だそうで、明治神宮で行われる「全国菓道敬神会」で「練りきりの技」(明治天皇、昭憲皇太后へ奉献する銘菓を神殿前で作るという儀式)を行うなど、和菓子界では大変有名な方だとか。
その番組中、京山の「武蔵鍔(むさしつば)」という最中を紹介していました。
普通の最中は、餡の水分を最中の皮が吸ってしまう為、シットリとした食感になってしまいます。京山の最中「武蔵鍔」は、餡と皮が別々になっており、食べる時に一方の皮に餡を盛り、他方の皮を被せるというようになっており、餡の水分が皮に浸透しない為、パリパリなんだとか。
しかも、通常の最中では皮への浸透を防ぐ為、水分の少ない甘ったるい餡になるそうですが、この最中ではその必要がない為、素材本来のさっぱりとした甘さの餡が特徴なんだとか。


この番組を訊いていた僕、とっても気になったので、17日、カートの耐久レースをした帰りに買いに行ってきました。
餡には全部で3種類があって、粒餡、漉し餡+栗、漉し餡+白小豆が缶に入っています。


0706222.jpg



これに6個分の最中の皮がついて、値段はそれぞれ1,155円。
店の方に訊いたら、一般には粒餡と漉し餡+栗が人気があり、白小豆のやつは和菓子通の方に人気だとか。
そこで、とりあえず粒餡と漉し餡+栗の2種類を購入。
常温で1ヶ月保つというのも、とても嬉しいです。


買った当日に粒餡を食べ、本日残った栗入りのヤツを食べました。
初めて食べた時は、ホントに感動しました。


これは最中の常識を覆す一品です。



0706221.jpg



これと熱いお茶があれば、それだけで幸せ。
テーマ:日記 - ジャンル:日記
Diary    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2007.06.21 Thu
昨日のブログに書いた、BASTARDのカバー絵について、
店長むらまつさんからコメントを頂きましたが、
ダークシュナイダーの手はズバリ、MOTORHEADのアルバム「IRON FIST」のジャケでした。
折角なので、ジャケを貼っておきます。

0706211.jpg





さて、日テレG+でのダイジェスト放映が決定している今年のル・マン24Hです。
相変わらずサイトの情報は更新されておらず、昨年のままですが、日程の方は7/22(日)と7/29(日)に決定したようです。まだまだ1ヶ月も先の話ですが、見逃さないように注意しましょう。

そのル・マン24Hですが、Sports-Car Racingのサイトに寄ると、どうやら2010年からはシルエットフォーミュラのクラスが設定されるらしい。で、どうやらそれを要請したのが日産とGMのようです。

うひょ~!こりゃたまらんわい。


たまらんと言えば、先日リンドバーグで購入した旧DTMのDVDが届きました。
'88年から'94年までの旧DTMが1年ずつDVD化されて販売されてますが、1枚5,880円と高価なので、流石に全ては購入できませんでした。で、買ったのは'91年と'94年の2枚。
アウディやBMWが頑張ってた'91年の映像と、アルファロメオの2年目で、メルセデスとのガチンコバトルが楽しい'94年。
どうやら購入手続きを踏んだ後で輸入されるらしく、手元に届くまで1ヶ月かかりました。
PAL方式なので自宅のDVDプレイヤーでは観ることができませんが、Mac上で観ています。
当然ドイツ語で、英語の字幕もありませんので、手元に届くまでは「どうかなぁ・・・」と思ってたんですが、意外と大丈夫なもんです。レースですから、解説がなくても映像観てるだけでも充分に分かるし、楽しめます。問題はインタビューがチンプンカンプンな事かな(苦笑)。
2007.06.20 Wed
ごそごそと本を購入。5冊で10,000円程。

もともとはCGのスポーツカープロファイルシリーズの第3弾、
フェラーリ P/P2/P3/P4 DINO/LM 512S/M 312P/PB」の購入目的で本屋に寄ったんですが、その他に新刊のノベルズを3冊、あとマンガを1冊。

