DiaryBooksCameraCarEventMiniature-carMotor SportsMusicN-gaugeOutdoorInfomation
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.08.14 Sun
多くの方は今頃夏休みなのでしょうか?

私の会社は、いわゆる「会社の盆休み」というのが存在せず、「自分で好きな時に好きなだけ夏休みを入れなさい」という考え。しかも、有給休暇を積極的に取る事を推奨している部署にいる為、気兼ねなく休みを取る事ができる(そうは言っても忙しくて休む暇ない)んですが、私の夏休みは22日からです。
毎年、一般的な盆休みとはずらして取る事にしているのですが、7月に土日も結構働いた関係で、15日と19日にも振り休を貰う予定です。という訳で、今日はは3連休の中日。

休みと言えば、今日は色々と出かけた時の駐車の話。

ピカソになる前から、我が家では車で出かけた時の駐車に関していくつかの拘りがあります。

例えば、

1. 立体駐車場では、低階層に停めるのではなく、迷わず上の方に停める。

これは、混雑している低い階でウロウロと走り回って駐車スペースを探すよりも、さっさと高い所に行って、空いてるスペースに停めるという事。どうせ買い物した商品の搬出にはエレベーターを使うんですから、低い所に停める意味ってあんまりありません。そてともう1つ理由がありますが、これは後述します。


2. 多少エレベーターから遠くても、左右に車が無い所を探す。もし無ければ、軽自動車やスライドドアがあるミニバンの隣に停める。

前車の頃からそうなのですが、横幅の広いピカソになってからはより拘るようになりました。
「エレベーターやエスカレーターに近い」「店舗入り口に近い」というのは、逆に言うと「みんなが停めたがるスペース」と言えます。つまり、車の出入りが激しいスペースと言えるので、駐車時の接触、ドア開閉時の接触等、有り難くない事故が起きる可能性が高くなります。前述1も、これと同様の意図があります。基本的に上の階の方が空いてるので。
空いてる所が無い場合には、軽自動車やスライドドアの車の横に停めますが、これは車幅の短い軽自動車やスライドドアの車の方が、ドア開閉時にこちらの車に接触されるリスクが少なくなるから。もしこの手の車の隣が空いてなかった場合には、チューニングカーやドレスアップカーの隣に停めます。こういう車のオーナーの方は、「自分の車を傷つけたくない」という思いが強いので、注意してドアを開閉してくれる事が多いです。
一番怖いのは、中高年の乗ってそうなちょっと古めのミドルクラスの車。オバチャンとか乗ってると、全然気にせずにガツンとやってくれますので、かならず避けるようにしています。


3. ドアの開閉は親がやる

最も強い拘りがコレ。我が家では後部座席に子供2人が乗ってますが、自車の隣に何も無い場合は除いて、後部座席のドアは必ず親が開閉します。その際、隣の車とドアの間に必ず自分が入るようにし、隣の車には決してぶつけないように心掛けています。子供が生まれてから長年こうしていますので、すっかり習慣になっており、子供達も親が「開けても良い」と言わない限り、ドアは自分たちでは決して開けません。
だから我が家ではスライドドアは不要だし、ドアモールなんて無粋なものをつける必要もありません。
世の中の親御さんは「スライドドアは子供が隣の車を気にせずに開けられるから便利」と言いますが、ハッキリ言ってアレは自分の怠慢を自慢してるだけにしか思えません。ドアの開閉くらい、自分で面倒見なさいよ。
元走り屋的視点で言うと、スライドドアは剛性落ちるし、(電動だと)重くなるし、床(少なくとも敷居部分が)が高くなるので、全然良いと思いません。一時期かみさんがスライドドアの車を欲しがってましたが、電動スライドドアについて、「急いでる時にチンタラ開閉するのがイライラする」という友人の意見を聴いて以来、ピタッと欲しがらなくなりました。


世の中の人がせめて3だけでも拘ってくれれば、少しはコチラの気が休まるのですが、
まぁ、そういう訳にもいかないですよね。
テーマ:日記 - ジャンル:日記
Car    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://garage43.blog45.fc2.com/tb.php/817-c8cb47de
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。