DiaryBooksCameraCarEventMiniature-carMotor SportsMusicN-gaugeOutdoorInfomation
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.10.10 Wed
雑誌やネット等、各メディアで今年の東京モーターショーの話題が増えてますね。
本家サイトでレーシングカーしかコレクションしてない事からお分かりのように、
基本的に、現代の市販車には大して興味がありません。
圧倒的にレーシングカーに対する興味の方が強いので、
モーターショーと言われても、イマイチ気分がノリません。
レーシングカーが数多く展示される年明けのオートサロンなら、喜んで行くんですけどね。
まして、モーターショーは絶対に発売されないだろう、現実離れした「コンセプトカー」という名の「スタディモデル」が数多く展示されますし・・・。
作ったデザイナーの方達にしてみれば面白いんでしょうが、
正直、自己満足の世界に付き合ってらんないし・・・。


それでも、今年はどんな車が出るのかと、雑誌等を見たんですが、
今年面白そうなのは、ホンダのCR-Zですね。
まだまだデザインは現実離れしてるように感じますが、
エクステリアや車名から、誰もがCR-Xを思い浮かべるコンパクトスポーツです。
ハイブリッドってのが、どうかと思うけど・・・。
どうせなら、CR-Xの名を復活させても良かったのでは?と思ったんですが、
何故「Z」なんでしょう!?

日本人というのは、「R」「V」「X」「Z」といったアルファベットが好きだというのは、良く言われる事で、特撮ヒーローものや、ロボットアニメでもこれらのアルファベットは良く用いられますし、もちろんバイクや車にも車名やグレード名として良く用いられます。
「R」は「Racing」の略として、「V」は「Vehicle」、あるいは単純に「Victory」の意味で使われるというのは分かりますが、
「X」や「Z」は何故でしょうねぇ?

最近では、「マークX」なんていう、ワケの分かんないのがありますね。
アレはもとも「コロナ」の発展バージョンとしての「コロナ マーク II」が、後に独立して「トヨタ マークII」になり、それが10世代目になったから「マークX」になったわけですが、「マークIII」「マークIV」「マークV」・・・というのが無かったのに、10世代目になっていきなり「X」が出て、しかもそれを「エックス」と読ませるというのが、如何なものかと思います。
既に「マークII」という車名が固有名詞として定着しているのに、敢えて変える意図が全く分かりませんでした。変なハッチバックも出たしね。
っていうか、「マークII」の後は、「Z」だろ!!というのは、ガンダムの話(笑)。


続いて「Z」と言われてまず最初に思いつくのは、日産の「フェアレディZ」
当時の社長がミュージカル(映画の方だっけ?)の「My Fair Lady」に感銘を受けた社長が命名した「フェアレディ」に、ミスターKこと、片山豊氏が開発陣に送った「Z旗」(日本海軍が戦時中に用いた、「後がない」「奮起せよ」といった意味の旗)の「Z」が付けられたわけですが、
例えば、テレビアニメの「ドラゴンボール」が「ドラゴンボールZ」になった時も、「Zとは、最高、究極の意味!」みたいな宣伝をしていた記憶があります。
どうも「Z」には「アルファベットの最後の文字」として、それなりの意味が込められる事が多いようです。もっとも、日本語に同じ意味を求めたら「ん」ですから、「Z」の方がずっとカッコイイですが(笑)。


で、何が言いたかったかと言うと、



ヨーロッパ諸国のように、車名もそろそろ記号化した方が良いのでは?
変な名前付けるよりも、よっぽどカッコいいと思う。
車好きの人が車を車名ではなく、型式で呼ぶのも、
記号化した方がカッコいい(名前がカッコ悪い)ってのは、絶対あると思う。
もっとも、型式で読んだ方が、世代が分かるからってのが、大きいんでしょうが・・・。
国産車だって、海外では車名を記号にしてる事も多いんだし。



ところで、ダイハツのタントの車名の由来ってのは、やっぱり



「荷物をタント積めるから」



なの?
テーマ:日記 - ジャンル:日記
Diary    Comment(1)  TrackBack(0)   Top↑
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007.10.11 Thu 07:12 [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://garage43.blog45.fc2.com/tb.php/413-b42ad9aa
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。