DiaryBooksCameraCarEventMiniature-carMotor SportsMusicN-gaugeOutdoorInfomation
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.03.11 Sat
ミニカーをアップしました。
待望のポルシェ917K、1970年のデイトナ24時間レースで2位になったマシンです。
一般的な「需要」という事であれば、この時優勝した2号車の方が人気があるんでしょうが、
同じガルフカラーでも、若干デザインが違います。

<ポールスタート→2位>

430706701_N.jpg



<2番グリッド→1位>

430706702_N.jpg



個人的には、1号車(上の方)のデザインの方が好みなんです。
映画「栄光のル・マン」でいうと、スティーブ・マックィーン扮するデラニーが最初にドライブしていたのが、1号車のデザイン。クラッシュ後乗り換えてゴールした方のマシンが、2号車のデザインです。


で、どこのメーカーのモデルを買うかは、先日ブログにも書いたようにさんざん悩んだんですが、やっぱり考証違いのオートアート製よりも、ミニチャンプスを狙おう!という事になりまして、でもそれはイバラの道だったりするわけです。
制作されたモデルの数は2,352個。でもそれは何年も前の話。
普通の店にはまず残っていません(オートアート製のは結構残ってるけど)。
複数の検索エンジンで、「917K」を検索し、得られた結果のページをほぼ全てチェックするという、気の長くなるような作業を繰り返しました。
結果、とあるミニカーショップの絶版品を紹介しているページを見つけたのですが、プレミア価格が付いてました(定価の2倍以上)。
しかも、そのミニカーショップのホームページ(トップページ)からは、その絶版モデルを紹介するページに行くことができなくなっているのです(リンクが切れてる)。
つまり、ショップ自体が絶版品をネット上で紹介するのをやめてしまったのです。ただ、絶版品を紹介していたページのHTMLファイルだけが、サーバに残ってる状態だったんですね。
そこで、そのショップに直接電話して、オーナーの方と交渉開始。
絶版品にプレミア価格をつけているのは、転売を防ぐ為の手段だったそうなのですが、裏を返せば店の評判も下がるわけで、結局サイト上では絶版品を扱うのを辞めてしまったそうなんです。
率直に購入する事が可能かどうか伺った所、箱が変色しているとの事でした(ミニチャンプスの紙箱は古くなると黄ばむのです)。しかし、こちらは普通のコレクターと違って購入後は紙箱を直ぐに処分してモデルをコレクションボードに展示してしまいます。自分が手に入れたモデルは、将来的に他人に売る事は無いし、その程度しか思い入れの無いマシンのモデルは、そもそも購入しません。
その辺りの僕の考えをオーナーに伝えた所、どうやら認めて頂けたようで、消費税、代引き手数料無料で売って下さる事になりました。

で、そのミニカーが昨日我が家に到着。
早速本日昼間にウンチクを書き上げて、アップした次第です。
なんだか写真が気に食わないので、後ほど撮影し直すつもりです。
久しぶりに気持ちのいい買い物をすることができました。

ウンチクは、サイト「Garage 43」のトップから写真をクリックして頂くか、同サイトのサイドメニューの「others」をクリックして下さい。
テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク
Miniature-car    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://garage43.blog45.fc2.com/tb.php/57-0b5d2ef2
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。