DiaryBooksCameraCarEventMiniature-carMotor SportsMusicN-gaugeOutdoorInfomation
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.07.10 Sat
「やっつけ仕事」という訳ではないですが、
シロウトが勢いに任せて書いた文章ってのがマトモな訳は無く、
誌面に掲載されるレイアウトが施された校正用のPDFファイルが週頭に編集社から送られてきたんですが、
何ともまぁ、読み難くて読み難くて・・・(苦笑)。
結局、大迷惑だとは分かりつつも、どうしても我慢できなくて原稿を大幅修正。
もともと書き上がった後、1~2度読み返して簡単な修正をしただけで提出しちゃったもんだから・・・。
シロウトなんだからやっぱりある程度時間をかけないとダメですね。
特に、書き上がった後は一定期間寝かせておいて、後日改めてチェックするというのが一番効果的なようなきがします。本家サイトのウンチクも、たまに過去のモノを読み返して、気に入らない部分があったりするとこっそり訂正したりしています(爆)。
何はともあれ、コチラの校正は終了して、週半ばには先方に送ってるので、現在再校正待ち。
編集さん、すみません。


話変わって、
現在、コレを読んでます。

セナvsプロスト

10071001.jpg


現在ではF1を全く見ない僕ですが、この頃まではねぇ、よく見てたのよ。
セナがウィリアムズに行った頃は既にほとんど観ていなかったんですが。
セナが「音速の貴公子」ともてはやされて、それまで全くモータースポーツに興味の無かったその辺歩いてる女までが「セナ、セナ」と騒ぎ出し、「セナ、カッコイイ~!」とか言ってるのを見て、当時何だか凄くバカらしくなり、徐々に観なくなって行ったのを覚えています。だって僕、マンセル好きでしたし(笑)。

その後はF1の政治的な側面に嫌気がさし、タバコ広告規制が厳しくなっていく中、マイルドセブンがベネトンのスポンサーになって、日本企業のバカさ加減にウンザリし、折角のベネトンカラーを台無しにしてさらにゲンナリし、溝付きタイヤの採用に愕然とし、マシンはどんどんナローになってカッコ悪く・・・。と、まぁ、色々あって観なくなった訳です。

今でも、セナの容姿がカッコイイとはとても思えず、「ローワン・アトキンソン(Mr. ビーン)じゃん!」とか思ってしまう僕は不届きものですか?


閑話休題
この本の原書は、2009年に英米で刊行された『Senna Versus Prost』で、それの日本語版。
先月末位に発売になりましたっけ?AUTOSPORT webとかで宣伝してたから、知ってる人も多い事でしょう。
この本のポイントは、セナのライバルであったプロストが、この本の出版の為に、セナとの関係に付いて多くを語ったというところでしょう。決して「セナ・マンセー」でも「プロスト・マンセー」でもない、非常にバランスの取れた著書ですし、古き(じゃないか?)良き時代のF1を取り巻く環境やら背景なんかも書かれていて、読み始めたら止まりませんよ。



さて、今日はもう1つ紹介。
こちらはDVD。

1983-88 WEC JAPAN / 富士1000キロ
Group C - 富士スピードウェイ最速伝説


10071002.jpg


タイトルの通り、'83年~'88年のWEC JAPANを収録したDVD4枚組で、約10,000円。
単品でも販売されているようですが、'83~'85は1枚、後は1枚/年です。
昨日発売されたので、ネットでポチッとしようと思ったんですが、
その前にと、ユーロピクチャーズのサイトを見たら、こんなのも出るんですね。


GroupC Cカーの時代 / 最速のスポーツカーレーシング <1983-1989 世界選手権総集編>


10071003.jpg


こちらは、ちょうど昨日発売が決まった商品。
発売日は決まってませんが、値段がWEC JAPANの倍です。
流石に2種類は買えませんので・・・




後者だけにしておきます。

テーマ:日記 - ジャンル:日記
Books    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://garage43.blog45.fc2.com/tb.php/759-653f1e69
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。