DiaryBooksCameraCarEventMiniature-carMotor SportsMusicN-gaugeOutdoorInfomation
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.06.23 Fri
「SPORTSCAR PROFILE SERIES 1 PORSCHE 906 910 907 908 917(檜垣和夫 著 二玄社)」を購入。20年前からCG(カーグラフィック)誌で連載されている「スポーツカー・プロファイル」を車種毎に纏めて単行本化した第一弾です。


porschejpg.jpg



タイトルの通り、ポルシェ906、910、907、908、917という、フェルディナント・ピエヒが技術陣のトップにいた頃のマシンをCG誌で特集していたものを、加筆・修正したものです。
およそ250ページの中に、かなりの写真が掲載されており、それぞれのマシンの解説はもとより、レースでの戦績まできちんと網羅している良書です。3,200円という値段が高いか安いかは正直微妙な所ですが、当時を知る資料としては非常に良質だと思います。どんどん色んなマシンの本を出して欲しいですね。

ところで、この本をペラペラと捲っていて、ある事に気がつきました。

以前、本家サイトでも紹介した'71年のル・マンに参戦したポルシェ917LHですが、

71917l-1.jpg


このミニカーは言ってみれば再発品でした。
以前はポルシェのディーラーものとして発売されたのですが、実はこの2台はノーズ開口部のカラーリングが違います。
上の写真では黒いんですが、以前発売されたものはボディと同色のシルバーに塗られていました。
で、このミニカーが再発された時に、「どっちが正しいんだ?」という疑問が出てきた訳ですが、今回購入した本に掲載されている写真を見る限りでは、再発されたバージョン(開口部が黒)が正しいようです。
同じくディーラーものとして以前発売されたものに、935モビーディックがありますが、あれもゼッケンが「1」で、後日再発されたル・マンに出場した「43」とは異なりました。

78935mobydick-1.jpg


モビーディックのゼッケン1は、ポルシェミュージアムに展示されている仕様ですので、もしかしたら以前発売された917LHの銀口バージョンもポルシェ・ミュージアムの仕様なのかもしれません。
テーマ:この本買いました - ジャンル:本・雑誌
Books    Comment(2)  TrackBack(0)   Top↑
AR1
「935モビーディック」
強烈にLed Zeppelinのジョン・ボーナムのソロプレイを思い出しました(笑)

それにしても、Car Graphicの記事で935のエンジンルームを見て、凄い排気系の取り回しですね。
特にターボ周りが。
2006.06.24 Sat 18:07 URL [ Edit ]
よっきゅん
凄い事になってますよね。
でも、それが良いんですよねぇ・・・。
まぁ、開発する側にしてみれば、複雑にならざるを得ないスペースの問題だとか、色々あるんでしょうが・・・。
ホントはシンプルなのが1番ですからね。

ポルシェに限らず、レーシングカーのエンジンルームは見てるとホレボレします。
それに引き換え最近の日本車は・・・。
2006.06.24 Sat 19:06 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://garage43.blog45.fc2.com/tb.php/125-1e054c91
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。