DiaryBooksCameraCarEventMiniature-carMotor SportsMusicN-gaugeOutdoorInfomation
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.04.04 Tue
久しぶりの更新です。
先週は体調を崩したり、仕事が忙しかったりでとてもじゃありませんが、更新する余裕がありませんでした。明日まではちょっと忙しいです。


さて突然ですが、僕は車いじりも含めて、いわゆる「DIY」というのが大好きです。
昔から日曜大工的な事が好きで、これは明らかに父方の影響なんですが、
そんな僕は、水回りや壊れた物の修理も自分でします。
流石に精密機器になると無理ですが、なるべく直ぐに新しい物を買わずに、修理して使おうという考えです。
でも、父親のそういう姿を見て育った僕にとっては、「修理して使う」というのは当たり前の行為ですし、「修理=父親の仕事」なんです。「男ならできて当たり前」なんですよ。
僕も(2児の)父親になった今、そういう姿勢を子供に見せたいと思うのです。
修理してまた使えるようになれば、物の大切さも分かるようになるだろうし、喜ばれるし、上手くいけば尊敬されるし(笑)。
そんな訳で、子供のおもちゃも基本的には壊れたら直して使います。
木製のおもちゃの場合は、必要なパーツはホームセンターで木材を買ってきて加工するし、プラ製品の場合はプラパテとか使って直します。

で、昨日帰宅後に僕の目の前に置かれたのが、おもちゃの携帯電話。
ちょっと違うけど、こんなのです(↓)。

B0002YN2JA.09.LZZZZZZZ.jpg



ボタンを押せば光ったりはするのですが、メロディが流れなくなってしまったとの事。
んじゃ、とりあえず見てみようかと、早速分解。
折り畳み式の携帯を模した形でちょっと手間取りましたが、
バラしてみたら原因は一発で分かりました。
ヒンジの部分を通っているスピーカー用の配線がプラス・マイナス共に切断されてました。どうやら電話を開いたり閉じたりしている内に、ヒンジ部分に噛んでしまった様子。
残った配線を繋ごうと思いましたが、元々配線がギリギリの長さ敷かなかった為、
半田ゴテを使って切断された配線を外し、手持ちのケーブル(ちょっと太かったけど)で配線し直しました。で、その配線が再び噛まれないようにヒンジ部分を改造。配線の「逃げ」を作りました。


車いじりからはすっかり遠のいてしまった僕ですが、こんな感じでDIYを楽しんでます。
いやぁ、すっかり「お父さん」ですな。
テーマ:日記 - ジャンル:日記
Diary    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://garage43.blog45.fc2.com/tb.php/67-4a609acf
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。