「スポーツカー~」は、第2弾の「フォードGT40」のあとがきで、「次回はみなさんの想像通り・・・」的な発言をしていたので、予想はしていましたが、やっぱりその通りになりました。
何を隠そう、この年代のフェラーリのモデルは1つも持っていない僕ですが、どちらかというとディーノみたいなグラマラスな車が好きなので、おそらく直線基調の312系は買わないでしょう。



さて、今回買ったマンガは、もう20年も前の作品。
当時週刊少年ジャンプで連載されていて、現在はウルトラジャンプで不定期に連載されている「BASTARD!! 暗黒の破壊神」の愛蔵版4巻。いわゆる「剣と魔法モノ」です。
連載当初から、キャラクターの名前や呪文がHR/HMのバンド名やアーディスト名を元に作られており、呪文やキャラの力関係が、そのままHR/HM界でのアーティストの力関係を象徴していたりして、そーゆー点からも楽しんでいました。
ちなみに、今回の愛蔵版のカバー絵は、RAINBOWの'82年発表のアルバム「STRAIGHT BETWEEN THE EYES」のジャケットのパクリでした(笑)。


0706202.jpg




0706201.jpg



「STRAIGHT BETWEEN THE EYES」は、「眉間を貫く程の衝撃」という意味です。
テーマ:日記 - ジャンル:日記
Books    Comment(2)  TrackBack(0)   Top↑
2007.06.19 Tue
ちょっとばかし忙しいので、手短にアップ。
そんな時の為に、撮りだめしておいた「本家に載らないモデルたち」です。


HIGH SPEED 1/43  '96 PORSCHE 911 GT1 #25


0706141.jpg



先日こちらにアップしたSTW仕様のBMW 320iは現行のHIGH SPEEDの商品でしたが、
こちらは過去に販売されていたHIGH SPEED。
同じ1/43のダイキャスト製ですが、こちらはプルバック式です。
パッケージは紙製で台座も紙製。
現行のHIGH SPEEDと違い、結構重量感があって良いモデルです。
911 GT1の特徴的なカラーリングもタンポ印刷で再現されています。
これで値段は450円!!

ちなみに、ミニチャンプス製のモデルはこちら。

97911gt1_fiagt-1.jpg


これはFIA GT仕様なので、カラーリングに若干の違いがありますが、
コレを見て頂ければ、充分HIGH SPEEDのクオリティの高さが分かって頂けるかと・・・。
次回は、おそらく最高傑作だろうと思われるHIGH SPEEDのご紹介です。
テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク
Miniature-car    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2007.06.18 Mon
ル・マン、終わりましたね。

非常に荒れた展開でしたが、優勝は結局アウディで、4年連続。
それでも5台のディーゼル車の内、生き残ったのはアウディとプジョーのそれぞれ1台だけ。
ガソリン車のペスカロロが3位に入った事で、表彰台をメーカー、ディーゼル車で独占される事だけは免れました。
ここ数年とはちょっと様子が違ったのは確かなようです。
個人的には1スティント辺りの周回数がガソリン車とディーゼル車で変わらずに13周だったのが、好印象でした。ディーゼル車の燃料タンクの容量を昨年よりも10%小さくしたのが上手くいきましたね。
それでもラップタイムにはまだまだ差がありますし、ディーゼル車はガソリン車と較べて100馬力も高いと言われてますから、今後はその辺をどうするかがポイントになるんでしょう。
また、今回ディーゼル車を投入したアウディとプジョーも、2010年からはメーカーは屋根付き車でしか参戦できなくなりますから、今回屋根付きで参加したプジョーはデータを共有できて良いのでしょうが、アウディが今後どうするかがポイントです。ポルシェみたいに、R10をプライベーターに払い下げしたりするととても面白い事になるんでしょうが、自分が屋根付きの開発で辛い時に、わざわざプライベーターに塩を送るようなマネもしないか・・・。



