DiaryBooksCameraCarEventMiniature-carMotor SportsMusicN-gaugeOutdoorInfomation
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.11.24 Tue
三連休、皆さんはどのようにお過ごしでしたでしょうか?

僕は初日に家族サービスでサンリオピューロランドに行っておりました。
残り二日間は、ミニカーのアップと、本日の社内テストの為のお勉強。

そんなこの土日、静岡ではコレクターとして注目の恒例行事、タミヤフェア2009が開催されていました。
このタミヤフェア、毎年エブロがブースを出展している事は、ご存知の通りです。
で、その初日の土曜日の昼頃、コレクター仲間のPochi。さんから、アドエスにメールが入りました。

Pochi。さん:今、会場に向かっているのですが、EBBROの社長を捕まえられたら最近の考証エラーについて詰め寄る予定です。avexと『頭でっかちの山椒魚なNSX-GT』については必ず・・・なんですが、他に何か言っておきたい事などありますか?

おぉ!Pochi。さん、今年も行くのですね?
しかも社長に直談判!?これは是非ガツンと行ってもらわなければ!!

よっきゅん:「セコイ手を使って考証を誤魔化すな」と「hpiを苛めるな。クォリティや対応は明らかにアチラの方が上なんだから、見苦しい事するな」と伝えて下さい。

エブロが版権押さえてhpiを虐めてるってのは、コレクターの間では有名な話です。まぁ、エブロにしてみれば、わざわざライバルメーカーに対して塩を送るような事をする必要は無い訳で、ましてやガチンコで勝負したら負けるのは目に見えてる訳ですから、企業としては当然の行為なんですが、コレクター側からしてみれば、そんなのは知ったこっちゃ無い訳で、より良いモデルが手に入れば良い訳です。そんな訳で、Pochi。さんには無茶なお願いをした訳です。

でもまぁ、それ以上に納得できないのは、最近やたらと頻発する考証エラー。
以前にこのブログにも書いた通り、最近最もガックリきたのは、待ち望んでいたavex NSXのカラーリングがあんまりだった事。NSX-GTの中ではトップ3に入る程好きなカラーリングだった上、今までモデル化されていなかった事から、今回のモデル化に関しては、非常に期待していたのです。ところが、発売されたらあのカラーリング・・・。

最近ではようやくマトモになりましたが、エブロのモデルのカラーリングって、昔から変で、特に初期のモデルでカルソニックブルーの色味がおかしいのは、過去に本家サイトでも書いている通りです。おそらく、実車取材時に撮影した写真(デジカメか銀塩かは分かりませんが・・・)の色の再現度が低いのではないか?というのが、兼ねてからの僕の想像でした。実車のカラーを写真で忠実に再現できていないのではないか?と。
実車を生で見てきた人がカラーリングをチェックしていれば、あんなに実車のカラーとの違いは出ないのではないかと思うんです。
下手すりゃ、実車の撮影は外注で、スタッフは現物を見ていないのではないか?と疑うくらいです。

そんなガックリなエブロのカラーリングについて、そのうちこの場で言及してやろうと思っていたところ、NSX-GT現役最後となった先日のツインリンクもてぎでは、過去のNSX-GTが数台展示しておりまして、avex NSXも展示されていました。

見物人がいなくなるのをとにかくじっくり待って、証拠写真をパシャリ。


09112401.jpg


09112403.jpg


09112402.jpg


では、ここでエブロのモデルと較べてみましょう。


09112301.jpg


一目瞭然です。



それではここで、このカラーリングについての、Pochi。さんとエブロの社長との会話をお楽しみ下さい。


Pochiさん。:avex NSXの塗り分け、おかしくないですか?

EBBRO:保存されてる実車を取材したんですが・・・。

Pochi。さん:ドアノブまで紺色がきてるはずなんですが・・・。

EBBRO:グラデーションが難しかったかもしれないですね・・・。


いやいや、ちょっとあんた、グラデーションの問題じゃないから!!


思えば、エブロのモデルがおかしいのはカラーリングだけじゃなくて、デフォルメも変ですよね。
上でPochi。さんが言ってますし、僕も本家サイトでさんざん言及していますが、近年のNSX-GTのフロントのボッテリ感はもう致命的だし、先日ようやく発売されたマックイーンMR-Sも全長と全幅のバランスがおかしいです。SC430も同様。
実車を単純にスケールダウンする訳ではなく、様々なデフォルメを行う必要があるミニカーでは、当然そのセンスが問われる訳ですが、どうもエブロってその辺が下手な気がします。
極々たまぁ~に、ハッとする良品を発売することがありますが。

ただ、材料費や人件費の高騰でモデルの価格が上がっている中、モデルのデキが悪くなるようじゃあ、コレクターとしては納得できません。
商品に対する問い合わせ窓口を置かないというのも変な話。会社の体質に問題があるような気がします。



エブロさん、御社は車に、そしてミニカーに愛を持って接していますか?



