DiaryBooksCameraCarEventMiniature-carMotor SportsMusicN-gaugeOutdoorInfomation
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.02.14 Sat
本家サイトでは、ミニカーのバックには、カーボン調のカッティングシートを使用しています。本来、白や黒をバックにすると、折角のモデルが溶け込んだり、沈んだりしてしまうので、あんまり芳しくありません。
それでも、その辺は承知の上で、カッコ良さ重視でカーボン調のシートを使用しています。
台座の上にカーボン調のカッティングシートを貼った塩ビ板をおいて、三脚を使って撮影という、非常にお手軽な撮影方法で、モデルのカラーリングによってはPhotoshopで補正をかけたりして対応しています。

こんな感じ(↓)

09021402.jpg



今回、ミニカーマガジンの原稿の為に撮影するミニカーの写真は、普段本家サイトで使っているカーボン調のシートをバックにするのではなく、グレーにして欲しいという依頼がありました。ミニカー本来の色を見せる為には重要な事ですので、「あぁ、やっぱりそうか」と思いつつ、グレーのカッティングシートを探して、しばらく前からホームセンターをハシゴしたんですが・・・


意外と無いんですね、グレーのカッティングシートって。



替わりに塩ビやPPの板も探したんですが、ソッチの方も分厚いのばかりで、手頃なのがありません。
さて、どうしたもんだろうと悩んだ挙げ句、結局ブツ撮り用の簡易スタジオを購入する事にしました。
簡易スタジオのシートはたいていブルーバックかグレーバックなので、安いのを買えば良いだろうと(笑)。実は過去にも簡易スタジオの購入を試みた事があったんですが、シートの色がブルーだったりグレーだったりで、「いかにも」な感じが嫌で購入を控えていたんです。多少綺麗に撮れなくても、もうちょっとカッコ良く撮影したいなぁ・・・と。
で、安くて小さいのを探した結果、ヨドバシでエツミのドームスタジオSが1,980円でワゴンの中に放り込まれているのを発見。
ドームスタジオに付属のシートはブルーとグリーンなんですが、別売りでグレーと白のリバーシブルシートが1,100円程で売られているのも発見したので、併せて購入。多分普通の簡易スタジオの半分以下の値段だと思います。

どうせドームスタジオを買ったのなら、カーボン調のカッティングシートもドームスタジオで使えるようにしちゃえと、新たにカッティングシートと0.2mmの塩ビ板を買ってきて工作。

この状態で何度か撮影をしてみたんですが、明るさが足りないのは如何ともし難く、やっぱり蛍光灯のスタンドも必要だろうと、さらに物色開始。撮影用のなんて高くて買えないので、家電量販店で探してたんですが、ある程度の高さと、角度の自由度が必要なので、普通のスタンドじゃなくて、テーブルや机の端にクランプで止める、腕の長いタイプが必要だったのです。でも、アレ以外と高いんだよねぇ・・・。
で、一時は「今月末に届く長女の学習机の蛍光灯を使えば良いのでは?」と思ってたんですが、ミニカーの撮影の為に学習机を貸してもらうのも如何なものかと・・・撮影は大抵子供が寝静まった夜ですし。
さて、どうしたもんかと悩んでいたら、仕事中に某家電量販店が展開しているアウトレット店を発見。試しに入ってみたら、3,000円で良さげなのを発見。

で、早速撮影してみたんですが、やっぱり光の回り方が不十分だったので、余っている白い塩ビ板でレフ板っぽいのを作成。



09021403.jpg




夜中に色々とカメラの設定を変えて、何とかそれなりに満足のできる状態になりました。
なんだか今までと大分カーボンシートの明るさが違いますが・・・(汗)。


09021401.jpg


という訳で、今週末にコレをアップできれば良いなぁと思ってるんですが、
さて、どうなることやら・・・。



それにしても、最近新しい三脚が欲しくてたまりません。
最近、幼稚園での撮影をする時は、三脚+レリーズなんですが、外での撮影が多いので、結構風にやられるんですね。現在使ってる三脚は自分としては3本目で、ベルボンのCX444なんですが、もっと太い足で、雲台の自由度が高くて、しっかりしたヤツが欲しいです。あ、そうそう、一時はカメラのシューに取り付ける水準器の導入も考えていたのですが、どうもαシリーズのシューにはアレ付けられないようなので、できれば水準器の付いてる三脚が・・・。

でもねぇ、やっぱり高いよねぇ・・・。
テーマ:日記 - ジャンル:日記
Camera    Comment(4)  TrackBack(0)   Top↑
はるまき
原稿執筆と撮影ご苦労さまです。
やっぱりちゃんとスタジオを使ってライティングすると、光がまわってモデルが生えるし、カーボンシートに写り込んだ感じも、アップル風(笑)でイイ雰囲気ですね。
ところで原稿のテーマ、「グループAの時代」ネタの時、さらりとネタバレしてますよね?
2009.02.15 Sun 01:00 URL [ Edit ]
よっきゅん
> はるまきさん

> ブツ撮り

やっぱりそれなりに労力と金と時間をかけると、それに比例してきちんと写るようになるんですねぇ。そう考えるとプロの方って凄いなぁと思いますし、対価としてお金を払う時も気持ち良く払えそうです。
お手軽に撮影できなくなったのは残念ですが・・・。

> 原稿のテーマ

ふふふ、そう思うでしょ?
実はアレはほんの触りで、メインのネタではないのです。
当初の先方からの依頼には全く入っていなかったんですが、「そのネタをやるなら、これにも触れた方が良いのでは?」と、コチラから提案した次第です(笑)。
2009.02.15 Sun 11:28 URL [ Edit ]
いーさん
こんばんは。
台所のアルミホイルをちょいと拝借してレフ板に巻くのもいいですよ。
どうしてもスタンドだと上からの光が強すぎるので、ボディ側面が暗くなりますよね。


あとはレフ板の角度をちょっと上向きにしてやれば、スタンドの光をもっと受けるので横の光量を上げれますよ。
鏡の反射と同じ理屈です。

よけいなお世話かもしれませんが、ご参考までに(^^;)
2009.02.15 Sun 22:56 URL [ Edit ]
よっきゅん
> いーさんさん

こんばんわ。
プロの方のご意見、大変参考になります。

レフ板として使用しているのは、光沢のある白い塩ビ板で、比較的反射が強い感じだったので、あんまり反射が強過ぎると良くないのかなぁと思って、アルミホイルを巻きませんでした。むしろもっと反射を押さえる為に、光沢の無いモノにした方が良いのかなぁと思ってたくらいです。

一番厄介なのは、フロントウィンドウに反射する光源を如何に押さえるかですねぇ・・・。
今回購入したスタンドは意外とフレキシブルに動いてくれるので、これからも色々と試してみます。

レフ板は、なんとなくミニカー側に向けた方が良いと思って、垂直かやや下側に向けてたんですが、確かに反射する事を考えたらやや上向きですよねぇ。単純な理科の問題なのに、全然気がつきませんでした(汗)。
2009.02.16 Mon 00:01 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://garage43.blog45.fc2.com/tb.php/618-270c73f2
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。