DiaryBooksCameraCarEventMiniature-carMotor SportsMusicN-gaugeOutdoorInfomation
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.06.02 Wed
先週の土曜日、家族で鉄道博物館に行ってきまして。
個人的には、やたらとキレイに保存する事にご執心で、子供達が自由に触って遊べる感じではなくて、ちょっとガッカリでした。アレなら碓氷峠の鉄道文化むらの方がずっと楽しかったなぁ・・・と。
まぁ、子供達はミニチュアの電車を運転して満足してたみたいですが。


さて、その鉄道博物館に来た記念に、長男に好きなものを買わせてやろうと思い、館内のショップをウロついてたら、何だかとっても怪しいモノを発見。
その名も、「ミスターモーターマン 運転じょうず エコ

株式会社ブレイブという所の商品で、ハコには「電動電車がリモコン運転できる!!」と記載されています。
この「電動電車」、明らかにプラレールの事を指しているんでしょうが、如何せんメーカーがタカラトミーではないので、その商品名は使えません。
ハコの裏に記載されている説明書を読むと、「電動電車」本体の単2電池と、パッケージ内に入っている「m2エンジン」というものを交換すると、「電動電車」をリモコンで運転できるようになるというもの。
ショップにあったのは、「運転上手」という後発の簡易版で、リモコン自体はワンハンドルでしたが、気になったのでその場でアドエスで調べてみると、上位機種(?)の「ミスターモーターマン エコ」というのが存在し、それだとN、P1、P2、P3のマスコンと、2段階のブレーキレバーという仕様になっています。
発売当初は単5電池仕様で寿命が短かったものの、単4の「エコ」となって、電池寿命も延びた様子。
どちらも、ブレーキを解除すると解除音がなる他、警笛、発車ベル、駅到着メロディがなる上、バック走行も可能という優れもの。値段は3,000円とお手頃。「m2エンジン」を単品で追加購入すれば、1台のリモコンで最大4台までの切り替え運転が可能なんですが、今ならその「m2エンジン」がもう1つおまけに付いてるという、超お買い得状態。

という訳で、博物館を出た後、店頭には無かった上位機種の方の「ミスターモーターマン エコ」を探してオモチャ屋をハシゴしたんですが、売ってない・・・。
これまでにもオモチャ屋にはよく行ってますが、見た事無かったですもん、こんなアイテム。
そんな訳で、店頭購入はさっさと諦め、メーカーのサイトから購入。送料、代引き手数料無料で、本日受け取りました。

早速遊びましたが、面白いねぇ、コレ。
速度がノッてきたらマスコンをNにすると、ちゃんと惰性で走ります。つまり、そのままにしてるとちゃんと徐々にスピードが落ちてきます。ブレーキを最大にしても、実際に停車するまでにタイムラグがあったりして、単純に電源のオンオフではなく、きちんとプログラムにより電圧をコントロールしてるのが分かり、メーカーの拘りを感じます。
m2エンジンが2個付いてるのと、バックができるお陰で、引き込み線や待避線を作っておけば2編成をコントロールして遊ぶことができます。

どうやらプラレール好きの人には有名なアイテムだったようなので、いまさら感があるかもしれませんが、
コイツは超お勧めアイテムですよ!!
テーマ:日記 - ジャンル:日記
Diary    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://garage43.blog45.fc2.com/tb.php/748-acc84776
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。