さて、昨日は社内のクラブの連中とカートの1時間耐久レースでした。
優勝はしましたが、ついに後輩にファステストを奪われました(苦笑)。
ま、この耐久レースも8回目。下が伸びてくるのは良い事なので、構わないんですがね。
そんな事よりも今回浮き彫りになった問題は、自分の体力が明らかに落ちている事です。
7/1にはオートパラダイス御殿場で開催されるDHG Challenge Cupに出場する事になってます。
あそこのコースは体力的には普段我々が走ってる所よりもだいぶ楽そうですが、ちょっと心配になってきました。
だいじょぶか、俺!?
2007.06.16 Sat
今朝、朝食のスクランブルエッグを作ろうと、かみさんが卵を割りました。
黄身と白身をボールに移し、殻を捨てようとしたその時、
殻の内側に何かが生えているのを発見

















0706171.jpg









!?
















0706172.jpg





ブロッコリー!?
テーマ:日記 - ジャンル:日記
Diary    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2007.06.14 Thu
いよいよル・マンの予選が始まりました。

王者アウディに挑む、13年振りに帰ってきたプジョー。
トップカテゴリーのLMP1クラスですが、どちらもディーゼルエンジン。
他のLMP1クラスのガソリン車に較べて、大分レギュレーション上で優遇されてる(去年程じゃないけど)ので、この2社5台のマシン(アウディR10×3台とプジョー908TDI FAP×2台)だけが、他のLMP1マシンと較べて別次元のタイムを出してます。
当然この5台が上位を独占していて、3分26~29秒台ですが、
6番時計のペスカロロは33秒台。童夢は8番手で35秒台です。
もう同じクラスとは言えないよね、これじゃあ・・・。
童夢のサイト見てると、明らかに「ガソリン車中でNo.1」を狙ってるみたいだし。
こうなったら上の5台が全部潰れてくれれば良いのに・・・(爆)。


さて、その予選ですが、どうやら寺田陽次郎センシュが乗るT2Mの童夢-マーダーの調子があんまり良くないみたいで、ちょっと気になりますね。もともとマシンの開発が遅れてて、ほとんどぶっつけ本番みたいな状態でしたが、それにしてもトラブルを抱え過ぎ。

それから、JLOCのムルシエラゴがかなり激しいクラッシュをしたみたいで、マシンの前後がイッちゃって、フレームも歪んでるらしい。別のマシンを現地で調達する方向で動こうとしてるみたいだけど、ACO的にはそれはあんまり宜しくないようで、下手すると決勝前にJLOCの今年のル・マンは終わってしまいそうな感じです。

そうそう、下田隼成が出る筈だったアリーナ・モータースポーツもエントリー取りやめだそうで・・・。

なんだか今年の日本勢は波乱含みですなぁ・・・。
今年のサルテ・サーキットは天候に恵まれていないようで、
どうやらレースも大荒れになりそうな雰囲気。


さてさて、どうなる?
2007.06.13 Wed
どうやら暑さにやられたらしく、あたまがグヮングヮンしています。

で、あんまりイロイロと考えたくないので、
今日はそんな時の為の「本家に載らないモデルたち その6」です。



1/43 HIGH SPEED BMW 320i STW

0706131.jpg



リアウィングが取れちゃってますが、気にしないで下さい(笑)。
確か数年前、サーキットにレースを観に行った時に、
子供へのお土産として購入したんだったと思います。
ちょうど現在のHIGH SPEEDシリーズが始まったばかりの頃だったと思います。
選択したのがSTWのBMWってのが、非常に僕らしくて◎。
イエガーマイスターはカッコいいやね。

ボディはダイキャスト製ですが、前後のバンパーはプラスチック。
シャシーと繋がってるサイドシル部分もプラスチックです。
スポンサーロゴはタンポ印刷を使用しているようですが、
ライトレンズにクリアパーツを使ってないので、かなりチープな印象を受けます。
値段が1,000円しませんので、ま、こんなもんでしょう。
車内のMTのシフトレバーの造形が、昔のエブロのモデルにソックリ(笑)。

今では台座+クリアケースで、コレクタブルアイテムっぽい販売をしているHIGH SPEEDですが、昔はそうじゃなかったんですよね。
後日、昔のHIGH SPEEDをご紹介しましょう。
あっちの方が、遥かにカッコいいモデルでした。
テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク
Miniature-car    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2007.06.12 Tue
る・まん、でれるって。よかったね。

