DiaryBooksCameraCarEventMiniature-carMotor SportsMusicN-gaugeOutdoorInfomation
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.09.30 Sun
今日は富士スピードウェイでF1の日本GP。

F1に興味の無い僕ですが、スカパーを見れる環境にはあるので、
試しに見てみました。
AUTOSPORT webで情報はある程度入手していたので、
このレースウィークが富士ウェザーに翻弄されたらしいことは知っていましたが、
まぁ、なんていうか・・・








ざまぁみろ!







って感じ。

金にモノを言わせて富士なんぞでやるから、こういう目に合うのですよ。
すなおに鈴鹿でやっておけば良かったものを。

富士スピードウェイにレースを観に行った事のある方なら、
だれでもあそこの天気には翻弄された経験を持っているハズ。
それこそまさに、「富士ウェザー」。
突然の霧や雨は当たり前。
昼夜の寒暖の差も激しいので、レーススタートの頃はTシャツでも熱いくらいなのに、
レース終盤にはジャンバーを着ないと寒くてやってらんないなんて事もままあります。
霊峰富士山の麓ですからね、天候に関してはホントに予測がつきません。

先週、富士スピードウェイ近くのオートパラダイス御殿場で開催された、
カートによる3時間耐久レース、DHG Challenge Cupも、雨に振られました。
昼頃から雨が降り始めて、結局レース終了まで雨は降り続けましたが、
帰りに御殿場インターに向けて1kn程進んだら、雨は全く降ってませんでした。
Macが入院中だったので、レース結果をお知らせするのが遅くなりましたが、
今回僕らの仲間は、6名×2チームでエントリー。
両方のチームの能力を拮抗するように振り分けましたが、レースは19台中4位と5位でした、
ちなみに、僕のチームが4位です。
もう少しで表彰台でしたから、惜しかったです。


閑話休題
で、F1を見ていて思ったんですが、
レースというよりも、各ドライバーが勝手に走っているだけという印象を受けました。
バトル!って感じじゃないんですよね。
やっぱりその辺はハコの方が面白いと思います。
で、その理由を色々と考えてみたんですが、
走りに「危うさ」が無いのが大きいのではないでしょうか?
レギュレーションによりある程度の縛りはあるものの、
速く走る事だけを目指して作られたフォーミュラは、基本的に速く走る事に特化して作られています。当然その中には高いドライバビリティも含まれています。
あのウェット路面の中、ほとんどマシンが暴れる事無く走れてしまうのは、
そのようなフォーミュラカーならではの部分が大きいのでしょう。
例えば、S-GTに参戦している車輛。
フォーミュラカーに較べて遥かに重く、デカく、空力的にも不利なGTマシンが、
あのようなウェット路面を走行したら、マシンは暴れまくります。
F1よりも遥かに遅いラップタイムであるにも関わらずです。
でも、そういう危うさこそが、レースの醍醐味でもあったりする訳です。
機械としてどちらが優れているかと言えば、
それは間違いなくフォーミュラでしょう。
でも、機械として優れているマシンがレースをしたからと言って、
そのレースが面白いとは限らない。
見る側として面白いか否かというのは、また別の話なんだと思います。

ま、今回のレースを見ただけで判断するのもどうかと思いますが・・・
だって僕、















結局、つまんないから途中でテレビ中継見るの辞めたし(爆)。
はるまき
雨・霧でのレースのグダグタっぷりはさておくとしても、予想以上の阿鼻叫喚の地獄絵図になってたようですね、サーキットの往き帰り…。
それに、あのたいして旨くもないカレーやら丼ものが1,000円って。
F1見に行くような熱心・忠誠心の高いユーザーを敵に回して、今回のF1でトヨタは何を得れたんでしょうかね~?
2007.10.01 Mon 13:11 URL [ Edit ]
よっきゅん
富士スピードウェイでの開催が決まった時点で、混乱するのは目に見えてましたけど、悪天候がそれをさらに助長させたようですね。
一方的なものの見方ですが、こんなサイトがありました。

http://www42.atwiki.jp/kusotoyota/

今回初めてモータースポーツを観戦した人が、「レースはテレビで観戦するものだ」と思ってしまったら、それはとても悲しいと思います。
トヨタは今回のイベントで、自身の知名度を上げる事だけでなく、文化としてモータースポーツ全体の認知度を上げる事、そして将来的にサーキットを訪れて観戦する人が増えるうようにするという使命があった事を本当に理解していたんでしょうか?

トヨタが得たもの、それは「お金」。
そして、その代わりにそれ以外の大切なものを失ったことに、
おそらくトヨタは気がつかないのでしょう。
2007.10.01 Mon 19:01 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://garage43.blog45.fc2.com/tb.php/406-e0c364a2
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。