DiaryBooksCameraCarEventMiniature-carMotor SportsMusicN-gaugeOutdoorInfomation
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.04.21 Wed
明日から学会参加。
家出るの、4時半です・・・起きられるだろうか・・・。


突然ですが、パーコレーターという物がありまして。
キャンプなんかでコーヒーを入れる時に使う道具なんですな。
詳しくはこの辺を見て頂けると分かり易いかと思うのですが、
この道具、コーヒー入れるのがホントに難しいんです。

1. 煮沸された湯が上に上がる

2. 上に上がった湯が粗挽きの豆を通過して下に落ちる

3. 再び煮沸されて上に上がる


を繰り返して、段々濃いコーヒーが出来上がっていくのですが、
豆を細かく惹いてしまうと、ドリップした時に豆が一緒に落ちてしまうので、基本的に豆は粗挽き。
でも、粗挽きだとなかなか抽出されないので、時間をかけて何度も循環させなきゃいけない。
何度も循環させるって事は、長時間沸騰させ続けるという事なので、結果コーヒーが煮詰まります。
味も香りも飛び易く、濁りもあって、なかなか使いこなすのが難しいアイテムです。

結局、我が家では本来は使わないフィルターを噛まして、比較的細かく惹いた豆を使う事で、
なんとか飲めるコーヒーを作っていた訳なんですが、
紅茶党の僕はともかく、コーヒー党のかみさんにはどうにも我慢できなかったようで、
キャンプ時の「要改善」事項の1つでした。

で、今シーズン、コールマンからこんなアイテムが発売されまして。
早速、GWのキャンプに向けてアウトドアショップで買ってきました。
ところが、買った後に気がついたのですが、これだと一杯一杯入れなきゃいけない上、
どうも使った方の評価では穴が大き過ぎる為に、ドリップの時間が短く、
一度落としたコーヒーを再び落とし直したりする必要がある様子。
これじゃあ、意味ないなぁ・・・と、返品決定。

で、何か良いもんは無いかと、物色した結果辿り着いたのが、
カリタのニューカントリー102
使い方ははこの辺が詳しいのかな?

ネットでポチッとしたのが本日届きまして、
早速使ってみたのですが、良いですな、コレ。
お湯を一気に注いでも全く問題なく、ゆっくり時間をかけてドリップしてくれます。
そんななので、当然味の方も問題なし。
一度に3~4人分入れられるし、ステンレス製なので、残ったコーヒーを後ほど火にかける事も可能だし(取説にはガス台とかに載せちゃダメって書いてあります。多分オールステンレス製で、取っ手が熱くなるのが問題かと。あくまでも自己責任で)。
流石、コーヒー機器メーカーのアイテムだけあります。
良い買い物をしました。GWが楽しみです。



そうそう、本日はコレも手元に届きました。

10042101.jpg

例によって2冊購入。
読書用と保存用。
だって、何度も読んでるとページが取れちゃうんだもん。
テーマ:日記 - ジャンル:日記
Outdoor    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://garage43.blog45.fc2.com/tb.php/736-c7e9bd83
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。