DiaryBooksCameraCarEventMiniature-carMotor SportsMusicN-gaugeOutdoorInfomation
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.09.28 Wed
今年はル・マン24hでマツダの787Bが優勝して20年。
そんな訳で、6月に開催されたル・マンではリストアされた787Bがデモランして、
さらに当時脱水症状により表彰台に上がれなかったラストドライバーのジョニー・ハーバートを、表彰台に上げるという粋な計らいがあって話題になりました。



今年の夏はCG誌やRacing onでも787Bの特集が組まれたりしたので、ご覧になった方も多いでしょう。

そんな787Bを特集したRacing on 454号(8/1発売)の中に、1冊の本の紹介がありました。
「NEVER STOP CHALLENGING !」というタイトルの本がそれ。
かつてマツダと契約していたレーシングドライバーで、現在はモータージャーナリストのピエール・デュドネが執筆した、未発表資料を多く含んだ351ページ(英語版)の豪華な本で、ファンにとっては是非押さえておきたい書籍。
記事の中には、530ページ、重さ3kgにもなる日本語版(予価14,000円前後、限定500冊)が8月下旬移行に発売が開始される予定で、近日中に予約が開始されるとの記載がありました。
その記事を見て以来、毎日のようにMZRacingのサイトをチェックしていたんですが、発売(予約)が諸事情によって延びていました。
MZRacingのサイトで、この書籍に関する情報のメール配信を希望しておくと、毎週のように状況が配信されるというので、登録して情報を待っていたんですが、9/12の配信で円高の影響により価格を下げる(11,550円)事になったという有り難い連絡が入ったものの、未だ発売日が決定しないという状況でした。
その10日後の9/22に「9/30から発売(予約)を開始する」というプレスリリースが行われ、「おいおい、限定500冊なんだから、あんまり宣伝しないでくれ!ロータリーファンはマニアックなんだから絶対買うだろうし、下手したら自分が買えなくなるじゃないか」と思ったんですが、そのプレスリリース発行を知らせるメールに「メール登録している人は、正式予約受付開始の2日前から予約できるよ」という何とも有り難いインフォメーションが。

で、昨晩、予約開始のメールが配信された為、帰宅後に早速ポチッ。
僕が購入した時点で残り390冊程でしたが、無事に予約をすることができました。
実際に書籍が届くのは10月末~11月になりますが、今から楽しみです。
スポンサーサイト
2011.09.11 Sun
ミニカーをアップしました。

'08年のニュル24hに出場したH-H. フレンツェンのマシン。
グンペルト・アポロをベースにしたハイブリッドカー、HHF ハイブリッドコンセプトの11号車です。


08hhf-1.jpg


08hhf-2.jpg


ウンチクは本家サイトのGarage 43から、トップのミニカーの写真をクリックして下さい。本家サイトのサイドメニュー「Others → 2000~2009」からも飛べます。


グンペルト・アポロ、HHFハイブリッドコンセプトについて、国内でここまで情報を纏めたサイトは無いと思います。いやぁ、調べるの時間かかったかかった・・・。
テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク
Miniature-car    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2011.09.07 Wed
先日の土曜日は、カートのレースが無くなって、ぽっかりスケジュールが空いてしまいましたが、
その後突然思い立って、ディズニーシーへ。
元々TDRはGW明けや9月は空く傾向にある(近隣ホテルの支配人談)ので、狙い目ではあるのですが、今回は「台風だから」という事に加え、ちょうど翌日曜日から10周年のイベントやハロウィンが始まるって事で、前日の土曜日は空いてるんでは?と予想した次第。
ネットで調べたら特に中止してるアトラクションも無さそうだし、外を見る限りではなんだかもう雨降らなそう。
という訳で、16時頃に思い立って、17時にはディズニーシーに居りました。道路ガラガラ(笑)。

