DiaryBooksCameraCarEventMiniature-carMotor SportsMusicN-gaugeOutdoorInfomation
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.08.14 Sun
多くの方は今頃夏休みなのでしょうか?

私の会社は、いわゆる「会社の盆休み」というのが存在せず、「自分で好きな時に好きなだけ夏休みを入れなさい」という考え。しかも、有給休暇を積極的に取る事を推奨している部署にいる為、気兼ねなく休みを取る事ができる(そうは言っても忙しくて休む暇ない)んですが、私の夏休みは22日からです。
毎年、一般的な盆休みとはずらして取る事にしているのですが、7月に土日も結構働いた関係で、15日と19日にも振り休を貰う予定です。という訳で、今日はは3連休の中日。

休みと言えば、今日は色々と出かけた時の駐車の話。

ピカソになる前から、我が家では車で出かけた時の駐車に関していくつかの拘りがあります。

例えば、

1. 立体駐車場では、低階層に停めるのではなく、迷わず上の方に停める。

これは、混雑している低い階でウロウロと走り回って駐車スペースを探すよりも、さっさと高い所に行って、空いてるスペースに停めるという事。どうせ買い物した商品の搬出にはエレベーターを使うんですから、低い所に停める意味ってあんまりありません。そてともう1つ理由がありますが、これは後述します。


2. 多少エレベーターから遠くても、左右に車が無い所を探す。もし無ければ、軽自動車やスライドドアがあるミニバンの隣に停める。

前車の頃からそうなのですが、横幅の広いピカソになってからはより拘るようになりました。
「エレベーターやエスカレーターに近い」「店舗入り口に近い」というのは、逆に言うと「みんなが停めたがるスペース」と言えます。つまり、車の出入りが激しいスペースと言えるので、駐車時の接触、ドア開閉時の接触等、有り難くない事故が起きる可能性が高くなります。前述1も、これと同様の意図があります。基本的に上の階の方が空いてるので。
空いてる所が無い場合には、軽自動車やスライドドアの車の横に停めますが、これは車幅の短い軽自動車やスライドドアの車の方が、ドア開閉時にこちらの車に接触されるリスクが少なくなるから。もしこの手の車の隣が空いてなかった場合には、チューニングカーやドレスアップカーの隣に停めます。こういう車のオーナーの方は、「自分の車を傷つけたくない」という思いが強いので、注意してドアを開閉してくれる事が多いです。
一番怖いのは、中高年の乗ってそうなちょっと古めのミドルクラスの車。オバチャンとか乗ってると、全然気にせずにガツンとやってくれますので、かならず避けるようにしています。


3. ドアの開閉は親がやる

最も強い拘りがコレ。我が家では後部座席に子供2人が乗ってますが、自車の隣に何も無い場合は除いて、後部座席のドアは必ず親が開閉します。その際、隣の車とドアの間に必ず自分が入るようにし、隣の車には決してぶつけないように心掛けています。子供が生まれてから長年こうしていますので、すっかり習慣になっており、子供達も親が「開けても良い」と言わない限り、ドアは自分たちでは決して開けません。
だから我が家ではスライドドアは不要だし、ドアモールなんて無粋なものをつける必要もありません。
世の中の親御さんは「スライドドアは子供が隣の車を気にせずに開けられるから便利」と言いますが、ハッキリ言ってアレは自分の怠慢を自慢してるだけにしか思えません。ドアの開閉くらい、自分で面倒見なさいよ。
元走り屋的視点で言うと、スライドドアは剛性落ちるし、(電動だと)重くなるし、床(少なくとも敷居部分が)が高くなるので、全然良いと思いません。一時期かみさんがスライドドアの車を欲しがってましたが、電動スライドドアについて、「急いでる時にチンタラ開閉するのがイライラする」という友人の意見を聴いて以来、ピタッと欲しがらなくなりました。


世の中の人がせめて3だけでも拘ってくれれば、少しはコチラの気が休まるのですが、
まぁ、そういう訳にもいかないですよね。
テーマ:日記 - ジャンル:日記
Car    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2011.07.22 Fri
6/4の納車後、我が家のピカソもようやく1,200km程走りました。
その間、だいぶEGSの方も熟れてきて、シグナルスタート後もほとんど違和感無く走るようになりました。
Aモードにしろ、Mモードにしろ、「変速にかかる時間が長い」と言われる事の多いEGSですが、僕は特にそうは思いません。
サーキットでタイムアタックしてるならともかく、MT車で丁寧に走っていれば、アレ位の変速時間は当たり前だと思いますし。
EGSは減速時に自動的に下のギアに変速されますが、特に赤信号で停まろうとしている時に減速チェンジされると、どうしても空走感があり、一瞬ブレーキが効いてない気がする事がありますが、それもまぁ、許容範囲でしょう。
今まで乗っていた車がCVTですし、仕事で使ってるプリウスもそうなので、「エンジンの回転数上昇が速度の上昇に繋がらず、エンジンだけ唸ってる」というのに辟易してた僕にとっては、EGSとは言え、エンジン出力がしっかりとギアに乗って駆動として伝わるというのは、何とも言い難い幸せだったりします。
MT車に乗るのに超した事はありませんけど。
VWに代表されるDSGと較べれば、技術的には稚拙ですが、だからこそMTに近いのではないか?と思ったりもします。機械として優れているのはDSGでしょうが、EGSの方がより「人に近い」のかな?と。