※ 今回のタミヤフェアでのPochi。さんとエブロ側とのやりとりについての詳しい内容は、Pochi。さんのmixiをご覧下さい。
テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク
Miniature-car    Comment(11)  TrackBack(0)   Top↑
longzuo
こんばんは!
サンリオ遊びに行かれたんですね♪ちょっと近所です。

avex NSXは酷いですね。露出オーバー気味で撮影してしまったら確かにグラデーション具合は変わってしまうかもしれませんが、例えそうだとしても、どんだけ素人だよって感じですよね。

雑誌などの木谷さんのコラムはミニカーに愛のあるように感じることを書かれていますが、商売とは別、ということでしょうか。

ちなみに私mixiは見れないのですが、hpiについてのやりとりはどんな具合だったのでしょう?
2009.11.24 Tue 23:50 URL [ Edit ]
Pochi。
>longzuoさん

ご期待のところ大変申し訳ありません
HPIを見習え云々以前の問題で、言う気力も無くなる程酷かったです
職人のプライドが先に立ってしまい、人の話を聞くゆとりと改善意欲は感じられませんでした

ミニカーへの愛というよりも、あるとすれば『偏愛』かもしれません
つまり、マスプロ商品では一番陥る事が危険な『メーカーの独りよがり』な商品開発に見えます

結局は現状でできる事は『我々購入者がどうするか選択する』だけ…です
2009.11.25 Wed 09:59 URL [ Edit ]
よっきゅん
> longzuoさん

こんにちわ。
ホントの職人で、ホントに「愛」があるんだったら、自分が納得できない商品は販売しないと思うんですよね。どうも、会社自体に考証エラーが分かっていても「構わず売っちゃえ」という気質があるような気がします。なんだかガッカリですよねぇ・・・。

僕が最近エブロのモデル(S-GT)に対して、「第○戦仕様」とか考えるのを辞めたのは、どうせ考証エラーで仕様がチャンポンになってるからです。だから、最近は「全体の雰囲気」だけにしか興味がありません。それでも、その「雰囲気」をぶち壊すようなモデルを発売してくれるもんだから、腹立たしくて仕方が無いわけです。
2009.11.25 Wed 13:43 URL [ Edit ]
よっきゅん
> Pochi。さん

タミヤフェア、お疲れ様でした&憎まれ役、申し訳ありませんでした。

後発メーカーが腰を低くして末端の意見を積極的に取り入れ、「少しでも良い製品を」と努力しているように見受けられるのに対し、どうも「殿様商売」な感じが否め
ません。

あちらの対応にはガッカリですが、少しでも我々コレクターの満足度が高いモデルが製品化されることを、願ってやみません。
2009.11.25 Wed 13:54 URL [ Edit ]
longzuo
再び失礼します。

> Pochi。さん
情報ありがとうございます!

> 職人のプライドが先に立ってしまい、人の話を聞くゆとりと改善意欲は感じられませんでした
あ、なんかわかります。その時の雰囲気が伝わってきますね。
最近の製品にも表れているような気がします。「細かいことは気にすんな。出してやってるんだから買え」的な。

> よっきゅんさん
再びこんばんは!

> 最近は「全体の雰囲気」だけにしか興味がありません。
私もなるべく気付いたところはブログで書くようにはしてますが、最近は他のコレクターさん達も諦めムードな感じですよね(汗

我々の意見が聞き入れられないとなると、Pochi。さんの仰るとおり『我々購入者がどうするか選択する』しかないわけですが、エブロからしか発売されないとなると... なんですよね。
2009.11.25 Wed 22:12 URL [ Edit ]
よっきゅん
> longzuoさん