でるといえば、だぶるてぃしーしーのぶるのせんに、
とよたがでるんだってね。
いんでぃぺんでんとくらすだから、かいぐるーぷだろうけど、
ばらえてぃがふえるのはいいことだよね。
ことしはいんでぃぺんでんとではしってたほんだがいなくなっちゃったし。
にっさんもてぃーだのすぽーつこんせぷとあたりで、しゅつじょうしないかねぇ。
2007.06.11 Mon
全く知らなかったのですが、漫画「SS-エスエス-」が映画化されるんですね。

連載開始当初は、イニシャルDの流行で雨後のタケノコのように出てきた(そうでもないか?)
近代自動車マンガの中の1つと思ってたんですが、
一度は夢破れたラリーのワークスドライバーの夢を、
オッサンになった主人公が再び追いかけるという東本昌平氏の原作マンガは、
ハッキリ言って、自動車マンガとしては異色の部類。華も爽快感もありません(爆)。
が!たぶんサラリーマンの中年オッサン達には共感できる部分があるのでは?と。



自分がそうじゃないとは言いません。



車好きの中では、ストーリー云々というよりも、
主人公のダイブツがドライブするのが、悲運のグループBマシン、
三菱スタリオンだというだけで充分でしょう、きっと。
当時は僕もスタリオンの走ってる姿が見たくてマンガを立ち読みしてましたし。


映画で主役を張るのが、哀川翔ってのが気になりますけどね。
カッコ良すぎない?
テーマ:日記 - ジャンル:日記
Books    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2007.06.10 Sun
昨日は夕方から接待の為お出かけ。
あまりにもかったるかったので、昨日は朝からずっとダラダラと過ごしました。
で、そのツケを払うかのように、本日は書類仕事。

それが一段落したので、夕方からウンチクを書き始めました。
ホントはシルエットクイズを出そうと思ってたんですが、
撮影した写真を間違えて捨ててしまったので、今回は無しで。

という訳で、ミニカーをアップしました。
'88年のル・マンを制したシルクカット・ジャガー、XJR-9です。

88xjr-9-1.jpg






88xjr-9-2.jpg



先日のブログに書いた、アンテナとワイパーが無くなってたジャンク品は、
このミニカーでした。
マセラティMC12が左ハンドルなのに対して、ジャガーXJR-9は右ハンドルなので、
ワイパー軸に対するワイパーブレードの取り付け位置が左右逆なのですが、
写真だと小さくて分かんないでしょ(笑)?


いつも通り、ウンチクは本家サイトのGarage 43から、トップのミニカーの写真をクリックして下さい。本家サイトのサイドメニュー「le mans → 1980~1989」からも飛べます。
テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク
Miniature-car    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2007.06.08 Fri
昨日の夜、MacのスピーカーからRAINBOWのSTARGAZERが流れていました。
'76年のドイツでのライブバージョンです。
それを聴いていたかみさんが言いました






















このゲームミュージックみたいの、何?











ぬゎにぃ(怒)!!!!!



<解説>
RAINBOWのSTARGAZER(スターゲイザー)とは、1976年に発表されたRAINBOWの2枚目のスタジオアルバム、「虹を翔ける覇者(RAINBOW RISING)」に収録されていた大作。RAINBOWの中でも最も素晴らしいラインナップと言われた「第1期」の中でも、名曲中の名曲。
特に、アルバム収録時の次曲「A Light In The Black」とは組曲形式になっており、この2曲を併せてRAINBOW最高の楽曲との呼び名が高く、様式美型HRの完成型として評価されている。







全国のRAINBOWファンの同士の皆様、
我妻の失言を御許し下さい。



キツく叱っときましたから!
テーマ:日記 - ジャンル:日記
Music    Comment(4)  TrackBack(0)   Top↑
2007.06.07 Thu
今月号のRacing onは、JTCCの特集を始め、DTMとS-GTの比較とか、
GT300ネタとか、WTCCとか、個人的にとっても面白い内容でした。
たまたま先日本家サイトにアップしたメルセデスの190Eクラス1の資料を漁っている時に、
クラス2規定についても改めて調べた所だったので、
このJTCCネタは非常にタイムリーでした。