普段ならとんでもない待ち時間なんでしょうが、人気アトラクションが5分~15分待ちで乗れちゃうような空き具合で、閉園までしっかりと満喫してきました。


さて、タイトルのお話。

モータースポーツ関係のDVDは結構色々と持ってるんですが、
今回待ちに待ったDVDが手元に届きました。

11090701.jpg


GTビッグバトルの閃光 FIA GT選手権 1997」です。

まぁ、待ちに待ったっていうか、
発売するのは知ってたんですが、購入するのを忘れてただけなんですが(爆)。

数年前から80年代以降のモータースポーツ関係のDVDの発売がやたらと充実し出して、
最初はラリー関係のGr.BやGr.A辺りのものが発売されてたんですが、
そのうち旧DTMやGr.CカーによるレースのDVDが販売され出して、
ちょっと前には80年代のWECがごそっと発売になりました。
ホント、近年のレースのDVD化は、
なんかもう、「どっかの倉庫に保管されてたお宝映像をたまたま見つけちゃったから、どどーんと発売しますよ~」みたいな感じで、ファンにとっては大変喜ばしい事だったんですが、
そうなってくると、まだ映像がDVD化されてないビッグレースって、90年代後半のFIA GTくらいだなぁ・・・なんて思ってまして、「GTの定義云々」とか、色々と言いたい事ある人はいるんでしょうが、アレはアレで非常に面白いシリーズでしたから、是非DVD化を期待していたわけです。
で、それが遂に発売されました。

これから早速観ます!!

あ、1998年の発売も宜しくね、euro picturesさん!!
2011.09.03 Sat
ブログアップしようとしたら、突然Macがカーネルパニックを起こしたので、泣く泣く書き直し(涙)。

本日はカートのレースがあった筈なんですが、台風の影響で中止になりまして、
スケジュールがポッカリと空いてしまいました。
まぁ、家で仕事すれば良いのですが、それも何だか勿体ない。
さて、本日はどうやって過ごしましょうか?

午前中は、子供部屋の蛍光灯の交換。
管を交換したんじゃなくて、蛍光灯本体の交換です。
我が家は設計が古いので、従来のついてた蛍光灯は天井の石膏ボードに直接ネジ止めされていました。
最近みたいなカセット式ではないのです。
しかも、調べてみると梁の無い位置にアンカーも使わずに直接石膏ボードにネジ止めしているという、
普通ならやってはいけない事をしています。
どうしてこんな事になってるのでしょう?明らかに設計/施工ミスです。
まぁ、30年近く前の話だし、設計図こそ残ってるものの、設計者も父も祖父も他界しているので、建てた時の事は何も分かりません。その時、僕小学生だし。

で、今回どうしようか悩んだんですが、
まずは石膏ボードにアンカーを打ち込んで取り付けてみる事にしました。
経年変化で石膏ボードがグズグズなので、アンカー入れるのに結構苦労しましたが、
取り敢えず何とかなりまして、配線も加工して、新しい蛍光灯の取り付けが無事に終了しました。
えっ、電気工事の免許? 何ですか、それ(爆)!?


作業終了後、リビングで一休みしていると、長男(6歳)が
「お父さんの持ってるミニカーで、一番多い自動車メーカーは何?僕はアウディだと思うんだけど・・・」と。
しばし考えた後、「いや、日産だと思うよ」と、僕。
んじゃ、数えてみましょうか!!となりました。
まずは本家サイトにアップ済みのミニカーを、カテゴリー別にメーカーをリストアップ。
その後、未アップのミニカーも同様にリストアップして、エクセルで集計。
結果は、写真のようになりました。


110903ミニカー集計




やはり、僕の予想した通り、最も多いのは日産でした。各カテゴリに満遍なく参加してて、さらにそれぞれのマシンに後に語られるエピソードが豊富。僕自身日産党だし。
2位はトヨタ。日産と較べてラリーかーが多いけど、Othersの部分が少ないのが2位になった理由と言えます。
そして、3位に長男が予想していたアウディとポルシェが同数で入りました。
アウディは'90年代後半以降のル・マンとDTMで数を稼いでいますが、ポルシェはとにかくル・マンが多くて、全メーカー中最多の17台でした!!やっぱりポルシェと言えばル・マン、ル・マンと言えばポルシェですねぇ。遂にトップカテゴリに帰ってくる事が発表されましたから、ホントに楽しみ。

さて、今回集計していて一番ビックリしたのは、いつの間にかミニカーの台数が300台を超えていた事。
先日自宅に届いたAMADA日産のR85Vが301台目のようですが、記念すべき300台目って何だったんだろう・・・?
テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク
Miniature-car    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。