僕が住む地域は渋滞のメッカで、これなら都内の方がよっぽど道路は空いてると思うくらい。
都内からコチラに遊びにきた人は大抵、「酷い渋滞だ」と言います。
そんな所で、平日は日常の足としてかみさんがチョロチョロ走ってる事が多いので、燃費は一向に良くなるハズも無く、エアコン常時ONだと、7km/L程。
ですが、基本的に金銭面を理由に燃費を気にした事は無いですし、環境面でも気にしません。
「車は10円玉を落としながら走るもんだ。それが嫌なら車に乗るな」とは、僕が免許を取った時に父が言ったセリフですが、僕自身そう思いますので、車に乗る以上、金銭的な理由で燃費は気にしません。
「エコブーム」とか言いますが、ほとんどの人は「エコロジー」ではなく、「エコノミー」しか気にしてない気がします。いわゆるエコカーに乗って、駐車場で長時間アイドリングしてたり、走行中にタバコやゴミを捨てるようなヤツのなんと多い事か。
仕事柄、駐車場に車を停めて車中でノートPC使って仕事する事が多いですが、僕はどんなに暑くても(例え乗ってるのがプリウスでも)アイドリングでエアコンONな状態で仕事する事はありません。窓全開です。暑いけど。
「エコ」って、燃費の事を指す言葉じゃないんですよ。どうも勘違いしてる人が多い気がします。
「燃費」の為につまらない車に乗って「自分のエコさ加減」を自慢する位なら、多少燃費が悪かろうが好きな車に乗っていたいです。その代わり、燃費以外の所で一生懸命「エコ」しますから。
僕にとって車というのはそういうモノ。


閑話休題
ピカソのハンドリングについて。
思ってた以上にオンザレールですね。
車速を感じさせない静粛性と高いドラポジもあって、気がつくと制限速度オーバーでひょいひょい走ってます。
ただ、ワインディング、特に下り坂時は時々ドキッとすることがあります。
意外と素直なハンドリングなので、イケちゃう気がするんですよね。
でも、重たい車重のFFなので、しっかりブレーキ踏んでスピード殺さないと、
下りコーナーだとプッシングアンダー出しちゃいます。
慌ててステアリング切り増しますが(苦笑)。
ピカソは2011年2月のマイチェンでエンジンが軽量化されたりしたので、車重は1,600kgになりましたが、車検証によると、前後軸荷重はそれぞれ前920kg、後680kg。
前後重量配分を計算すると、前:後=57.5:42.5と、かなりフロントヘビーです。
例えば同じモノフォルムボディで比較的似たデザインのエスティマだと、グレードにもよりますが車重1,870kgで前後軸荷重はそれぞれ1,000kgと870kg。重量配分は53.5:46.5になります。まぁ、全長がピカソよりずっと後ろに長いので、後ろに荷重がかかり易いというのはありますが。
ボンネットをアルミ製にしたり、フェンダーパネルを樹脂製にしたり、またフロントアンダーカバーなんて無いようなもんですからね。一生懸命軽量化してますが、それでもこの前後重量配分になってしまうのは、テンロクでエンジンが比較的小さいものの、ターボの補機類もありますし、なにより最大の特徴である巨大なフロントウィンドウが重量増の理由であるのは明らか。
まぁ、フロントヘビーだとフロントの荷重がかけ易いので、ブレーキングで荷重をフロントにかけるのは楽ですから、コーナーで前輪に仕事をしてもらい易いというのはあるでしょう。ピカソが比較的オンザレールなのにはその辺も理由としてあるかもしれません。もちろんサスのセッティングもありますが、その辺は取り敢えず置いといて。
フロントヘビーな原因がフロントウインドウにあるというなら、マスの集中化という点からは、そんなに悪くないと言えるかもしれません。昔のアウディクワトロみたいにフロントオーバーハングにエンジンがあるような極端なものでもないですから。もちろん、重量物が上過ぎるとは思いますが。
でも、そもそもそんなに運動性能を追求した車ではないですし、なによりあの巨大なフロントウインドウから得られる気持ち的な開放感は計り知れないものがあるでしょう。
ピカソのオーナーの方々は、その辺を理由(の1つとして)にピカソを選ばれたのでしょうし、もちろん僕もその内の1人。
結局何が言いたいのかというと、

のんびりと、時に楽しく

そんな運転の仕方が似合ってるんだろうな、ピカソには。
家族を乗せてピカソを運転しながら、最近そんな事を考えております。
そろそろピカソオーナーになれたかな。
テーマ:日記 - ジャンル:日記
Car    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2011.07.10 Sun
我が家のピカソにはナビがありません。
これはピカソに限った事ではなく、過去に所有した全ての車にナビが付いてません。
理由は簡単。いらないから。
最近じゃあスマホとかでナビも使えますから、いざとなったらそれを使えば良いというのもありますが、
それ以前にナビのあの小さな画面を見るのが嫌い。