それにしても、エクシヴ、好きだったなぁ・・・。
親が車買う時に薦めたもんなぁ、エクシヴ。
セダンとは思えない流麗なスタイリングで、
内装もセンターコンソールの処理とか、セダンっぽくなかったですよね。
アレ、モデル化しませんかねぇ、絶対買うんだけどなぁ・・・。

で、そのRacing onのJTCCの特集の最後のページに、SSCCが紹介されてました。
メーカー間の過当競争が原因でJTCCが消滅した後、それに替わるカテゴリーとして'99年からスタートする予定だったSSCC(スーパーシルエットカー選手権)。残念ながらエントラントが集まらなかった為、企画(とデモカーの制作)だけで消滅してしまったカテゴリーです。
パイプフレームのシャシーに市販車の雰囲気を持ったカウルを被せ、開発コストを減らす為、デフやミッションは指定部品。コレに搭載されるのは3リッターV6ツインターボエンジンで、出力はおよそ400馬力程。


当時はAUTOSPORTS誌を読みながら、「面白そうなのが始まるなぁ・・・」と思ってたんですが、
しばらくしたら「企画倒れかぁ・・・」となってしまい、デモカーのチェイサーの写真を見ながら、「結構カッコいいのに・・・」と、残念な思いをしていたのを覚えています。
今回改めて、このSSCCのスペックを見ていて、フと気がつきました。



現行DTMになんて似ている事か!!


指定部品の導入や、フレームにカウルを被せたマシンとか、基本的な考え方がソックリです。
エンジン形式は違うけど、パワーは同じようなもんだしね。
現行DTMが始まったのが'00年。
SSCCが企画されていたのが'99年ですから、もしSSCCがちゃんと始まっていたら、
現在のDTMみたいに面白いカテゴリーになったんじゃないでしょうか!?
なんだかすっごく惜しい気がしてきました。
当時はメーカーの目がJGTCに向けられてしまった為、企画倒れになってしまいましたが、
JGTCがS-GTになって、GT500クラスの歯止めが効かない現状を見ていると、
指定部品制度を導入して、そこそこの馬力だったSSCCの方が良かったのではないかと、
今回のRacing onを読んでいて、そんな事を思いました。


S-GTとDTMを比較するなんていう記事が同時に掲載されてるもんだから、
色々な事を考えてしまいましたよ。
2007.06.06 Wed
某オクで落札したミニカーが届く。

ハコ無しで、スタート価格が安かった事もあり、
最近の相場よりもかなり安く落札することができました。
僕、どうせ「紙箱要らない派」だから。


ところが、届いた商品を見ていたら、アンテナが欠落しているのを発見。
「ま、自作すれば良いか・・・」と思ってたんですが、
さらによく見ると、ワイパーが根元から折れて欠落しているのを続けて発見。
しかも、今改めて見たら、右のミラーが折れて曲がってました・・・(涙)。
こうなってくると、ジャンク品のような気がします。
本来なら出品者に文句の一つも言いたい所ですが、
「写真で判断して下さい」ってことだったのに、写真で気がつかなかった僕が悪いのです。
例え、「その写真じゃワカンネェよ!」と思っても、
それを質問しなかった僕が悪いのです。


というわけで、アンテナはテキトウにワイヤー使って作れば良いし、
ミラーは修正できたので良いのですが、ワイパーだけはどうしようもありません。
安くて邪魔なデル・プラドから移植しようと思ったんですが、
流石廉価モデルのデル・プラド!ワイパーなんて再現されてませんでした(爆)。
さて、どうしようかと思ったんですが、
我が家には現在、ダブって手に入れてしまったマセラティMC12がある事を思い出しました。
イクソ通常版を予約していたら、イクソ製のヴィータフォン名義のモデルが先に発売されて、しかもその後、通常版がなかなか発売されなかったので、通常版の発売に見切りをつけて、安くなっていたヴィータフォン名義のモデルを某オクで手に入れたのです。
それがこちらなんですが、その後最近になって通常版が発売されちゃったから、さぁ大変!今更キャンセルができなかったので、仕方なく購入。
ま、そのうち某オクにでも流すか・・・と思ってたんですが、妙に相場が安くて、イマイチ出品する気になれず、保管されていた商品です。

