DiaryBooksCameraCarEventMiniature-carMotor SportsMusicN-gaugeOutdoorInfomation
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.06.22 Fri
仕事柄、手土産と称して菓子折りを持参する事が結構あります。
折角持って行くものですから、やっぱり喜んでもらえるものをと思っています。
デパ地下に入ってるようなメジャーな店のメジャーな菓子でも良いのですが、
それではあまりにも芸がないので、あまり知られていないような、知る人ぞ知る名品を持って行く事も多いです。そんな時、次回の訪問時に「美味しかった」とか「どこのお店なの?」とか訊かれると、ホントに嬉しくなります。
そんなわけで、お菓子については結構アンテナを張ってます。
相手に持参する前には、必ず自分で購入して味見をします。
どんな店なのか、どんな菓子なのか、それなりにウンチクも調べておきます。
結構、勉強熱心なのです(笑)。
この手の知識は、仕事以外(かみさんの実家に行く時とかね)でも充分に使えるので、進んで吸収するようにしています。


先日、仕事中に聞いていたラジオ番組(NHK FM)に、県内の行徳、妙典に店舗を持っている「菓匠 京山」の店主がインタビューを受けていました。
何でも常時10人以上のお弟子さんを抱える方だそうで、明治神宮で行われる「全国菓道敬神会」で「練りきりの技」(明治天皇、昭憲皇太后へ奉献する銘菓を神殿前で作るという儀式)を行うなど、和菓子界では大変有名な方だとか。
その番組中、京山の「武蔵鍔(むさしつば)」という最中を紹介していました。
普通の最中は、餡の水分を最中の皮が吸ってしまう為、シットリとした食感になってしまいます。京山の最中「武蔵鍔」は、餡と皮が別々になっており、食べる時に一方の皮に餡を盛り、他方の皮を被せるというようになっており、餡の水分が皮に浸透しない為、パリパリなんだとか。
しかも、通常の最中では皮への浸透を防ぐ為、水分の少ない甘ったるい餡になるそうですが、この最中ではその必要がない為、素材本来のさっぱりとした甘さの餡が特徴なんだとか。


この番組を訊いていた僕、とっても気になったので、17日、カートの耐久レースをした帰りに買いに行ってきました。
餡には全部で3種類があって、粒餡、漉し餡+栗、漉し餡+白小豆が缶に入っています。


0706222.jpg



これに6個分の最中の皮がついて、値段はそれぞれ1,155円。
店の方に訊いたら、一般には粒餡と漉し餡+栗が人気があり、白小豆のやつは和菓子通の方に人気だとか。
そこで、とりあえず粒餡と漉し餡+栗の2種類を購入。
常温で1ヶ月保つというのも、とても嬉しいです。


買った当日に粒餡を食べ、本日残った栗入りのヤツを食べました。
初めて食べた時は、ホントに感動しました。


これは最中の常識を覆す一品です。



0706221.jpg



これと熱いお茶があれば、それだけで幸せ。
テーマ:日記 - ジャンル:日記
Diary    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://garage43.blog45.fc2.com/tb.php/345-b244fad2
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。