DiaryBooksCameraCarEventMiniature-carMotor SportsMusicN-gaugeOutdoorInfomation
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.05.22 Tue
スカイラインGT-Rというクルマ程、「悲しいクルマ」は無いのではないかと思う事があります。
ベース車輛がハコ車のセダンである為、常に「走り」と「居住性」の狭間で苦悩し続けるクルマ、それがGT-R。
「羊の皮を被った狼」と呼ばれた事もあるスカイライン、
スペック的に見れば世界のスーパーカー達と渡り合うことができるGT-Rですが、
何故それほどのスペックのクルマが、いつまでも羊の皮を被っているのか?
本当に強い狼ならば、羊の皮を被り他車を欺くなんていう姑息な手段は使わないでしょう。
GT-Rが、「スカイラインGT-R」である以上、それは一生ついて回る「皮」なのかもしれませんが、それこそがGT-Rの最大の欠点だと思うのです。

「ハコなのに速い!」ではなく、
「ハコじゃなきゃ、もっと速い!」です。

あれほどのスペックを持つクルマで、あんなに大きく、重く、背の高いクルマは
世界的に見てもほとんどないのではないかと思います。
本当に走りを追求するならば、スカイラインをベースとするのではなく、
完全に独立したマシンとして、一から開発すべきだと思います。
たぶん、その方が開発していて楽しいだろうし、自由度も高く、
今よりももっと良いマシンができるハズ。

様々な機能を併せ持つ製品は、充分に評価することができますが、
それでも本当に機能を1つに絞って開発された製品が持つ機能美には敵わないでしょう。
電話、カメラ、音楽プレイヤー、テレビと多機能なケータイが流行ってますが、
アレを見る度に、どれをとっても中途半端な機能で使う気が全く起きません。
スカイラインGT-Rという車は、そういう点で凄くケータイ的。
スポーツカーとしての「走り」と、ハコ車としての「快適性(居住性)」を両立させようとした挙げ句、どちらも中途半端になっただけ。

それこそが「GT-R」だと言う人もいるでしょう。
僕は、将来、GT-Rという車が「スカイライン」という呪縛から逃れて、
「よりコンパクトに」「より軽く」「より低く」、そして「シンプル」になる事を期待しますが、
そんな人にとって、それは「GT-R」ではなくなってしまうのかもしれません。
GT-RがGT-Rである以上、冒頭に述べた狭間の中で、ずっともがき苦しむ事になるのでしょう。
GT-Rを見ていると、悲しい気持ちになります。



と、まぁ、前置きが随分長くなりましたが、
昨日のRX-7に引き続き、本家サイトにはアップされないモデルの紹介です。


KiNSMART SKYLINE GT-R(R34) 1/36


0705212.jpg




モデルの全長は昨日紹介したRX-7と同じ12cm程ですが、
スケールはRX-7の1/34に対して、GT-Rは1/36となっています。
元のマシンの大きさの違いがこんな所に出てるんですね。
テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク
Miniature-car    Comment(4)  TrackBack(0)   Top↑
kayupon
前々から思っていたのですが、やはりGT-Rの存在意義っていうのは
「スカイラインのエボ仕様」なのではなく「国内最強のスポーツカー」なんだと思うのです。

国内最強の為には、スカイラインの枠は全く必要ありませんもんね。
むしろマイナス面ばかり。

次期GT-Rももちろん期待していますが
フェラーリやランボルギーニに対抗できるような
スーパースポーツに「GT-R」のエンブレムを与えても
全然問題ないと私は思います。スカイラインには全然関係なく。

あ、この記事ってミニカー紹介でしたっけ?(汗)
2007.05.22 Tue 22:27 URL [ Edit ]
よっきゅん
僕は、もうここまで来てしまった以上、
GT-Rはスカイラインと切り離す事は難しいんではないか?と思います。
例え次期GT-Rの車名に「スカイライン」の文字が入らず、「日産GT-R」となったとしても、それは名前が切り離されただけで、開発時のコンセプトには、やっぱり「スカイライン」が受け継がれてしまうと思うんですよね。
少なくとも、現在雑誌でスッパ抜かれてる次期GT-Rの写真を見る限りでは、デカさも、高さも、重さも、今までと何ら変わっていないように感じます。

できれば日産には、GT-Rを超える、過去の車名に縛られない、新しいスーパーカーの開発をして欲しい所ですが、ま、無理なんだろうなぁ・・・。
2007.05.22 Tue 23:00 URL [ Edit ]
AR1
>あれほどのスペックを持つクルマで、あんなに大きく、重く、背の高いクルマは
>世界的に見てもほとんどないのではないかと思います。

しかも、それほどのパフォーマンスを500~600万円程度の値段で売るところが凄いですよね。儲けが出ているのかは別として。

>次期GT-Rの写真を見る限りでは、デカさも、高さも、重さも、今までと何ら変わっていないように感じます。

モーターショーに出展されていたスタディ・モデルでは、丸目でキッチリ「スカイライン」を主張していましたからね(笑)
その後、雑誌にどう取り上げられているのかは分かりませんが……
2007.05.23 Wed 22:49 URL [ Edit ]
よっきゅん
> 500~600万円程度

その値段の安さこそ、ベース車輛を持つ事に因る恩恵でしょうね。GT-Rをホントに1から作っていたら、既存の車輛との共有パーツが少なくなって、価格が一気に跳ね上がると思います。
最近紹介されてる次期GT-Rの予想価格は、これまでのGT-Rと較べて高かったような気がしますから、その点では徐々に独立しつつあるのかな?と思いますが・・・。
2007.05.24 Thu 08:10 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://garage43.blog45.fc2.com/tb.php/319-bd2b48e5
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。