アンテナのサイズも、ワイパーのサイズもちょうど良い感じだったので、
このイクソ通常品から移植する事にしました。

最近のイクソ製モデルは、幼児がイタズラしてネジを外さないように、
通常の+-ではない、最近ヨーロッパで使われている三角形のネジ山のものが使われています。


0706062.jpg



このネジを外す為には、通常三角形のドライバーが必要になるんですが、
僕はそんなもの持ってないので、ラジオペンチを流用します。
と言っても、ラジオペンチでネジの頭を挟んで回すのではなく、
ラジオペンチの片側の先端をネジ山に差し込んで回すだけ。
ラジオペンチの先端は、三角形に近い半円形なので、コレを使うと三角ネジを回せるんです。
ネジ山もほとんど痛めません(マネする場合には、個人の責任でお願いします)。

0706063.jpg



で、バラしたのがこちら。


0706061.jpg


ワイパーを外す際にフロントウィンドウを取る必要があって、
力任せにやったらウィンドウが割れてしまいました(爆)が、無事に移植は成功。
実は、ワイパーの形状が実際とは異なってしまうのですが、ま、良いです。


さて、手に入れたのが一体何のミニカーなのかは、
後日のシルエットクイズをお楽しみに。
テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク
Miniature-car    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2007.06.05 Tue
はるまきさんのブログをチェックしてたら、
なんと今年のル・マン24hのダイジェストを、
去年同様日テレG+が放送してくれる事を知りました。
去年の映像をチェックしたら90分番組だったので、おそらく今年もそうなるんでしょう。
3時間番組くらいにならんかねぇ・・・。

地上波のTVでは、ほとんどモータースポーツに関する番組は期待できませんので、
必然的にスカパー頼みという事になるんですが、
J SPORTS(1、2、3)とスポーツアイESPNが合併して以来、ちょっと困ったことになってます。
まず第1に、それまでGT選手権くらいしか放送してなかったJ SPORTS、
そしてDTMやLMS、WRCといった番組を放送していたESPNが合併した結果、
それぞれの番組が、この4つのチャンネルに分散されてしまい、
それぞれのチャンネルで初回放送、再放送が行われているんです。
番組予約をする時、ガイドブックが欠かせません。
毎月毎月、初回放送するチャンネルが違うんだもん。

さらに2番目の問題として、J SPORTSで放送されている野球が延長されると、
その後に放送される予定だったモータースポーツの放送時間が変更になってしまい、
撮り直しをする必要が出てきます。
スポーツアイESPNで放送されてた時は、こんな事無かったんですけどねぇ・・・。
先月は野球の後にDTMとWRCが続いてる時があって、延長した野球の所為でどちらも録画に失敗しました。あん時はほんとに腹が立ちました。

J SPORTSは、パック料金を値上げするし、どうやらスポーツの生放送番組を拡大する方向のようだし、今後は益々モータースポーツにとって辛い状態になりそうです。
今年はWRCのスーパーSSの生中継をやって頑張ってくれてるJ SPORTSですが、
現在J SPORTSが持ってるWRCの放映権は、今年一杯で無くなるらしいんですよね。
来年以降の放送をどのチャンネルが行うのか、
っていうか、人気のないWRCの放送が国内で継続されるのかも微妙な状況だと思うのですが、
これらを解決する素晴らしいアイデアを思いつきました。




モータースポーツ専用チャンネル作りません?



S-GT、WRC、PWRC、DTM、Le Mans、WTCC、M4、INDY、F1、GP2、NASCAR、Moto GP、SUPER BIKE、スーパークロス、モトクロス、モトバトル、インドアトライアル・・・

もう、全部1カ所でやっちゃいましょう!
多少金額が高くても、絶対加入しますから!!



