DiaryBooksCameraCarEventMiniature-carMotor SportsMusicN-gaugeOutdoorInfomation
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.09.28 Thu
モータースポーツジャパン レポ第五弾は、ル・マン関係、F1関係です。
今日の22:30から、J SPORTS ESPNのRev Limitの中で、この土日の様子が放映されるようです。

さてさて、ル・マン車輛を展示するブースが特別に作られていましたが、
展示車輛はちょっと寂しかったです。
デモラン車輛のR390GT1やTS010(土曜日は無かったけど)は他の所に展示されているからしょうがないとしても、チーム・ゴウのアウディR8やJLMCで展示されていたベントレーSPEED 8なんかが展示されていれば良かったんですけどね。
あとは、やっぱり'70年代、'80年代の車輛があったら、とっても良かったと思います。

まずは、ツインリンクもてぎにあるコレクションホール内に展示されているホンダNSX。
国さん、土屋圭市、飯田章の3名で'95年のル・マンGT2クラスに参戦した84号車です。
詳しくは、本家サイトのウンチクをどうぞ。

RIMG0050.jpg


次いでマツダの787B。'91年のル・マン優勝車輛です。
レギュレーション上、ロータリーエンジンが出場できる最後の年って事で、アドバイザーにジャッキー・イクスを迎えて、交渉の結果最低重量を優遇してもらう事に成功。結果として見事に有終の美を飾ることができました。
他エリアに展示してあった767Bと比べると、同じチャージカラーでも大分蛍光色が強いのがポイント。そうそう、余談ですがレナウンのチャージブランドって、まだあるんですよね(笑)。

RIMG0052.jpg


ロータリーエンジンがレシプロに比べて排気温度が高い事は前述しましたが、787Bではサイド排気のエキゾーストパイプに積極的にフレッシュエアを当てて、冷却効率を上げるようにデザインされてます。
787Bと言えば、昨年ミニカー業界に参入してきたhpiから、1/43モデルの発売がアナウンスされています、カウル内のR26Bエンジンや足廻りまできちんと再現されており、大変注目のアイテムです。カウルを装着した状態で、若干隙間が目立つのが気になりますが、発売が待ち遠しい一品です。

RIMG0054.jpg


こちらは日産のR85V。
'86年から本格参戦した日産のル・マン活動において、初めて投入されたCカーです。
この年は、本来R86Vの2台体制でル・マンに臨むはずだったのですが、テスト不足からR86Vと前年モデルのR85Vの2台体制でル・マンに臨む事になりました。
現地では「ジャポン・アタック」と呼ばれるくらい、日本勢が元気だったこの年ですが、日産本命のR86Vは64周でリタイヤ、そして写真のR85Vが16位完走を果たしました。

RIMG0056.jpg



さて、今度はガラッと変わってF1関係。
まずはトヨタのTF103。型式から'03モデルだってのは分かりますが、
誰が乗ってたのかも分かりません・・・(爆)

RIMG0091.jpg


こちらはキャメルカラーのロータス・ホンダ100T。
この写真を撮ってたら、近くで見てたカップルの女性が、「なんか黄色一色でカッコ悪い・・・」と言ってました。
とっても悲しい気分になりました。
そんなもんなの?一般的に・・・。

RIMG0092.jpg



で、こちらはマクラーレンのMP4/4。
この頃のマシンはホントカッコ良かったですね。
後ろに見えるのはウィリアムズ・ホンダのFW11ですが、上のロータスと合わせてこの3台はもてぎのコレクションホールに展示してあるヤツです。
もてぎに行く度にじっくり見てきたので、今回はサラッと流します。

RIMG0093.jpg

多くの写真ありがとうございます。展示車について家内がこんなことをいっていました。『日本のクルマばかりでつまらない』そういわれてみるとそうでした。LotusやMclarenもよく考えると日本のホンダエンジンです。わずかにPorsche962だけが日本と直接関係ないマシンだったかも知れません。しかも見にくいところにひっそりと置かれていました。そういう趣旨だったのでしょうか?
2006.09.28 Thu 22:34 URL [ Edit ]
よっきゅん
> 日本の車

確かに仰る通りですね。でも、今回のイベントは「MOTOR SPORT JAPAN」ですし、日本のモータースポーツを伝えるのが主旨ですから、致し方が無いのではないでしょうか?
「日本にはモータースポーツがある!」ってのが今回のイベントの謳い文句だったハズです。

シェルカラーのポルシェ962Cも確かに展示してありましたが、アレはポルシェワークスの車輛ではなくて、タイサン(千葉泰常)が所持しているヤツを、塗り替えたものですし。

そう言う意味では、徹底して「日本のモータースポーツ」でしたね。
2006.09.28 Thu 22:52 URL [ Edit ]
AR1
狭いスペースにギュウギュウ詰め状態で、初めて見た962だったのに写真を取れずじまいでした(泣)
嗚呼、また会う日まで、往年のレーシングカー……

> とっても悲しい気分になりました。

モーターショーやらに参戦すると、カップルに限って必ず一度は見かける光景ですよね。
ただ、昔にマクラーレン・F1のブースで、カップルの男性の方が「あれ、2シーターだよ!」と彼女に説明したところ、カップルの友人が「いや、3シーター」と即座に割って入ったのは笑えましたが(笑)
2006.09.29 Fri 20:48 URL [ Edit ]
よっきゅん
962CはJLMCのRd.2で展示されていた時の方が、まだスペースに余裕がありましたね。
個人的に、この手の展示で主催者側にお願いしたいのは、マシンの後ろ側からの撮影を出来るようにしてもらう事。
前からしか撮影できない事が多いですよね。
あと、ロープの類い、空いてる時には撮影時にお願いすれば外して頂ける場合もあるんですが、やっぱり邪魔です。

結構いますよね、間違った事教えちゃってる人。
聞こえてくると、ついつい訂正したくなっちゃいます。
まぁ、見ず知らずに人に訂正されるのってのは偉くプライドが傷つきますから、訂正しないですけどね。
まぁ、かく言う僕も間違えてる事結構あったりするんですが・・・。
メカニカルな事を間違えるってのはほとんどない(と思う)んですが、年代がね、思い出せないですね・・・(涙)。
2006.09.30 Sat 11:11 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://garage43.blog45.fc2.com/tb.php/183-e21a9976
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。