DiaryBooksCameraCarEventMiniature-carMotor SportsMusicN-gaugeOutdoorInfomation
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.11.09 Fri
最近、スロットカーをやりたくてたまりません。
Nゲージをやって、「模型が動く」という事に味をしめたからでしょうか?
「動かないミニカー」よりも、「動くスロットカー」に惹かれてるんでしょうか!?

子供の頃は、家にもスロットカーがあってよく遊びました。
最近のスロットカーと言えば、レーンチェンジができるデジタルのクアトロックスが有名です。技術的に凄いのは分かりますが、正直、今後他のメーカーの追従があるとは思えないし、将来性が低いような気がするので、やるならやっぱり普通の1/32が良いと思うのですが、家にコース作るには結構な金とスペースがかかるしねぇ・・・。
でも、レンタルコースで走らせると、(まだ年齢の低い)子供達にじっくり遊ばせてあげることができないし・・・。

難しいよね、イロイロと。


それにしても、これだけ物欲が高まっているのは、やっぱりストレスなんだろうか・・・。
ストレス溜まると、買い物に走るからなぁ・・・僕・・・(苦笑)。
テーマ:日記 - ジャンル:日記
Diary    Comment(5)  TrackBack(0)   Top↑
みやちゃん

わたしのお気に入りのミニ四駆が4台あります。
レース大会に数多く参加した歴代のマシーンばかりです。

ミニ四駆はスロットではありませんがそれだけにセッティングを出すのが難しいおもちゃ?です。
今、格納庫にある4台は構想、開発、製作、テスト走行、チューンナップすべて私がやりました。

エンジン(モーター)開発と、フレーム開発が一番苦労しました。どちらかと言うとトルク重視のエンジンでしたのでいろいろ試して、テスト走行ではなかなか周回ラップが上がらず、デ・チューンになったり大変でしたねー。

しかし、『お父さん』という強力なワークスチームを持った子供たちを相手に、ひたすらプライベーターでレースに参加して互角に戦っていました。
あくまでもプライベーターにこだわったのはワークスチームに対する反感からではなく、ただ単に資金難だったからですけどね(爆)。

もう少しレースやってたら田宮からスポンサーの話が来たかもなー。

今も歴戦のつわもの達が我が家で静かに眠ってます。
2007.11.10 Sat 05:36 URL [ Edit ]
みやちゃん

あれは確か、1993年の某おもちゃさん主催の四国大会のレースでした。

前日の夜遅くまでマシーンのセッティングを出すのに苦労して完成させていました。

当日、会場に行って愕然となりました。コースレイアウトが直線の多い高速仕様だったのです。私はトルク重視のマシーンでしたので、しまったーと思いました。

案の定テスト走行の時にはスピードが上がらす、コーナーで追いついて直線でまた離されるという結果でした。
私は迷った挙句、レギュレーションの範囲内ならと思い、TORQUE-TUNED MOTOR(13600rpm)からMACH-DASH MOTOR(20800rpm)にエンジンを積み替えて本番に備えました。

しかし、テスト走行終了間際、前輪に異常を感じ点検したところ回転数にシャフトがマッチせず急遽前輪のベアリングを交換、加えてタイヤも固めのスポンジタイヤに交換を余儀なくされ、ボロボロになりかけていました。

こうして波乱のレースは始まりました。

(その三につづく)
2007.11.10 Sat 06:30 URL [ Edit ]
みやちゃん
シグナルが赤から青に変わりレーススタートです。

セッティングの出ていないマシーンになっていたため一抹の不安はありましたが、快調な滑り出しで序盤は無難な第二グループを走行していました。

積み替えたエンジンは轟音とともにストレートで伸び、高速コーナーもタイヤのグリップが効いて難なくクリアーしていきました。

レースも中盤に差し掛かったところ、少しエンジンが熱だれをおこしたのかラップタイムは落ちてきましたが、マシーンの特性上ピットインは出来ないため、もうこのままいくしかなくドライバーを・・・じゃなく、マシーンを信じて周回を見守っていました。


周回を重ねるごとにスピード重視の前走車輌が思ったとおり鬼門のヘアピンカーブでコースアウトが続出、私のマシーンは徐々に順位を上げていき、これは初のプライベーター優勝かと心弾ませていた、そのとき・・・・・・・・・

第6コーナーで、スローモーションのように宙を舞う私の
マシーンが見え、次の瞬間地面にたたき付けられる光景が無音のまま、まるで映画のワンシーンのように映像に映し出されたのです。

こうして私の熱い夏は終わりを告げました。
ただ、ラップタイムを計っていたストップウォッチだけが悲しくも時を刻み続けていましたが・・・。

私は、あの日の夕日に、打倒『お父さん』ワークスチームを心誓い、いつの日か必ず表彰台に立ってみせると夢をはせながら、会場を後にしたのでした。

(次回をお楽しみに)

2007.11.10 Sat 07:26 URL [ Edit ]
よっきゅん
ミニ四駆、僕もやりましたよ。
大会に出たりする事はありませんでしたが、ボディやシャシーの改造はかなりやりましたね。空力を考えたり、モーターの冷却を考えたり、イロイロやりました。
今ならさしずめバクシードってところでしょうか?
最近ではレース観戦に行くと、バクシードのレースも開催されてますよね。
ウチの子供ももう少し大きくなったらやらせてみたいと思ってました。
ま、子供よりもお父さんの方がアツくなってしまうというのは、どこの世界でも同じでしょう。
僕も気をつけよっと(笑)。

みやちゃんさんも、今からどうです(爆)!?
2007.11.10 Sat 10:19 URL [ Edit ]
みやちゃん
ですよねー。

だっていじりだすときりがないですもん。
う~ぅ・・・ちが騒ぐ~。

そろそろわれらお父さんチームはスーパーカートなんていうのはどうですか?
スピードはかなり出ますけど・・・。

それからGP300と言うのもありかなー、それともフォーミュラというのも・・・。

夢は尽きないですねー。

2007.11.10 Sat 15:10 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://garage43.blog45.fc2.com/tb.php/436-e28b07c3
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。