そうでもしないと、どんどん迫害されそうだし、モータースポーツ・・・(涙)。
2007.06.04 Mon
日産・ニスモを応援するファンクラブ「Club NISMO」。
その会報誌「N-BLOOD No.35」が届きました。
日産・ニスモに関係のあるモータースポーツ、コンプリートカー等の話題が満載で、
毎号およそ40ページ程のオールカラーの冊子です。
クラブ員限定の前売りチケット(大して安くなんない)の販売もあったりしますが、
今回封筒の中に、冊子とは別のものがいくつか・・・


FUJI GT500km RACE Fairlady Z 1-2 Finish記念ステッカー


1-2フィニッシュ記念ポスター(会員限定200枚)および1-2フィニッシュ記念Tシャツ(限定150枚)販売のお知らせ





そんなに嬉しかったのか!?




ま、確かに1-2フィニッシュは素直に嬉しかったけど、
「上が潰れたから」感が拭えない展開だったし、
「上が潰れた時に優勝を狙えるポジションにいる事が大事」なんて聞こえが良いけど、
神頼み的、消極的な発想で、やってる事はSAF1と大して変わらんし・・・








あの1-2フィニッシュで、そこまで盛り上がるのか!?
2007.06.03 Sun
いよいよ今月16、17日は、ル・マン24時間レースです。
その伝統のレースが開催されている頃、僕は僕で、カートの1時間耐久レースを闘います。
だって、テレビ放映ないし・・・(涙)。


さて、ル・マン24hと言えば、寺田陽次郎氏。
過去27回ル・マン24hに参戦し続け、現在はル・マン24hを統括するACOの理事にまでなった、世界の「ミスター・ル・マン」です。
その寺田陽次郎氏の今年のル・マン参戦がピンチだと言う事は、
氏のブログを見て知っていましたが、
今日、Sports-Car Racingの公式サイト上に流れたニュースによると、
どうやらT2Mが走らせる童夢-マーダーのP2仕様のS101のテストをするらしい。
本戦で乗ると考えて良いんでしょうか?
まだまだできたばっかりで、テストも足りませんから大変でしょうが、
もし乗れるなら、ここ最近乗ったマシンの中では一番面白くなるんじゃない?


<以下追記>

本日午前中に、寺田陽次郎氏のブログが更新され、
正式にT2Mからのエントリーが発表されました。

頑張れ!ミスター・ル・マン!!
2007.06.02 Sat
誰かさんが新しいMacを買って楽しそうな中、
僕はと言えば、仕事から遠く離れて、現実逃避が続いています(爆)。
そんなわけで、ミニカーをアップしました。

'93年のDTM、チャンピオンとしてアルファロメオの前に立ちはだかる為、
突貫で作り上げたマシンで参戦し、見事に返り討ちにあったメルセデス。
'93年から導入された新クラス1規定対応の190E クラス1です。


93190e_k1-1.jpg




93190e_k1-2.jpg




2000年のオリンピックをベルリンへ招致する為の企画として、ドイツの著名人にサインしてもらった「ベルリン2000」というカラーリングが特徴ですが、その招致も失敗に終わり、シドニーに奪われてしまいました。シリーズタイトルもオリンピック会場もどちらも奪われたガックリマシ~ンです(笑)。


いつも通り、ウンチクは本家サイトのGarage 43から、トップのミニカーの写真をクリックして下さい。本家サイトのサイドメニュー「dtm → 1984~1996」からも飛べます。
テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク
Miniature-car    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2007.06.01 Fri
さっきまで仕事をしていた筈なんですが、現実逃避です(爆)。


この土日中にアップしたいと思ってる、手持ちのミニカーが1台。
今回のシルエットクイズはこちらのマシンです。


0706011.gif




かみさんにナイショでDVDプレイヤーで見ることができない、
ドイツ語のDVDを買ったら、呆れられました(涙)。
良いじゃんねぇ、これを機にドイツ語の勉強をすると思えば・・・。
テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク
Miniature-car    Comment(2)  TrackBack(0)   Top↑
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。