一方、地図を見るのは大好きで、車の中には必ず地図が入っています。
知らない土地で渋滞に遭い、抜け道を探す時、つまり抜けた先で何処で合流するのかを考える時なんかは、やっぱり見開きA3位のサイズの地図がないと、ちと辛いです。ナビの小さな画面を何度もスクロールさせるのは、個人的に凄くフラストレーションが溜まります。

会社から支給されているプリウスにはナビが付いてますが、
最初こそ興味本位で使ってみたものの、結局自分の知ってる道の方が早いので、
すぐに使わなくなってしまいました。

そんな訳で、僕は地図派。

で、ピカソにも地図を入れたかったんですが、
運転席や助手席のシート後ろのポケットに入れてると、後部座席に座る子供達に蹴っ飛ばされて、
地図がどんどんボロボロになっていく(苦笑)ので、どうも宜しくない。

そこで、諸先輩の整備手帳を参考にして、助手席シート下に収納を設ける事に。
皆さんはどうやら取扱説明書を入れてるみたいですが、
我が家の場合、車検証入れ一式はきちんとグローブボックスに入るので、
A4サイズの引き出しをつけて、そこに地図だけ入れれば良いやという事に。

みなさんどうやら色々加工して取り付けていらっしゃるようですが、
なるべく楽をしたいので、無加工でどうにかならないものかと考える事数日間。
で、本日取り付けてみました。

詳しくはみんカラの整備手帳をご覧下さい。
テーマ:日記 - ジャンル:日記
Car    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2011.06.30 Thu
納車時にディーラーに取り付けて貰ったレーダー探知機。
最近主流の派手なディスプレイは不要って事で、ルームミラー裏に取り付ける、ユピテルのMF50siという機種を取り付けました(みんカラの整備手帳参照)。

ピカソに取り付けるに当たって最も気になるのは、チャイルドウォッチミラー近辺を除き、電波を遮断するフロントウィンドウが、レーダー探知機のGPSなり、カーロケ無線なりをきちんと受信できるかどうか?という所です。

取り付け前にディーラーでGPSはきちんと測位する事は確認して頂いたので、「ま、最悪GPSだけでも測位できれば十分」と思い、取り付けに踏み切りました。

ここまでは整備手帳に書いた通り。
以下、納車後の話になります。

実際、GPSに関しては全く問題なく測位しているので、オービスの位置は問題なく設置位置を知らせてくれます。
ところが、ふと気がつきました。
あれ?やっぱりカーロケ(407.725MHz)は拾ってないかな?
街中でK察車輛とすれ違っても、ウンともスンとも言いません。
やっぱりこのフロントウィンドウだとダメなのかな?と思い、まぁ、もともと期待してなかったから・・・と、自分を納得させていたんです(笑)が、先日都内を走ってたら、バンバン受信しました。
結局の所、どうやら我が家の近くではカーロケが新システムに移行しているらしく、それで受信できていないだけだったと判明。

という訳で、YUPITERU MF50si、問題なく使えております!

って喜んでたら、
まだ407帯使ってる所って、数えるくらいしか無いんだね(苦笑)。
2011.06.23 Thu
仕事のストレスを解消する為、24日の夜からキャンプに行く事に。
天気は良くないんですが、それでも家で燻ってるよりは、
自然の中でぼぉ~っとしてる方が遥かに良いです。

そんな訳で、準備を進めてる訳ですが、
遂に納車時にオプションとして購入したルーフキャリアの取り付けをする事に。
まぁ、実際に取り付けるのは明日にするとして、どんなもんかとハコから取り出してみました。
ディーラーで話に聞いてはいましたが、取扱説明書には文章が一切無く、
全て絵でのみ取り付け方法を解説しています。
まぁ、言いたい事は分かるし、そんなに苦労はしないんですけど、せめてフランス語、英語、ドイツ語くらいはあった方が良いんではないか?とか、余計なお世話でしょうか!?

で、取り付けの前段階として、「付属の透明なゴム板(16mm × 90mm)9枚を、レールの裏側に等間隔に貼りなさい」という指示が。
その下には、レールの断面図とその上下を通過する風の流れ、そして「耳」に斜線。
「これを貼付ける事によって、レールが風を切る音を消すことができます」と言いたいのかな?

p1.jpg



あぁ、なるほど、コレって、ボルテックスジェネレーターの替わりのつもりなんですね。

ボルテックスジェネレーターと言えば、普通はもっと細かい突起を想像しますが、
果たしてこんなに大雑把なもので、どれだけ効果が期待できるんでしょうか?

でも、前車に付けてたレールは、そりゃあもう、凄い風切り音を出してましたから、
それが少しでも軽減すれば良いなぁと。
もしコレであんまり効果が無いようなら、もっと細かい突起を自作するってのも手ですね(魔笑)。
テーマ:日記 - ジャンル:日記
Car    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。