DiaryBooksCameraCarEventMiniature-carMotor SportsMusicN-gaugeOutdoorInfomation
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.02.26 Tue
ココ数日で、一気に3台のミニカーをアップしました。
ミニカーをアップしても、そのミニカーに関するコメントがブログなりBBSなりに書かれたりする事は滅多に無いので、管理人としては皆が(サイトを)見ているのかどうなのか分かり難い所ではあるんですが、ちゃあんとカウンターの動きが良くなるので、「あぁ、見てくれてるんだなぁ・・・」と胸を撫で下ろします(笑)。

通常本家サイトのカウンターは、土日や祝日は動きが良くなり、平日には悪くなります。
今回は、金、日、月曜日に1台ずつミニカーをアップした訳ですが、
最後にアップした月曜日のカウンターが最も動きが良くて、1日で201を刻んでます。
平日なのにこの動きにはビックリ。コレ、過去最高のハズだし。
おそらく、このブログをRSSリーダーでチェックしてたり、サイトの更新を知らせたりするソフトを使ったりして訪れて下さるんだと思いますが、ホントに有り難い限りです。

という訳で、本日はウンチクを書いてて苦労した事をツラツラと書いてみます。

もうミニカーのウンチクを書いて数年になるので、いい加減文章のパターンというのが出来てきてて、毎回読んで下さる方も先が読めると思うのですが(笑)、
僕が書くウンチクは、以下のパターンでほぼ確立しています。

1.序文(前置き、過去の流れや時代背景等)

2.車輛を開発するに至った経緯

3.車輛の特徴、開発のポイント

4.戦績

5.モデルについて

この中で最も苦労するのは「3」になります。
例えばS-GTやWRCの様に、AUTO SPORT誌やRacing on誌、あるいはAUTO SPORT webに載っているようなメジャーなレースのマシンは、ウンチクを簡単に書くことができます。国内で民放放送が無くなって久しいLe Mansについても、トップカテゴリーに関しては上記媒体で充分だし、よりマニアックな情報は我らがバイブル「Sports-Car Racing」を読めばバッチリ。
また、古いマシンほど情報は少ないものですが、古くてもメジャーなマシン(例えばポルシェ917とか、フォードGT40とか・・・)なら、Web上に情報はいくらでもあります(特に海外のサイト)。
そんな中で、過去に非常に手こずったマシンがいくつかあります。
例えば、これら

マーコス LM600

95marcos-1.jpg


パガーニ・ゾンダ

03zonda-1.jpg


これらはスーパーカーと言えるマシンですが、言ってみればバックヤードビルダーやコンストラクターに近い存在のメーカーなので、国内にはほとんど情報がありません。必然的に海外のサイトを渡り歩き、一生懸命訳しながら情報を収集することになります。


一方、凄く有名なマシンなのに手こずったのはコチラ。

ランチア ストラトス ターボ Gr.5


76stratos_tb-1.jpg



同じ理由でコレも難しかったです。

ランチア ベータ モンテカルロ Gr.5


79beta-1.jpg



どちらもシルエット・フォーミュラとして国内でも非常に人気のあったカテゴリーですし、特にストラトスなんかは、スーパーカーブームに乗っかって、非常に人気がありました。「サーキットの狼」にも出てきたしね。
これの何が分からなかったって、参戦していたレース「ジーロ・デ・イタリア」に関する情報が少なかったんですよ。
ベータ モンテカルロのところで、このように解説しています。

「イタリア北部の公道1,600kmを走破する街道レース「ミッレミリア」、イタリア南端シシリー島内の街道レース「タルガ・フローリオ」と並び、イタリアで隆盛を極めた「ジーロ・デ・イタリア」。イタリア北部の都市トリノをスタートしてローマまで南下し、再びトリノに戻ってくるという、イタリア周回レースのジーロ・デ・イタリアは、途中寄ったサーキットではレースを、また道中にはヒルクライムやラリーステージもあり、キャノンボールをやりながらレースやラリーもやってしまうという、一大イベントでした。」

日本にはこんな文化ありませんよねぇ。
このレースに対し、どのようにランチアが取り組んだのか、そしてどのようなレース展開があったのかが分からなかったのです。
どちらも初期にアップしたウンチクだった為、情報としてはかなりお粗末なものだったんですが、最近(1年前くらい?)になって色々と分かってきたので、これらのウンチクは加筆・修正されています。


同じGr.5のマシンで謎の多いマシンがもう1つ

トヨタ セリカ LB Gr.5


77celica_gr5-1.jpg



トヨタのマシンですが、基本的に製作されたのがドイツ・トヨタの発案によるもので、しかも実戦では大した成績が残せなかった事もあり、情報としてはほとんどありません。コレは実は先日BMW 320i Gr.5のウンチクを調べていた時に、いくつか分かった情報があったので加筆・修正されています。ちなみに、BMW 320i Gr.5やこのセリカが出ていたDRM(ドイツ国内選手権)のようなマニアックなレースの戦績が知りたい場合、僕はこのサイトのお世話になっています。車輛のシャシーNo.毎の戦績も分かるので、とっても便利です。

最後に、今回アップした3台の中で、最も手こずったのがコチラでした。

フェラーリ F430 GT

07f430gt-1.jpg


例えば、同じフェラーリのGTマシンでも、

550マラネロ

04ferrari550-1.jpg


575GTC

04ferrari575gtc-1.jpg


のようなトップカテゴリーの車輛ならば、結構簡単に情報を入手することができます。
ところが、F430 GTのように、アンダーカテゴリーのマシンになると話は別です。もともとレギュレーション上の縛りがキツいアンダーカテゴリーの車輛では、そもそもウンチクに書くようなエポックメイキングな特徴も無く、注目度も低いのでしょう。とにかくマトモな情報がありません。
同じカテゴリーでも、これがポルシェならば話は別で、911 GT3 RSRの情報はいくらでも入手できます。ここら辺はハッキリ言ってフェラーリとポルシェの歩んできた道の違いでしょう。ポルシェというのは、それだけトップカテゴリーからアンダーカテゴリーに至るまで、プロのドライバーからアマチュアのドライバーまで、さまざまな人を対称にしてレース用マシンを作ってきたと言う事なんだと思います。
フェラーリも市販車のF430の情報なら一杯あるんですがねぇ・・・ことレース車輛となると、途端に情報源が減ってしまいます。
今回F430 GTのウンチクを書くに辺り、近代フェラーリのレース関係車輛(F1を除く)に関する書物を探してみたんですが、実は書物自体もほとんど存在しないんですね。やっぱりフェラーリってレースやる為の車じゃないってことなんでしょうか?


という訳で、ダラダラと書きましたが、
これからも頑張ってウンチク書きますんで、応援宜しくね。



テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク
Miniature-car    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://garage43.blog45.fc2.com/tb.php/477-4eda5ae8
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。