DiaryBooksCameraCarEventMiniature-carMotor SportsMusicN-gaugeOutdoorInfomation
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.11.21 Wed
ミニカーをアップしました。

'98年のJGTC、シリーズチャンピオンになったPENNZOIL NISMO GT-R。3分割ウィングの素敵なマシンです。



98pennzoil_gtr-1.jpg





98pennzoil_gtr-2.jpg



ウンチクは本家サイトのGarage 43から、トップの左上のミニカーの写真をクリックして下さい。本家サイトのサイドメニュー「JGTC ~ S-GT → JGTC1995~1999」からも飛べます。


テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク
Miniature-car    Comment(2)  TrackBack(0)   Top↑
研修、疲れましたねー。
とりあえず体力温存です。

カテゴリーは違いますが、BMに乗り始めた最初のバイクがF650CSでドライサンプでした。

ウエットでないのはなぜなんだろうと思い始めディーラーにこんな質問をしたことがあります。

「これってレーサーレプリカでもないのになんでドライサンプなの?」
『わからない』と言う答えでした。実にわかりやすい答えでしたね。

そうです・・・思い出してくれました?

鈴鹿で両サイドからリッターバイクにごぼう抜きされたとき、このマシーンで走ってました。

うぅ~、フルスロットルだったのにぃ・・・。





2007.11.21 Wed 06:08 URL [ Edit ]
よっきゅん
テスト&研修、お疲れさまでした。
ひとまず山場を超えましたね。


> ドライサンプ

ドライサンプにする利点と言えば、真っ先に思いつくのが軽量化。軽量化を考えずにドライサンプ方式を採るとなると、より多くのオイルが使用可能になるってのがあると思います。
つまり、BMWがF650CSにドライサンプ式を導入したのは、「より軽量化が必要であった為」か、「搭載されるエンジンが熱に弱く、より高い冷却能力が必要だった為」ってのが考えられます。
バイクである事を考えれば、加減速や車体の傾きに弱いウェットサンプを敬遠したというのもあるかもしれませんが、それだったらバイクは全部ドライサンプになる筈ですし・・・。

一方、ドライサンプ化の欠点として、コスト高が挙げられますが、まぁ、BMWのバイク買う人は「お金持ち」でしょうから、コストに関しては気にしないんでしょうね。

あ、あと、「<ドライサンプ=高級品>ってのが、オーナーの心をくすぐる」ってのも採用の理由かも!?
2007.11.21 Wed 17:54 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://garage43.blog45.fc2.com/tb.php/440-9ac4f8f6
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。