DiaryBooksCameraCarEventMiniature-carMotor SportsMusicN-gaugeOutdoorInfomation
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.06.13 Mon
皆さん、こんばんは。
電脳変態ピカレンジャーの「白き流氷」こと、ピカ・バンキーズです(笑)。

基本的に「取扱説明書」が大好きな僕。
電化製品も、購入後はじっくりと取説を熟読するのが大好きで、取説を読んでからでないと、まず使用しません。
ピカソに関しては、購入を決めた1年以上前から取説のPDFをダウンロードして、
そりゃあもう、穴が空く程読みまくっていました。

とは言え、電脳ロボのピカソさん、
取説を読んだだけでその全ての機能を使いこなせる訳はありません。
当然、購入後は車検証入れに入ってる取説を引っ張り出して、何度も何度も読み返しております。

そんなある日、ふと、ダウンロードしたPDFファイル(2007年9月ver.)と、手元の取説(2011年2月ver.)で、表記の異なる部分を発見しました。
それは、エアコンに関する記述。

2007年9月ver.では、温度設定については「設定温度は、お好みに合わせて14~ 28℃の範囲で選択可能です。」という表記の他、アドバイスと称して「設定温度と実際の車内温度には、誤差が生じることがあります。」という表記がある以外、特に変わった記述はなく、まぁ、当たり前の事が書かれているだけなんですが、2011年2月ver.では、

「この値は室内温度ではなく、快適さのレベルを表しています。21に設定しておくと、快適な室内となりますが、お好みにより14~28の間を設定して下さい」


という表記が・・・。

11061301.jpg




え、アレって温度じゃないの!?



確かに、エアコンのコントロールパネルの表示には、どこにも「℃」とは表示されていません。

こりゃあ、アレかい?
「エアコン効かねーじゃねーか!!」というユーザーのクレームに対する言い訳の為の布石かい?
「お客様、あの数字は温度ではありません。快適さのレベルです。」ってな感じ(笑)。

ピカソのエアコンは、デンソー製。
おそらくピカソが作られているのと同じ、ヴィーゴにある工場で作られているものと思われます。
まぁ、僕のエクスクルーシヴのバッヂも片側が無かった事だし、ラテンな方達の仕事っぷりを100%信用する事はできないでしょうが、それでも設計に関しては問題ないと思いたい。
実際ピカソのエアコン、良く効くし。

そんな中、何故こんな表記になってるんでしょう!?
しかも、わざわざ追記してるし・・・。

流石、電脳変態。謎は深まるばかりです。
これから暑い夏が始まります。
みなさん、気をつけましょう!!


アレは快適さのレベルです(笑)!!
テーマ:日記 - ジャンル:日記
Car    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://garage43.blog45.fc2.com/tb.php/803-dc275a7e
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。