DiaryBooksCameraCarEventMiniature-carMotor SportsMusicN-gaugeOutdoorInfomation
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.10.14 Sun
S-GTのRd.8が終了。
ARTA NSXが優勝して、JGTC時代も含めて初めて最終戦を待たずして、
シリーズチャンピオンが決定しました。
ホントに今年はNSXのシーズンでしたね(まだ1戦残ってますが・・・)。
レギュレーションによりマシン性能の均一化を図られているS-GTとしては、
これだけ年間通じて「圧倒的!」という感じだった1年は無かったのではないでしょうか?
これに対して、「均一化が上手くいってない」という事も言えるのですが、
個人的には、強いマシンが勝つべくして勝って、チャンピオンを獲れたというのは、
良い事だと思います。

少なくとも、大して強くもないマシンがチマチマとポイントを貯めて、
上が潰れた事によってシリーズチャンピオンになっちゃったりするよりも、
よっぽどマシではないでしょうか?
チマチマとポイントを貯めて優勝するのだって立派な作戦ですし、
スポーティング・レギュレーション上なんの問題も無い訳ですが、
やっぱりチャンピオンチーム、ドライバーには、
スカッと気持ち良くチャンピオンになって欲しいもんです。
そういう意味で、今年はNSXがホントによく頑張ったんだと思います。

今年のS-GTは、GT-Aの運営の問題もあって、開幕すら危ぶまれた訳ですが、
それでも、シリーズチャンピオンが決定する所までは辿り着くことができました。
後1戦が終了すれば、無事に今シーズンも終了。
今後どのようなシリーズになっていくのか、若干の不安がありますが、
もうしばらくすれば、色々と発表があるかもしれません。



ところで、今回のレースで気になったのは、Real NSXに搭載されたという4リッターエンジン。
どうやらテスト仕様らしいのですが、2009年からはS-GTのエンジンは3.4リッターに統一される事が発表されていますから、今回の4リッター仕様は来年の為だけに開発されるって事でしょうか?
トヨタや日産が大排気量NAエンジンであるのに対して、明らかにハンデのあったNSX。
それを補う為に、空力に力を入れてきた結果、今年のような見事な成績を残すことができた訳ですが、いよいよ心臓にメスを入れないといけない所にまで、来てしまったんですね。
2009年レギュレーションは、コストダウンを目的としたものですが、
それが施行されるまであと1年。まだまだコストは上がり続ける事になるようです。
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://garage43.blog45.fc2.com/tb.php/416-3b23df67
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。