> エブロからしか発売されない

でもほら、LF-Aみたいにミニチャンプス(しかもこっちの方が安い)からも出たりする事あるから、閉鎖的なS-GT以外は結構待っても良いかもしれませんね。
2009.11.26 Thu 17:07 URL [ Edit ]
こんにちは。私は少し前にエブロ童夢S101(2003年#16)を購入しました。同系品のリアカウルが開く事を後から知り、早速開けようとしたのですがビクともしません。本当に開くのか直接エブロに問合わせると「テレビのリモコンの要領で開けて下さい」とのこと。その後トライしても全くダメで、よく見てみるとガッチリ接着されていました。「不良品だ」と思い、再度問い合わせると、「昨日は別のモデルを見てまして…。これは元々固定タイプでした。」とのこと。しかし、どうも最初に巻かれていた保護テープの存在が気になり、某プロショップに尋ねると「可能」とのことで、再度エブロに連絡。やはり「不可」とのことで、ショップに再度連絡すると…。「開けてみようとしたら、メチャクチャ堅くて。で、トライしている時にエブロの社長が固定仕様にすると言ってたのを思い出しました。で、コワす覚悟でやれば一応外せますが、やめた方がいいですよ」とのことでした。その後、そのショップのページを覗いたのですが、#15のリアカウルが少し外れている画像があったのです。これについては即メールを入れ、向こうの対応を待っている状況です。これらの事象についてどう思われたか、もしよろしければ御意見をいただけないでしょうか?。長々とすみませんでした。
2009.12.05 Sat 12:17 URL [ Edit ]
よっきゅん
> ロロさん

こんばんわ。
S101は、'01年の10号車(Den Bla Avis)や9号車(RACING for HOLLAND)がカウル外せるんですよね。
でも、アレも凄く固くて、外す時にある種の「覚悟」が必要です。
うろ覚えですが、その後のS101は、確かカウル固定だったかと思います。
カウル脱着のギミック&エンジンの再現があっても、値段が据え置きってのが好評価のポイントだったんですが、おそらくやってられなくなったという事なんだと思います。

私自身、直接やり取りした事は無いですが、エブロの客相の評判については、以前からあまり良い話を聞きませんね。今回の件だって、エブロ側の話を信じて、もしロロさんが接着されているカウルを無理矢理こじ開けていたら、大変な事になっていた可能性だって高い訳で、そういう意味で、「勘違いでした」で済まされる問題ではなりません。今回は「運が良かった」と思った方が良いと思います。

それにしても、やっぱりエブロは酷いですねぇ・・・。
2009.12.05 Sat 22:05 URL [ Edit ]
こんにちは。早速のお返事ありがとうございました。
S101についてですが、02年モデル#16号車や05年モデルは開くことが判っています。02年と03年モデルなんて外見上リアウイングくらいしか違いは無いんですよ。なのに…。事情的には、03年モデル#9は無限エンジン造形が間に合わなかった → カウル固定で隠すしかない → 同じ03年#15、#16は今まで通り開いて、#9だけ固定というのはヘンだよなぁ → いっそ全品固定で隠しちゃえ といったカンジでしょうか?(笑)。ということは#9は多分JUDDエンジンを積んでいるんでしょうね(笑)。ならズレ防止保護テープなんかわざわざ巻いてんじゃねえよ、ということです。それはともかく隠れている部分ですが、ちゃんと彩色もされているようなので、なんとか外そうといい方法を思案中です。やっぱり隠れているものは見てみたいじゃないですか(笑)?。コンビニ品ならともかく、43スケールのカシメ外しはちょっと勇気が要りますけどね。なにか良いアイデアをいただければ幸いです。
2009.12.06 Sun 12:33 URL [ Edit ]
よっきゅん
'03の9号車は、もともと一般販売用ではなく、アドバンがイベントブースでオリジナル品として限定販売する目的で製造されたという経緯があります。その後エブロが急遽一般販売したんだったかと。
元々がアドバン名義だったので、エンジンを再現する必要がなかったんだと思います。
しかしその9号車は、これまた考証ミスで、「ウィングステーの位置が実車と違う('03年仕様の実車のステーは、ミッション後端に追加されたフレームに取り付けられているのでセンター出しです)」というオチがついてますが・・・(苦笑)。

接着剤で固着されているとなると、隙間に薄い刃物を入れてこじ開けるしか無いのでは?溶剤使って接着剤を溶かしたら、塗装がイッてしまうでしょうし・・・。
でも、前述したように、もともと非常に外し難いカウルなので、僕ならやらないです。
同じの複数台持ってるなら別ですが・・・。
2009.12.06 Sun 18:44 URL [ Edit ]
実は溶剤を使うことを少し考えてました。やっぱり危険ですかね?。デカールまで侵しそうですもんね。ほんとうは力ずくで外す方向でもう少しトライしたかったのですが、あのボディ全面を覆う特殊デカールのせいでコワくてしっかり掴めないのです(ご存知かと思いますが、あの”市松”模様は殆どデカールでの表現。噂で聞き、実物を見てみたかったのが購入動機の一つでもあります)。やっぱり無茶かなという気がしてきました。あ、いろいろお付き合いただきありがとうございました。
2009.12.06 Sun 23:22 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://garage43.blog45.fc2.com/tb.php/712-74a35935
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。