DiaryBooksCameraCarEventMiniature-carMotor SportsMusicN-gaugeOutdoorInfomation
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.09.30 Sat
昨日は研修。
そんなに疲れているとは認識してなかったんだけど、
帰宅後どうしようもない睡魔に教われ、20時に就寝(笑)。
都合13時間程眠りました(爆)。


さて、モータースポーツジャパン レポ、まだまだ引っ張る第六弾です。


今回は、場内に設置されていた色んなメーカーのブース等に展示されていた車輛の紹介。

まずはミニカーのエブロ(MMP)が出展していたブース。
今後発売予定のミニカーもいくつか展示してありましたが、
その横には'69年の日本GPに出場していたコニリオがありました。
ベースになるのはホンダのエスハチ(S800)。
mizuさんとあ~だこ~だ言いながら眺めていたら、
スタッフの方が「特別に乗っても良いよ」と仰って下さいました。
早速、ご好意に甘えて運転席へ。
ABCペダルが右側にオフセットされているのですが、それほど運転には影響ないように感じました。マシン自体も軽そうだし、軽量コンパクトで楽しそうな車でしたね。

RIMG0061.jpg


続いてホンダのブースにあった新旧F1マシン。
まずはRA272。'65年シーズンを闘った、ホンダ2代目のF1マシンで、メキシコGPでホンダF1初優勝を成し遂げました。以前、オートサロンではその優勝車輛、リッチー・ギンザーがドライブした11号車が展示されていましたが、今回展示されていたのは12号車。ロニー・バックナムがドライブした車輛です。既出のRA301ではそれほどでもないですが、この頃のマシンになると完璧な「葉巻型」ですね。

RIMG0069.jpg


こちらは最近のホンダF1マシン。
冗談ではなく、いつのものだか分かりません。誰が乗ってたのかも分かりません。
調べる気も起きません・・・。

RIMG0070.jpg



続いてJLMCのブースにあった、同レースを代表する3台のマシン。
まずは一ツ山レーシングの(不幸な)ザイテック05Sと、フェラーリ550マラネロ

RIMG0072.jpg


RIMG0073.jpg


そして、無限が走らせるクラージュLC70。
第2戦から参戦したけど、トラブルでほとんど走れなかった1台。
第2戦を観戦しに行った最大の目的はこのマシンを見る事だったのに、ほとんどマトモに走りませんでしたからねぇ・・・。
思わずスタッフの方に「Rd.3はマトモに走るんですか?」と訊いてしまいました(笑)。

JLMCに関しては凄く期待してるんですが、正直かなり存続が危ぶまれているレースでもあると思います。来年はエントラントが増えると仰っていましたが果たして・・・!?
そうそう、Rd.3にアストンマーチンDBR9が来るっていう噂がありますが、その件について尋ねた所、「噂があるのは知ってるが、ホントの所は全く分からない(決まっていない)」との事でした。

RIMG0071.jpg


こちらはスーパーGTを紹介するブースに展示してあった懐かしいマシン。
カストロール・トムス・スープラ。
やっぱり36号車はカストロールカラーがよく似合う。
今の車輛と比べると、エアロパーツのデザインが凄く古いですね。
でも、個人的にはこーゆー方が好きだったかも。

RIMG0075.jpg


トヨタのF1マシン。
例によって、何も分かりません(笑)。

RIMG0076.jpg


これはSAF1のSA05ですね。
これが今年のマシンだってのは分かりますよ(笑)。

RIMG0078.jpg


こちらは先日のラリー・ジャパン、PCWRCクラスで優勝した奴田原 文雄センシュのマシン。
新井センシュがWRカーで走った関係で、奴田原に注目が集まったPですが、ちょっとヒヤッとしましたね。優勝できてホント良かったです。
この余勢をかって、このイベント中に開催されてたキプロス・ラリーでも優勝して今期3勝目!
ブースでは、ラリー・ジャパン優勝記念のポスターが配られていました。

RIMG0101.jpg


これまた懐かしい車輛。
RSRのブースに飾られていた、S14シルビア。
'97年のJGTC、GT300クラスに出場していた坂東親分の所のマシンですね。
ドライバーは織戸学と福山英朗で、ドライバーズタイトル、チームタイトルの両方をモノにしました。

RIMG0102.jpg


で、最後はポルシェ962C。
最後にワークスとしてル・マンに参戦したときのシェル・ダンロップカラー。
JLMCのRd.2でも展示されていましたが、このマシン、ワークスのホンモノではありません。
タイサンが所有しているシャシーNo.962-134の車輛。国内でアドバンカラーで走ってたマシンです。見分け方は、ロングテールバージョンか否か。
ホンモノのワークス、シェルカラーの962Cはロングテール仕様なので、リアウィング後端までボディが延長されていますが、この車輛はショートテール仕様なので、ボディがウィング前端で切れています。

RIMG0105.jpg


管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://garage43.blog45.fc2.com/tb.php/184-04ef99b4
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。